小田原市

歴史資料・二宮尊徳関係資料

 二宮尊徳関係資料(神奈川県指定歴史資料) 

 

【所有】  個人

【所在】  小田原市尊徳記念館、報徳二宮神社、報徳博物館

【内訳】  昭和56年2月10日指定 書状類ほか404点
      昭和62年2月20日指定 書状類ほか1359点
      平成7年2月14日指定  書状類ほか2109点

【概説】

 二宮尊徳の幼名金次郎の行いは、戦前まで修身(道徳)の教科書に載っていたので広く知られていますが、成人期の業績は、意外に知られていません。

 尊徳は、家を再興した後、文化14年(1817)に結婚しますが、この頃、大久保藩の家老服部家の財政立て直しを依頼され、成功させます。また、生活に苦しむ藩士のために、五常講(仁、義、礼、智、信の五つの徳を実践し、藩士間で出資、貸出する金融組織)を始めます。

 これらの業績が、藩主大久保忠真の目にとまり、士分に取り立てられて、小田原藩の支藩宇津家の桜町領(栃木県)の復興を命じられます。

 このため尊徳は、文政6年(1823)一家で移住し、復興に着手しますが、土地や人心の荒廃で思うにまかせず、一時、成田山にこもったりしますが、復興を成し遂げます。

 これを知った他の藩は、天保7年(1836)の大凶作後、相次いで尊徳に農地などの立て直しを依頼しました。

 天保13年(1842)尊徳は幕府に認められ、直臣となって利根川分水路計画の調査を命じられますが、これは実行に移されませんでした。

 その後、真岡(栃木県)、相馬(福島県)などを手がけたほか、嘉永6年(1853)に日光の復興に着手しましたが病に倒れます。

 そして、最後の住所となった今市(栃木県)で、安政3年(1856)10月20日70歳の生涯を閉じます。

 二宮尊徳は、このように一介の農民から幕臣となったわけですが、彼の偉大さは、農政、土木、経済、思想などに業績を残したことにあり、全国に「報徳」の名が残っています。

 なお、小田原市は、日光市(旧今市市)と姉妹都市になっていますが、二宮尊徳が縁で結ばれたものです。

最終更新日:2011年01月24日

このエントリーをはてなブックマークに追加 twitterで共有

この情報に関するお問い合わせ先

文化部:文化財課

電話番号:0465-33-1717


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.