小田原市

子ども映画会と金次郎のおはなし

尊徳記念館では毎月第4日曜日に、「子ども映画会と金次郎のおはなし」という事業を行っております。

映画はお子様(主に就学前幼児~小学校低学年)向けのものを中心に上映しておりますが、ご家庭では味わえない迫力のある大画面で映画を観ることができます。

併せて二宮尊徳(金次郎)の生涯におけるさまざまな偉業について、当館ボランティア解説員がわかりやすくお話しします。

平成28年度より第4土曜日午前から第4日曜日午後に変更になりました。
日時 毎月第4日曜日 午後2時00分~2時45分
場所・会場 小田原市尊徳記念館1階 視聴覚室
費用 無料
金次郎アニメ

今後の予定

平成28年11月27日(日)

【映画】風の神と子供たち
  (かぜのかみとこどもたち)
【あらすじ】遊んでいる子どもたちの前に一人の小僧があらわれた。小僧に言われたとおり、地面に伸びた長い着物の裾に乗ってみると、子供たちは小僧と共に空に舞い上がってしまい…。
【映画】漆の兄弟 
  (うるしのきょうだい)
【あらすじ】漆塗りの器を作る職人の兄弟が川の淵で質の良い漆だまりを見つけ、商売が上向く。漆を独り占めしようとした弟は、淵に木彫りの竜を沈め、兄が近づけないようにしてしまうと…。
【二宮金次郎のおはなし】 当館のボランティア解説員が金次郎にまつわる子ども向けのやさしいおはなしをします。

平成28年12月25日(日)

【映画】十二支のはなし 
  (じゅうにしのはなし)
【あらすじ】神様はこの世を治めるために暦を作り、それを動物たちに守らせようと考えた。動物たちは我こそはと元旦に神様の御殿を目指すが、猫はねずみに嘘を教えられてしまう…。
【映画】大年の客
  (おおとしのきゃく)
【あらすじ】大晦日に旅人を泊め、温かくもてなす貧しい家族。それ以降、幸運が舞い込み、貧しい家は豊かになっていった。それを知った隣の長者は、同じことをしようと旅人をまちかまえるが…。
【二宮金次郎のおはなし】 当館のボランティア解説員が金次郎にまつわる子ども向けのやさしいおはなしをします。

尊徳記念館案内図

>> 大きい地図を表示
 からの 

最終更新日:2016年11月08日

このエントリーをはてなブックマークに追加 twitterで共有

この情報に関するお問い合わせ先

文化部:生涯学習課 尊徳記念館係

電話番号:0465-36-2381


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.