小田原市

彫刻・木造 地蔵菩薩立像

指定種別

県指定有形文化財 彫刻

指定年月日

昭和34年3月6日

所在地

小田原市国府津2038 寳金剛寺

所有者

小田原市国府津2038 宗教法人 寳金剛寺

数量

1躯

内容

像高 49.3cm

一木造りで、平安時代(794~1185)初期の様式を備えていますが、制作は藤原時代(894年~約300年)初期と思われます。なお光背と台座は、江戸時代の補作です。
右手に錫杖、左手に宝珠を持って立つ通形の地蔵菩薩立像ですが、後世の地蔵菩薩像と異なり白毫と髪際を表現していません。
本像は宝金剛寺の本尊になります。寺伝によれば、平重盛※が建礼門院徳子の安産を祈願する際、本像の御腹へ帯を結んだといい、その伝承から『おびとけ地蔵』と呼ばれて、安産を祈願する風習がありました。なお、台座に記された銘札には平重盛が1国に1体建立した像のうちの一つとあります。

※平重盛(1138-1179)平安時代末期の武将・公卿。平清盛の嫡男。妹・養女に建礼門院徳子(安徳天皇母)がいました。

指定理由

神奈川県内の藤原時代初期の一木造の仏像として、玉福寺蔵「木造十一面観音立像」・「木造 薬師如来坐像」、勝福寺蔵「木造 十一面観音立像」等を指定文化財としていますが、本像もおよそ同時期の作と思われ、やや小型ではあるものの、製作の優れた像です。

参考文献

  1. 「神奈川県史・資料編四近世(1)」
  2. 「國府津山 寳金剛寺」

最終更新日:2017年11月14日


この情報に関するお問い合わせ先

文化部:文化財課

電話番号:0465-33-1717


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.