第24回全国報徳サミット小田原市大会を開催しました

江戸時代後期の農政家で、荒廃に苦しむ多くの農村を復興に導いた二宮尊徳翁(二宮金次郎)。その尊徳翁にゆかりのある全国17の市町村から構成される全国報徳研究市町村協議会に加盟する自治体の代表が集い、「報徳の原点から見直す 未来へ向けたひとづくり・まちづくり」をテーマに、地方自治や地域振興などについて議論する「第24回全国報徳サミット小田原市大会」を平成30年10月13日(土)に小田原市民会館で開催しました。
当日は、全国各地から多くの報徳関係者が来場し、入場者数は満員に近い900名に達しました。城北中学校吹奏楽部の演奏で幕を開けたサミットは、市内小学生による作文発表といった子どもたちの学習成果の披露のほか、報徳二宮神社宮司の草山明久氏の基調講演、引き続き、各市町村の代表がステージ上でそれぞれの市町の尊徳翁にまつわる取組について意見交換を行うパネルディスカッションが実施されました。また、会場外では地元の特産品や尊徳翁にまつわるグッズの販売が行われ、多くの人でにぎわいました。サミットの終盤では、来年夏以降の全国公開に向けて準備が進められている映画「二宮金次郎」の予告編の上映が行われるとともに、監督の五十嵐匠氏、主演の合田雅吏氏らが登場し、作品に対する思いを語りました。閉会行事では開催地の引継ぎが行われ、小田原市の加藤市長から筑西市の赤荻教育長にブロンズの金次郎像が手渡されました。平成31年度の全国報徳サミットは茨城県筑西市で開催される予定です。

城北中吹奏楽部による歓迎演奏

城北中学校吹奏楽部による歓迎演奏

開会行事

開会行事

子どもたちの作文発表

子どもたちの作文発表


子どもたちによる農産物の販売

子どもたちによる農産物の販売

尊徳学習の成果展示

尊徳学習の成果展示

草山氏の基調講演

草山氏の基調講演


パネルディスカッションの様子

パネルディスカッションの様子

作品を解説する五十嵐監督

作品を解説する五十嵐監督

開催地の引継ぎ

開催地の引継ぎ


最終更新日:2018年10月25日


この情報に関するお問い合わせ先

文化部:生涯学習課 尊徳記念館係

電話番号:0465-36-2381


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.