新・北条五代記

端午の節句

端午の節句

旧藩時代から明治・大正時代にかけて、5月の端午の節句ころに荒久海岸から山王海岸で盛んに凧が揚げられた。現代のように正月に凧が揚げられるようになったのは第二次世界大戦後からである。

識別子 ODA20120529
年代 1972(昭和47)年
地域 不明
撮影場所
カテゴリ 文化
関連キーワード 端午節句5月5日鯉のぼりこどもの日

この情報に関するお問い合わせ先

企画部:広報広聴課

電話番号:0465-33-1261
FAX番号:0465-32-4640


小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) Odawara City, All Rights Reserved.