小田原市

工芸品・勝福寺の銅鐘

勝福寺の銅鐘(市指定 昭和39年5月27日)



【所在】 小田原市飯泉1161 勝福寺

【形状】
総高139cm 鐘身高100cm 口径74.1cm 
竜頭高28cm

青銅製の和鐘で、損傷はありません。


【概説】
 この撞鐘は、銘文によって寛永6年(1629)小田原の鋳物師青木源右衛門の鋳造であることがわかります。

 また、奉納者は佐須弥左衛門政重となっています。

 小田原は、北条時代関東鋳物業の中心であり、江戸時代にも引き続き栄えて、山田・長谷川・青木諸家の中から名工が生まれ、小田原の梵鐘として知られてきました。この撞鐘もそのひとつであり、また市内に残る数少ないものの中で特に優秀なものです。

最終更新日:2011年01月24日

このエントリーをはてなブックマークに追加 twitterで共有

この情報に関するお問い合わせ先

文化部:文化財課

電話番号:0465-33-1717


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.