新・北条五代記

網一色海岸のグライダー

網一色海岸のグライダー

明治時代になると、わが国でも陸上競技、漕艇、蹴球、庭球、野球などが相次いで輸入されたが、小田原地方でも明治28年(1895年)に、日清戦争戦勝記念として小田原~箱根間の「徒競走」が行われている。
また、軟式庭球は、明治35年(1902年)に創立された神奈川県立第2中学校(現県立小田原高等学校)で、校庭に10面のテニスコートを設け、全校生徒がこれを楽しんだという記録が残されており、明治42年(1907年)には町役場職員、学校教員等を会員として小田原庭球会が誕生し、小田原地方の庭球の礎が築かれたのである。

識別子 ODA20120446
年代 不明
地域 中央地域
撮影場所 小田原市東町
カテゴリ イベント・スポーツ
自然・環境
関連キーワード 網一色海岸グライダースポーツ

この情報に関するお問い合わせ先

企画部:広報広聴課

電話番号:0465-33-1261
FAX番号:0465-32-4640


小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) Odawara City, All Rights Reserved.