小田原市

観光スポット

小田原古稀庵

この建物は、明治の元勲山縣有朋(首相、枢密院議長、陸軍元帥)が、明治40年(1907)、70歳のときに構えた別荘です。

 

明治20年(1887)に新橋・国府津間の鉄道が開通すると風光明媚で温暖な小田原は別荘地として注目を集め、大正12年(1923)の関東大震災に遭うまで別荘全盛時代となり、市内には伊藤博文の滄浪閣、陸軍大将大島義昌、海軍大将瓜生外吉、子爵榎本武揚、松永安左エ門、長谷川如是閑、益田孝、男爵大倉喜八郎らの別邸、邸宅がありました。

 

相模湾と箱根山を借景に築造された「古稀庵」は、有朋の所有であった目白椿山荘・京都無隣庵とともに、近代日本庭園の傑作といわれています。

 

今はあいおい保険小田原研修所となっており、毎週日曜日の午前10時から午後4時までの間、庭園の参観ができます。

小田原古稀庵

小田原古稀庵


開園日

毎週日曜日

開館時間

午前10時〜午後4時

入園料(全額「小田原市ふるさとみどり基金」へ寄付)

個人 100円

交通

箱根登山線箱根板橋駅から徒歩7分

>> 大きい地図を表示

 からの 

詳しいお問い合わせ

あいおい保険小田原研修所 0465−23−5615

最終更新日:2016年04月28日

このエントリーをはてなブックマークに追加 twitterで共有

この情報に関するお問い合わせ先

経済部:観光課

電話番号:0465-33-1521


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

よくある質問

このページに関連する「よくある質問」はありません

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.