小田原市

彫刻・勝福寺の十一面観音立像

勝福寺の十一面観音立像 (県指定 昭和32年2月19日)
所有 飯泉1161 勝福寺
所在 飯泉1161 勝福寺
形状 像高 101cm  台座高 24cm

この像は、檀像(白檀、紫檀などを素材とした像)で一木造りですが、両腕は肩ではいであります。造りは、やや荒造りで、精巧な彫刻でないのは地方仏のためと思われますが、技術は優秀で、姿態も均整がとれています。また、檀像のため髭、眉などを墨で、唇を朱で彩色しているだけですが、秘仏であり、後補されているため真新しい感じがします。

面相部では、両頬が豊かで、下ぶくれの藤原朝風の像です。

像の現状
補部分 頂上仏頭、天衣垂下部、両足先、左手下腕より先
持ち物 蓮瓶、蓮花座、舟形光背

概説

この像は、新編相模風土記稿によると、天平勝宝5年(753)唐から来日した高僧鑑真が孝謙天皇に献上したものを、弓削道鏡が千代台の弓削寺に一堂を経営して安置し、天長7年(830)に現在地に移したと記されています。

しかし、現在の像は、平安時代に地方仏師によって作られたと思われます。

最終更新日:2013年05月31日

このエントリーをはてなブックマークに追加 twitterで共有

この情報に関するお問い合わせ先

文化部:文化財課

電話番号:0465-33-1717


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.