新・北条五代記

わら垣で囲ういちご栽培

わら垣で囲ういちご栽培

戦後、太平洋ベルト地帯に存在する農地には、宅地開発と工業開発の波が押し寄せた。
加えて、稲作技術の進歩が毎年米の増収を生み、余剰米対策としての減反政策などに対処して、農業にも多様化が見られるようになった。
特に、この地域は、近郊都市農業といわれる施設園芸が盛んである。温室、ビニールハウスなどの利用によって、果菜類、イチゴ、切り花等が栽培され、栽培面積が少ない割に収益の高いことから、将来性のある農業と見られている。
また、明治末期から栽培されてきた足柄梨は、太平洋戦争中に食糧増産のため伐採されたが、長十郎種を中心に戦後はいちじるしく復興し、栽培方法も改良が進んでいる。

識別子 ODA20120213
年代 1961(昭和36)年
地域 不明
撮影場所
カテゴリ 産業・観光
自然・環境
関連キーワード いちごわらわら垣栽培農業

この情報に関するお問い合わせ先

企画部:広報広聴課

電話番号:0465-33-1261
FAX番号:0465-32-4640


小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) Odawara City, All Rights Reserved.