小田原市

市内で栽培されている柑橘類について

小田原では、太陽の恵みと栽培農家の愛情がつまった柑橘類が豊富に作られています。

ここでは、市内で栽培される主な柑橘類をご紹介いたします。

みかんの花

みかんの花

甘夏

甘夏

ネーブルオレンジ

ネーブルオレンジ


温州みかん

温州みかん

湘南ゴールド

湘南ゴールド

片浦レモン

片浦レモン


栽培されている主な柑橘類の種類について
品種 ひとくちメモ 収穫期
(月)
食べ頃
(月)
湘南ゴールド 「幸せを呼ぶ新感覚オレンジ」として、ゴールデンオレンジに今村温州を交配して、県が開発した新品種。色は鮮やかな黄色がで、上品な甘さと華やかな香りが特徴。 3 3~5
ハウスみかん 宮川早生という早生品種が主に栽培されている。温室内で水分管理ができることからとても甘く、柑橘類がなくなる夏に味わえる。 7~9 7~9
極早生みかん
早生みかん
完熟させると一層香りが良くなり、みかん狩りに多く利用される。 10~11 10~12
大津みかん 甘みと酸っぱさのバランスがよく、小田原みかんのエース。 12 12~3
青島みかん 大津みかんと同様、甘みと酸っぱさのバランスがよく風味が濃厚。貯蔵性に優れていることから、大津みかんの後に出回る。 1 1~2
ポンカン 果肉は柔らかく甘みに富み、酸っぱさが少ないところが人気。 12 12~5
ネーブル 酸っぱさが控えめで口当たりが良いため、人気があります。へその部分が特徴です。 1 1~3
清見 樹で越冬・完熟を待って収穫される。早生みかんとネーブルの特徴がミックスされた独特の甘さと香りがあり、豊富な果汁を持っていることから、根強い人気がある。 3 3~5
ゴールデン
オレンジ
果実は小粒ですが鮮やかな黄色で、他の果実にはない香りと食感が楽しめるため、直売所で人気を得ている。 3 3~5
セミノール 濃いオレンジ色が鮮やかで甘みと酸っぱさのバランスがよく、果肉が柔らかい。 4 4~5
甘夏 果肉は厚く、酸が早い時期から減り、さわやかな風味が喜ばれている。 4 4~5
ニューサマー
オレンジ
さわやかな香りがとてもよく、果汁が多くてジューシー。 5 5~6
バレンシア
オレンジ
果肉がビッシリとつまり、とても甘くい品種です。他の柑橘の少ない時期に収穫されます。 6 6~7
レモン 片浦レモンは、減農薬で栽培されていることから、安心・安全なレモンとして喜ばれています。 12 12~5

最終更新日:2012年08月10日

このエントリーをはてなブックマークに追加 twitterで共有

この情報に関するお問い合わせ先

経済部:農政課

電話番号:0465-33-1491


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.