小田原市

工芸品・山中氏の組木 18点

山中氏の組木 18点(市指定 昭和51年3月3日)

【所有】  個人


【所在】  荻窪

【概説】
 山中家は、江戸時代から小田原の住人で、組木の創業者である初代山中常太郎(1874〜1954)は、代官町(本町3丁目)のあわび屋(箱根物産指物製造販売業)の門に入って、指物技術を修業し、明治30年独立して指物業を開きました。

 

 当初は、あんどん枕を生産していましたが、外国製の組木サンプル(角型、樽型など)を見て興奮し、優れた考察力によって新製品を創作し、好評を博しました。

 これらの智恵木(巧みなからくりの一つで、木の組み立てられた型を解いたり、組み立てられたパズル)と呼ばれ、国内だけでなく、海外にも輸出されました。型作りは、五重塔などの建造物をはじめ、三輪車、飛行機、船など乗り物を得意としました。

 長男和市(二代、昭和18年没)と、次男広吉(三代)もそれぞれ父の指導を受けて技術を習得しましたが、二代和市は、天守閣、国会議事堂などの建造物に秀作を残しました。

 三代広吉は、動物の形に興味を持ち、多数の型を創作しましたが、特にライオン・象・猫などに示された造形力は抜群のものが感じられます。

 四代成夫も、父広吉の下で修業し、天性卓抜な創作力を生かして、昭和30年頃から独自の型を発表しはじめました。型は、先代達と異なり、抽象的かつ現代的であって、昭和34年頃から柳宗理、勝見勝、清家清などの識者に着目され、高い評価を得ています。

 

 このように四代にわたり、一族一統が連続して難しい創作組木一筋に歩み続けることは、まれな例です。

【形状】

 

作者名

形状(品名)

材質

寸法(組上り)cm

構成部数の数

初代
常太郎

五重塔

ホオノキ

7×7×23h

26

陽明門

ホオノキ
チャチャンチンンチン

8×13×12.5h

29

つる

ホオノキ

19×15×10h

13

三輪車

ホオノキ

43×19×38h

二代
和市

国会議事堂

ホオノキ

29×14×13h

32

名古屋城

ホオノキ

9×7×18h

35

水泳(人形)

ホオノキ

9×4×12h

レビュー(人形)

ホオノキ
ホオ神代

7×5×20h

三代
広吉

神橋

ホオノキ
ニガキ

37×9×12h

84

ライオン

ホオノキ

24×10.5×11.5h

11

ホオノキ

17×11×13h

13

ホオノキ

17×8×11h

15

サクラ

16×45×10h

13

サイドカー

ホオノキ

16×14×16h

15

四代
成夫

五十一本型

ホオノキ

27×27×27h

51

清水型

シウリザクラ

23×23×23h

54

糸車

ウオルナット

27×27×27h

15

二十七本型

シウリザクラ

22×22×22h

27

最終更新日:2011年01月24日

このエントリーをはてなブックマークに追加 twitterで共有

この情報に関するお問い合わせ先

文化部:文化財課

電話番号:0465-33-1717


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.