小田原市

史跡 ・平成輔の墓所

平成輔の墓所(市指定 昭和32年3月30日)

所有

南町3-11-3 報身寺

所在

南町3-11-3 報身寺

形状

墓所は、東西11m、南北12.20mあり、高さ78cmの石垣で囲まれています。墓所域内は長方形に区切られ、その中央に樹齢500年以上の古松がありましたが、つい最近、枯れてしまいました。また、高さ1.5mの江戸時代に造られた石祠(ほこら)があり、その前左右には2基の灯塔があります。別に碑が2基あり、一つは南側にあって栄田君子の歌碑、もう一つは東側にあって大勲位威仁親王筆の記念碑です。

概説

平成輔は、京都の公家で、本姓は平氏ですが、家が京都烏通りにあったので、烏丸成輔と称しました。また、官位が正三参議であり、参議の唐の呼び名が宰相ということから、平宰相成輔とも呼ばれていました。成輔は、御醍醐天皇の親任を受けて中興の仕事に加わり、鎌倉幕府の倒滅を計画したことが漏れて、六波羅探題(京都に置かれた鎌倉幕府の出張機関)に捕らえられ、鎌倉に護送される途中、元弘2年(1332)5月22日(成輔42歳)三河入道円重によって、早川の河口で殺害されました。その事情は、太平記・増鏡・大日本史などに詳しく書かれています。当時、この場所に潮音寺という建ったばかりの大寺があったので、その境内に葬られたとおもわれますが、潮音寺は明治41年に報身寺に合併され、この墓所も報身寺の所有となりました。

>> 大きい地図を表示

 からの 

最終更新日:2011年07月06日

このエントリーをはてなブックマークに追加 twitterで共有

この情報に関するお問い合わせ先

文化部:文化財課

電話番号:0465-33-1717


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.