小田原市

花暦

1月

2月

  • ウメ

3月

  • おかめ桜
  • ヒスイカズラ
  • サクラ(下旬から)
  • 菜の花(下旬から)

4月

  • ヒスイカズラ
  • サクラ(上旬まで)
  • 菜の花(上旬まで)
  • シャガ(中旬から)
  • フジ(下旬から)
  • ツツジ(下旬から)

5月

  • ヒスイカズラ
  • バラ
  • フジ(上旬まで)
  • ツツジ(上旬まで)
  • シャガ(中旬まで)

6月

  • バラ
  • ハナショウブ
  • アジサイ

7月

  • バラ
  • アジサイ(上旬まで)
  • ハス(中旬から)

8月

  • バラ
  • ハス(中旬まで)

9月

  • バラ

10月

  • バラ

11月

  • バラ
  • キク
  • 紅葉(下旬から)

12月

  • 紅葉(上旬まで)

花の名所案内図

小田原で楽しめる花

小田原は、四季折々の花を楽しむことができます。

(「詳細はこちら」をクリックすると、詳しい情報をご覧になれます。)

曽我梅林
小田原の梅

曽我梅林をはじめ、小田原城址公園、辻村植物公園、小田原フラワーガーデンなど、市内各所に咲く多彩な梅の花たちが、皆様をお出迎えします。

詳細はこちら


おかめ桜

根府川のおかめ桜
根府川のおかめ桜

地元住民を中心におかめ桜を植え、桜の里づくりで地域活性化に取り組んでいる根府川地区。
3月のイベントでは、JA片浦支店駐車場駐車場で地元農家による直売やポン菓子、豚汁の無料提供などを行います。

詳細はこちら


ヒスイカズラ

小田原フラワーガーデンのヒスイカズラ
小田原フラワーガーデンのヒスイカズラ

翡翠色の珍しい神秘的な花を咲かせる熱帯植物「ヒスイカズラ」。関東屈指の美しさを誇る小田原フラワーガーデンのヒスイカズラは、ピーク時には1箇所で100房以上も開花し、一見の価値があります。

詳細はこちら


小田原の桜
小田原の桜

「日本さくらの名所100選」にも選ばれている小田原城址公園を中心に、長興山のしだれ桜、沼代桜の馬場で「小田原桜まつり」が開催されます。 http://www.city.odawara.kanagawa.jp/kanko/Leisure/aruku/Flower/odawarasakura.html 

詳細はこちら


菜の花

東栢山の菜の花
東栢山の菜の花

東栢山地区では、「金次郎のふる里を守る会」が、収穫後の田んぼに菜の花の種をまいています。
春には、一面に広がる「菜の花畑」となり、散策者に春の訪れを伝えています。

詳細はこちら


シャガ

石垣山一夜城歴史公園のシャガ
石垣山一夜城歴史公園のシャガ

シャガはアヤメ科の多年草で、4〜5月頃に、白色がかった紫のアヤメに似た花をつけます。
この公園は、豊臣秀吉が小田原攻めの本営とした城の跡地で、初夏にかけて一面がシャガの花でおおわれます。

詳細はこちら


御感の藤
御感の藤

毎年4月下旬から5月上旬にかけて、城址公園の御感の藤が、ひときわ目をひきます。

花房が1メートルあまりにもなる見事な藤棚で、昔、大正天皇が皇太子の頃、召馬が散らした藤の花に「見事な花に心なきことよ」と感嘆されたため、その名がついたといわれています。

詳細はこちら


バラ

小田原フラワーガーデンのバラ
小田原フラワーガーデンのバラ

145品種345本の色とりどり鮮やかなのバラが一斉に咲き誇ります。特に春は、ツルバラとの立体的な演出が魅力です。

詳細はこちら


花菖蒲

城址公園の花菖蒲
城址公園の花菖蒲

小田原城東堀にある花菖蒲園では、6月になると約6,000株の花菖蒲が花開きます。

詳細はこちら


アジサイ

城址公園のアジサイ
城址公園のアジサイ

開花時期には「小田原城あじさい花菖蒲まつり」が開催されますので、ぜひご来場ください。

詳細はこちら


ハス

城址公園のハス
城址公園のハス

小田原城址公園の南曲輪南堀(御感の藤棚前)に群生し、城址公園の夏の風物となっています。一斉に花開く姿は壮観です。

詳細はこちら


コスモス

早川一夜城きらめきミニガーデン
早川一夜城きらめきミニガーデンのコスモス

石垣山一夜城歴史公園前駐車場近くの隣接する「きらめきミニガーデン」では、早川活性化推進協議会が丹精を込めて、草花を育てています。

詳細はこちら


城址公園の菊(菊花展)
城址公園の菊(菊花展)

小田原城址公園の秋の風物詩。毎年11月3日から15日に、愛好家により丹誠込めて作られた美しい菊が並び、良い香りに包まれます。

詳細はこちら


ざる菊園(鈴木さん宅)
ざる菊園(鈴木さん宅)

1株に4,000個ほどの小菊が重なり合い、大きな丸い形を作りあげるその姿が、ざるを伏せたように見えることから「ざる菊」と呼ばれ、最盛時は赤、黄、白、ピンクなど色とりどりの花で華やかに賑わいます。

詳細はこちら


小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.