新・北条五代記

石橋山古戦場の文三堂

石橋山古戦場の文三堂

平治の乱(1159年)によって敗れた源義朝の子頼朝は平家方に捕らえられたが、池禅尼の助命によって、翌永暦元年(1160年)伊豆国蛭ヶ小島に流されてきた。治承4年(1180年)8月17日、源頼朝は以仁王の平家追討の論旨をかかげ、北条時政の援けを得て伊豆の目代山木兼隆を夜討ちにかけ、源氏再興の旗揚げをした。そして、近隣諸豪の援軍を得て鎌倉に向かう途中の8月23日夜、石橋山で平家方の大庭景勝の軍勢3,000余騎の急襲にあった。これが「石橋山合戦」である。頼朝勢は北条時政の親子及び土肥実平などわずか300余騎でこれを迎え撃った。

識別子 ODA20120054
年代 不明
地域 早川・片浦地域
撮影場所 小田原市石橋
カテゴリ 文化
産業・観光
建物・施設
関連キーワード 石橋山古戦場文化財源平合戦源頼朝源氏平氏以仁王北条時政土肥実平大庭景勝

この情報に関するお問い合わせ先

企画部:広報広聴課

電話番号:0465-33-1261
FAX番号:0465-32-4640


小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) Odawara City, All Rights Reserved.