新・北条五代記

西湘バイパスの開通式

西湘バイパスの開通式

都市計画道路は、昭和21年(1946年)に戦災復興の一環として計画されたが、その後の市町村合併や都市計画区域の拡張に伴い、計画道路の再検討が行われ、現在28路線、延長66.47キロが計画決定されている。
そのうち、昭和54年(1979年)度末現在で、西湘バイパス、国道255号線、酒匂永塚線など、国県による施工分のほか、市施行分としての飯泉国府津線や酒匂曽我線など、29.05キロが施行済みで、その進ちょく率は43.7%となっている。
このうち、飯泉国府津線は、川東地区の工業地域幹線街路として、また、市街地との連絡を図るために、昭和32年(1957年)に市施工の最初の都市計画道路として着工し、昭和42年(1967年)に完成した。
こうした計画道路は、経済効果や車両の交通量を考慮しながら実施に移されているが、事業の推進には多大な経費と期間が必要とされている。

識別子 ODA20120182
年代 1967(昭和42)年
地域 川東南部地域
撮影場所 小田原市 西湘バイパス
カテゴリ 都市・交通
関連キーワード 西湘バイパス開通式式典道路

この情報に関するお問い合わせ先

企画部:広報広聴課

電話番号:0465-33-1261
FAX番号:0465-32-4640


小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) Odawara City, All Rights Reserved.