小田原市

絵画・安叟禅師画像

絵画・安叟禅師画像 (市指定 昭和45年12月15日)
所有 久野3670  総世寺
形状 絹本着色 軸装本紙 縦64.5cm 横35.5cm   墨色丹青が相当剥落しています。

概説

安叟(あんそう)禅師は、曹洞宗の高僧で、総世寺を開きました。この僧は、小田原大森氏信濃守頼明の子として生まれ、初代頼春の弟、第三代憲頼・第四代氏頼の伯父にあたります。

彼は、大雄山最乗寺(南足柄市)五世の春屋宗能禅師について得度(僧になること)し、最乗寺の七哲の首座となって同寺の十世となり、曹洞宗の発展に大きな業績をあげました。

この像は、禅師の帰依(信仰し教えに従う)者であった大森信濃守氏頼に依頼された画家が、直接禅師の姿を写したものと伝えられています。

この像の上部にあたる讃語は、禅師が氏頼の求めに応じて書いたもので、禅師の筆勢を見ることができ、文明3年(1471)の作品であることが分かります。

また、箱書には、慶安4年(1651)10月18日大森信濃守頼直によって修装したことが記してあります。

当時の禅師の年齢は、80歳近いにも関わらず、温容豊頬(おんようほうきょう)に描かれ、高僧の風格がよくあらわれています。

最終更新日:2013年05月31日

このエントリーをはてなブックマークに追加 twitterで共有

この情報に関するお問い合わせ先

文化部:文化財課

電話番号:0465-33-1717


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.