小田原市

史跡 ・北条氏政・氏照の墓所

北条氏政・氏照の墓所(市指定 昭和32年3月30日)

所有

城山3−7−23 永久寺

所在

栄町2−7−8

形状

墓地内に五輪塔が大(高115cm)・中(高73cm)・小(高67cm)・生害石1個(長115cm、幅78cmー氏政・氏照がこの石上で自害したと伝わっています)・笠塔婆型墓碑1基・石燈篭などがありますが、すべて江戸時代に造られたものです。 

概説

北条氏政は、北条氏第4代の領主。氏照は、氏政の弟で八王子をはじめ5つの城主でした。天正18年(1590)に豊臣秀吉が、北条氏を攻略した際に、時の城主氏直は高野山に追放され、父氏政、その弟氏照の両人は責任を負って自刃しました。自刃の場所は、城下の田村阿安斎邸(南町)で、遺骸は北条氏の氏寺であった伝心庵に埋葬されました。北条氏滅亡後、大久保氏の時代になって伝心庵は寺町(中町)に移され、その跡に永久寺を建立したので、この墓所は永久寺の所有となりました。

なお、この墓所は永く放置されてあったものを、稲葉氏が小田原在城の頃、北条氏追福のため、作り直したものです。それも関東大震災で埋没し、行方不明となりましたが、翌年、地元の有志によって復興されました。

大きい方の五輪塔は、北条氏政夫人の墓と伝えられていますが、確証はありません。

 

稲葉氏が建立した笠塔婆型墓碑には、氏政・氏照の法号(戒名)が次のとおり刻まれています。

 

「滋雲院殿勝岩傑公大居士  天正十八庚寅年七月十一日 北條相模守氏政」

 

「青□院殿透岳關公大居士  北條陸奥守氏照  天正十八庚寅年七月十一日」

>> 大きい地図を表示

 からの 

最終更新日:2011年07月06日

このエントリーをはてなブックマークに追加 twitterで共有

この情報に関するお問い合わせ先

文化部:文化財課

電話番号:0465-33-1717


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.