小田原市

彫刻・宝金剛寺の不動明王及両童子立像 附 不動像内納入品

宝金剛寺の不動明王及両童子立像 附 不動像内納入品 (県指定 昭和34年3月6日
所有 国府津2038 宝金剛寺
所在 国府津2038 宝金剛寺
形状 木造寄木 造彩色 玉眼
像高 不動明王 76.6cm  
童子(左右とも) 30cm

不動像内納入品

  • 経巻 大日経七巻ほか11巻
  • 永仁二年六月十九日定聖写経目録 1通
  • 延慶二年阿闇梨能宴願文 1通
  • 天文六年仏舎利奉納文書 1通
  • 水晶五輪塔形舎利容器 1個
  • 享保寛延修理文書 2紙

概要

この像の制作は優秀で、鎌倉時代の彫刻様式をよく示していますが、台座、光背及び不動の右手に握っている宝剣と左手に提げた索(つな)は後補です。

不動像の胎内にある納入品は、制作当時以来の沿革を示すものとして、この像の研究に貴重な資料です。不動明王像、童子像ともに保存状態は良好で、彩色も当初のものを伝えています。


この像は、宝金剛寺の不動明王として、古くから有名でした。
像の胎内に納められている文書等により、永仁2年(1294)頃から願が起こされ、延慶2年(1309)に造られたこと、室町時代から江戸時代(1336~1867)にかけて、何回か修理がされたことなどがわかります。

最終更新日:2013年05月31日

このエントリーをはてなブックマークに追加 twitterで共有

この情報に関するお問い合わせ先

文化部:文化財課

電話番号:0465-33-1717


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.