小田原市

子ども映画会と金次郎のおはなし

尊徳記念館では毎月第4日曜日に、「子ども映画会と金次郎のおはなし」という事業を行っております。

映画はお子様(主に就学前幼児~小学校低学年)向けのものを中心に上映しておりますが、ご家庭では味わえない迫力のある大画面で映画を観ることができます。

併せて二宮尊徳翁(金次郎)の生涯におけるさまざまな偉業について、当館ボランティア解説員がわかりやすくお話しします。

日時 毎月第4日曜日 午後2時00分~2時45分
場所・会場 小田原市尊徳記念館1階 視聴覚室
費用 無料
金次郎アニメ

今後の予定

平成29年6月25日(日)

【映画】力太郎(ちからたろう) 【あらすじ】子のない老夫婦がやっと授かった力太郎は、力自慢の息子。大きな金棒を持って修行の旅に出た力太郎は、途中で出逢った豪傑たちと共に、恐ろしい化け物退治に挑むことに…。
【映画】闇夜にカラス
(やみよにからす)
  
【あらすじ】「名人」と呼ばれた絵描きが、絵心のない男にけんかを売って、無理やり絵を描かせる。男が生まれて初めて描いた絵は、名人でも見たことのない、奇妙きてれつなものだった。
【二宮金次郎のおはなし】 当館のボランティア解説員が金次郎にまつわる子ども向けのやさしいおはなしをします。

平成29年7月23日(日)

【映画】火男   【あらすじ】火の国に招待されたお爺さんは、「ひようとく」という、おかしな顔をした男の子をつれて帰った。「ひようとく」はひしゃくでへそを叩くと小判を一枚出すという特技を持っていて…。
【映画】織姫と彦星 【あらすじ】天帝のひとり娘・織姫は、はたを織るのが上手なとても美しい娘。その婿にと天帝が選んだのは、働き者の牛飼い・彦星という若者だった。二人は仕事のことも忘れ仲良く暮らしていたが、そのせいで新しい布はなくなり、牛もやせこけ、みなが困り果てていた。これに怒った天帝は二人に…。
【夏休み特別企画】
金次郎のおはなしと探検ツアー
普段見れない場所や館内をみんなで探検します!今回は展示室の中で金次郎のおはなしをします。

尊徳記念館案内図

>> 大きい地図を表示
 からの 

最終更新日:2017年06月23日

このエントリーをはてなブックマークに追加 twitterで共有

この情報に関するお問い合わせ先

文化部:生涯学習課 尊徳記念館係

電話番号:0465-36-2381


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.