小田原市の地域循環共生圏の実現に向けて ~第一弾~

エネルギーの地産地消×資金の循環

 「森里川海」が連なっている自然環境は小田原市の貴重な地域資源です。本市が目指す「地域循環共生圏」は、自然環境の課題解決に関わる”人”や”資金”が循環することで、保全・活用を活発にして、自然環境を次世代へ引き継いでいくことのできる社会です。

若手職員による検討を重ねて

 平成29年、小田原市の若手職員により森里川海の保全・活用のための資金循環を考えるプロジェクトチームが発足。市民・活動団体へのインタビューや市民ミーティングでのアイデア収集等をして、課題解決の方法を検討してきました。
 その中で、温室効果ガスを排出せず、地球温暖化防止にも寄与する「再生可能エネルギー」に着眼。地域内で創られる再生可能エネルギーを、地域の皆さんが購入することで、資金を地域内で循環させ、その一部を自然環境の保全・活用や地域課題の解決に活用する仕組みについて、考えてきました。

森里川海の保全・活用への共感を広げるには

 プロジェクトの中で検討を進める中で、森里川海の恵みや大切さは、生活の中にある身近なことや体験を通じて、意識されるのではないかということが見えてきました。地場産品の購入や楽しい自然体験、子どものときの地域との関わりがきっかけとなり、森里川海の保全・活用などへの共感が広がっていくのではないかと考えました。
プロジェクトチーム検討

地域のエネルギーで、地域を元気に

 地域で創られる再生可能エネルギーを提供し、”電力の地産地消”をコンセプトとする湘南電力株式会社の電力プランに、3月1日から「小田原市応援プラン(お結びころりんコース)」が加わります。
 契約者の電気料金の1%を地域貢献活動に充てている湘南電力。今回のプランでは、上府中地区で地域の居場所づくりの活動をする「お結びころりん」に充てます。
 このプランに家庭の電力購入先を切り替えることで、エネルギーの地産地消と地域内の資金循環の二つが可能になります。自然環境の保全・活用などへの共感を広げていくきっかけとして、庁内プロジェクトチームと湘南電力株式会社との協働によりこのプランは生まれました。
 今後もこのプランをモデルとして、私たちの生活の基盤となる森里川海の保全・活用につながる資金循環の輪を広げていきます。

応援プランの仕組み

応援プランイメージ

みんなの居場所「お結びころりん」

 安心して過ごせる遊び場が減り、一人で過ごす子どもが増えている中、気軽に立ち寄れる「ホッとできる場所」を作っています、地元の米などを使った食事を提供するなどして、子どもだけでなく地域の人が集まり、交流し、一人一人が主役になれる居場所づくりに取り組みます。

地域循環共生圏とは

「地域循環共生圏」とは、各地域がそれぞれの地域資源を最大限活用しながら自立・分散型の社会を形成しつつ、地域の特性に応じて資源を補完し支え合うことにより、地域の活力が最大限に発揮されることを目指す考え方。
「地域循環共生圏」の創造により、持続可能な循環共生型の社会を構築していきます。

最終更新日:2020年05月12日


この情報に関するお問い合わせ先

環境部:環境政策課

電話番号:0465-33-1471


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) Odawara City, All Rights Reserved.