新・北条五代記

中新田の様子

中新田の様子

小田原地方でもごく初期(天文12年以前)に開発された中新田

江戸時代の農業は、一般に財政の基盤となる米の生産に力が注がれた。小田原地方においても、収穫量の増加を図るため、稲の品質改良、各種施肥の試み、農具における技術改良などが幕末に至るまで行われた。また、江戸時代初期には下新田(鴨宮)をはじめとして、多くの新田も開発された。
しかし、これらの改良や事業にもかかわらず中期以降、収穫量に次第に限界が見えはじめ、年貢の収量も頭打ちとなり、藩側としては田畑の拡大(畑地・荒地の水田化)に力を注ぐようになった。そのあらわれが藩費による瀬戸堰・荻窪堰などの開発であった。だがこれは地域的には増収もたらしたが江戸時代末期まで、小田原領内の農村は一般に慢性的な疲弊に悩まされていく。その原因としては年貢の増加、打ち続いた災害、作柄の不良、そして主穀(米)生産が中心で、たばこや木綿のような商品作物の生産が少なかったことがあげられる。

識別子 ODA20120071
年代 不明
地域 川東南部地域
撮影場所 小田原市中新田
カテゴリ 自然・環境
関連キーワード 鉄橋鉄道酒匂川電車松並木

この情報に関するお問い合わせ先

企画部:広報広聴課

電話番号:0465-33-1261
FAX番号:0465-32-4640


小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) Odawara City, All Rights Reserved.