風しん予防接種(大人の定期予防接種)・抗体検査

これまで予防接種法に基づく風しんの定期接種を受ける機会がなく、抗体保有率が他の世代比べて低い(80%)、昭和37年4月2日から昭和54年4月1日までの間に生まれた男性を対象に、2020年3月31日までの間に限り、予防接種法に基づく風しんの定期接種が実施されることとなりました。
この制度を使って風しんの予防接種を受けるには、まずは抗体検査を受けていただくことが必要です。

風しん抗体検査

風しん抗体検査の対象者

小田原市に住民登録がある、昭和37年4月2日から昭和54年4月1日までの間に生まれた男性が、風しんの抗体検査の対象となります。
ただし、小田原市に住民登録がある、昭和37年4月2日から昭和54年4月1日までの間に生まれた男性のうち、平成26年4月1日以降に風しんの抗体検査を受けたことがあり、検査結果が下記「定期接種の対象となる風しんの抗体価」の基準を満たした「抗体陰性」で、検査結果の記録を書類で確認できるかたは、改めて抗体検査をすることなく、風しんの第5期定期予防接種を受けることができます。

風しん抗体検査クーポン券

昭和37年4月2日から昭和54年4月1日の間に生まれた男性の中でも、若い年齢のかたほど患者数が多く、特に昭和47年4月2日から昭和54年4月1日までの間に生まれた男性の患者数が対象世代の患者数の半数以上を占めていることから、1年目となる2019年度は、4月下旬に、昭和47年4月2日から昭和54年4月1日までの間に生まれた男性で、平成25年度以降、市の費用助成を使って風しんの任意予防接種を受けたことがないかたに、風しん抗体検査と風しん予防接種のクーポン券をお送りします。
なお、昭和37年4月2日から昭和47年4月1日までの間に生まれた男性、及び昭和47年4月2日から昭和54年4月1日までの間に生まれた男性で平成25年度以降市の費用助成を使って風しんの任意予防接種を受けたことがあるかたにおかれましても、健康づくり課にご連絡いただければクーポン券を発行いたしますので、ご希望の場合はお手数ですが、健康づくり課保健医療係(電話0465-47-0828)までお電話ください。

クーポン券の有効期限

今年度発行するクーポン券の有効期限は2020年3月31日までです。
しかしながら、この事業は3年間実施されますので、今年度の期限内に抗体検査を受けなかったかたには、翌年度改めてクーポン券が発行されます。

風しん抗体検査を受けるには

上記対象者に該当し、クーポン券がお手元に届きましたら、次のいずれかの方法で風しん抗体検査を1回受けることができます。検査の際は、クーポン券と本人確認書類(お名前とご住所が確認できるもの)をお持ちください。受診票は検査機関に用意してあります。
なお、検査にかかる費用は市が負担しますので、検査を受けるかたの費用負担はありません。
  1. 医療機関で抗体検査を受ける
     ※全国の取扱医療機関で受けることができます。
      取扱医療機関は、下の関連リンク「風しんの追加的対策について(厚生労働省ホームページ)」に掲載される予定です。
  2. 【市町村国民健康保険加入者】特定健診の機会に抗体検査を受ける
    【生活保護利用者】健康増進法に基づく健診の機会に抗体検査を受ける
     ※健診実施機関に取扱の有無をご確認ください。
  3. 【健康保険等加入者】事業所健診の機会に抗体検査を受ける
     ※お勤めの企業にご相談ください。

風しん抗体検査の結果通知

風しん抗体検査の結果は、検査の実施機関からご本人へ直接通知されます。
風しんの定期接種の対象となるか否かの判定結果が記載されていますので、風しんの定期接種の対象となったかたは、風しんの予防のため、予防接種を受けましょう。

定期接種の対象となる風しんの抗体価

風しん予防接種

風しん予防接種の対象者

小田原市に住民登録があり、風しん抗体検査を受けた結果、次の1又は2に当てはまる、十分な量の風しんの抗体がないと判明したかたが、風しん予防接種の対象となります。
  1. 上記の風しんの抗体検査の対象に該当したので、抗体検査を受け、検査結果が陰性のかた
  2. 平成26年4月以降に風しんの抗体検査を受け、検査結果が陰性であり、その記録があるかた
抗体検査の結果が陰性のかたは、風しんに対する免疫が十分でない可能性があります。
風しんは妊娠している女性がかかると生まれてくる赤ちゃんに心臓の疾患や難聴、白内障、精神や身体の発達の遅れ等(先天性風しん症候群)が生じる可能性があります。
また、妊娠している女性以外でも、大人のかたがかかると、発熱や発疹の期間が子どもの頃に比べて長く、また関節痛がひどいことが多いとされており、1週間以上仕事を休まなければならない場合もあります。
風しんの予防のためには、予防接種が最も有効な予防方法といえますので、予防接種を受けましょう。

風しん予防接種クーポン券

2019年度は、4月に、昭和47年4月2日から昭和54年4月1日までの間に生まれた男性で、平成25年度以降、市の費用助成を使って風しんの任意予防接種を受けたことがないかたに、風しん抗体検査のクーポン券と一緒に風しん予防接種のクーポン券をお送りします。
なお、昭和37年4月2日から昭和47年4月1日までの間に生まれた男性におかれましても、健康づくり課にご連絡いただければクーポン券を発行いたしますので、ご希望の場合はお手数ですが、健康づくり課保健医療係(電話0465-47-0828)までお電話ください。

クーポン券の有効期限

今年度発行するクーポン券の有効期限は2020年3月31日までです。
しかしながら、この事業は3年間実施されますので、今年度の期限内に予防接種を受けなかったかたには、翌年度改めてクーポン券が発行されます。

風しん予防接種を受けるには

上記対象者に該当するかたは、全国の取扱医療機関で風しん予防接種(原則、麻しん・風しん混合ワクチン(MR))を1回受けることができます。
取扱医療機関は、下の関連リンク「厚生労働省ホームページ」をご確認ください。
接種の際は、クーポン券、風しん抗体検査の結果、本人確認書類(お名前とご住所が確認できるもの)をお持ちください。予診票は検査機関に用意してあります。
なお、予防接種にかかる費用は市が負担しますので、接種を受けるかたの費用負担はありません。

注意事項

予防接種は体調の良い時に受けましょう。
また、次のかたは予防接種を受けることができません。医師とご相談ください。
  • 明らかな発熱(体温37.5℃以上)を呈しているかた
  • 重篤な急性疾患にかかっていることが明らかなかた
  • 風しん予防接種の接種液の成分によって、アナフィラキシーを呈したことが明らかな人
ワクチン接種の前後には、他の予防接種との接種間隔にご注意ください。
生ワクチン(麻しん風しん混合、おたふくかぜ、水痘など)を接種した後、他の予防接種を受ける場合は、4週間空けてから次の予防接種を受けてください。不活化ワクチン(インフルエンザ、不活化ポリオ、三種混合、日本脳炎、 B型肝炎、肺炎球菌など)を接種した後、他の予防接種を受ける場合は、1週間以上空けてから次の予防接種を受けてください。

予防接種による健康被害があった場合

この予防接種は、予防接種法に基づく定期接種です。
定期接種によって健康被害が発生した場合、審査の結果、厚生労働大臣が認定したときは、予防接種法に基づく健康被害救済の給付の対象となります。

取扱医療機関

抗体検査、予防接種を受ける際は、予約が必要となる場合がありますので、事前に取扱医療機関へご連絡ください。
また、取扱医療機関一覧に記載のない医療機関であっても、かかりつけの患者のみ受け付ける医療機関もありますので、かかりつけ医療機関をご希望の場合は、直接お問い合わせください。

市外の医療機関の取扱につきましては、関連リンクの「風しんの追加的対策について(厚生労働省ホームページ)」に掲載される予定です。
健診の機会に抗体検査を希望される場合は、 お勤めの企業や、健診実施機関に取扱の有無をご確認ください。

最終更新日:2019年09月24日


この情報に関するお問い合わせ先

福祉健康部:健康づくり課(保健センター) 保健医療係

電話番号:0465-47-0828


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) Odawara City, All Rights Reserved.