新・北条五代記

小旗を振って声援を送る市民の中を走る走者(お堀端通り)

小旗を振って声援を送る市民の中を走る走者(お堀端通り)

昭和39年(1964年)10月10日、東京代々木の国立競技場の上空に五輪が鮮やかに描かれて、第18回オリンピック東京大会が開幕した。
これに先立ち、ギリシャのアテネ、パルテノン神殿で採火された聖火は、地球を半周して日本に運ばれ、10月7日に、各競技団体、地区体育振興会から選ばれた10代の若者たちの手によって、多くの市民が見守る中を通過してリレーされていった。
このオリンピックをきっかけとして、市民の間にスポーツへの関心が急速に高まっていった。

識別子 ODA20120461
年代 1964(昭和39)年
地域 中央地域
撮影場所 小田原市 お堀端通り
カテゴリ イベント・スポーツ
都市・交通
関連キーワード 小旗声援市民走者聖火ランナーお堀端通り東京オリンピック

この情報に関するお問い合わせ先

企画部:広報広聴課

電話番号:0465-33-1261
FAX番号:0465-32-4640


小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) Odawara City, All Rights Reserved.