小田原市

【平成27年度】第3回生(いき)ごみ地域サロンを開催しました

平成28年2月9日(火)から3月3日(木)までの期間に、市内8か所で生(いき)ごみ地域サロンが開催されました。

サロンは、各会場で地域の生(いき)ごみサポーターが中心となって、企画・運営しています。

堆肥化のコツ、匂いと虫対策、できた堆肥の保存方法や使い方などについて、参加者同士が情報交換しながら、疑問や不安を解消できる貴重な場にもなっています。

  • 次回の地域サロンは、6月に開催予定です。多くの皆様の参加をお待ちしています!

各会場の様子

小八幡公民館【2月9日(火)】

小八幡サロンの様子

酒匂・小八幡地区まちづくり委員会と一緒に開催しています。
今回は、えひめAI(※)の紹介ビデオを見てから、実際に作ってみました。

板橋【2月10日(水)】

板橋サロンの様子

「その後どうですか?」。前回のサロンでお悩みの相談があった方に、生(いき)ごみサポーターが声をおかけします。サロン開始前の時間や終了後でもお気軽にご相談ください。

こゆるぎ【2月16日(火)】

こゆるぎサロンの様子

段ボールコンポストの基材を購入する方が大勢来場されました。なんと用意した分が売り切れに!
そんな時でも…安心してください、補充しますよ(^^)


マロニエ【2月17日(水)】

マロニエサロンの様子

マロニエ恒例の上映会。今回は「菌活」を取り上げた番組を観ました。
近頃、菌の力が注目されていますが、菌といえば生ごみ堆肥化!堆肥化には菌の働きが不可欠。よく働いてもらい、良い堆肥ができるといいですね。

尊徳記念館【2月20日(土)】

尊徳サロンの様子

参加者が多いので、今回から会場を広々した講堂に変更しました。
「ごみを減らしたい」と、地元の東富水小学校の児童が作ってくれたポスターやミニブックもたくさん持ち込んで、皆さんに紹介しました。

けやき【2月25日(木)】

けやきサロンの様子

前回に引き続き、人気企画「えひめAI(※)作り」を開催しました。作り方はとても簡単!みんなでやってみると楽しくコツがつかめますよ。


梅の里センター【2月26日(金)】

梅の里サロンの様子

堆肥の完成時期の見極めについて、みんなで話しました。経験豊富な方の意見はもちろん、サポーターさんが持ってきてくれる実物見本もとても参考になります。

いずみ【3月3日(木)】

いずみサロンの様子

サポーターさんが自宅で使っているコンポストを持ってきてくれました。この箱の中には、生ごみが40kg以上も投入されているそうです!それがあふれ出さずに処理されているなんて、驚きですね。

 

(※)えひめAIって?

愛媛県工業技術センターで開発された環境浄化微生物。材料は、砂糖、ドライイースト、ヨーグルト、納豆、湯。できあがったものは、肥料や土壌改良剤として使うことができる。

また、生ごみ処理では、分解促進、消臭効果が得られる。

最終更新日:2016年04月25日

このエントリーをはてなブックマークに追加 twitterで共有

この情報に関するお問い合わせ先

環境部:環境政策課

電話番号:0465-33-1472


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.