小田原市

登録有形文化財・松永記念館 葉雨庵

松永記念館 葉雨庵 (平成12年9月26日登録)

葉雨庵は、実業家にして茶人であった野崎広太(幻庵)が大正12年の震災直後に、小田原の十字町にあった別邸・自怡荘の内に建てた茶室です。

幻庵は、近代の茶の湯が最も盛んであった大正から昭和初期にかけて活躍した茶人のひとりであり、葉雨庵は彼の作った茶室の中でも代表作のひとつにあげられています。

 

茶室は三畳台目中板入の大きさで、それに二間四方の水屋が付属します。中板と中柱出炉の形、床脇に設けた背の低い茶道口、点前畳の対面に開いた貴人口の意匠に特徴があります。特に深三畳に四尺の床間と中板及び台目構えの中柱による室内の構成が優れています。

 

葉雨庵は、昭和60年12月から翌年3月にかけて自怡荘から板橋の松永記念館に移築・復元されました。移築にあたり、建物はもとより茶室の露地・庭石、植木なども移設し、現地に復元されています。

>> 大きい地図を表示

 からの 

最終更新日:2014年06月06日

このエントリーをはてなブックマークに追加 twitterで共有

この情報に関するお問い合わせ先

文化部:文化財課

電話番号:0465-33-1717


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.