小田原市

歴史資料・長興山紹太寺の境内絵図

長興山紹太寺の境内絵図 1幅 (市指定 昭和63年11月1日)

 

【所有】  入生田303 紹太寺

【所在】  入生田303 紹太寺

【形状】  紙本着色4色 縦3.35m 横1.80m 仮表装

【概説】 

 小田原城主稲葉正則は、寛文9年(1669)城下の山角町(南町)にあった菩提寺を、入生田村に移し長興山紹太寺を建立しました。

 この境内絵図は、正則が延宝7年(1679)に紹太寺の寺地の伽藍配置や境界などについて、後々の証のために作成したものです。

 絵図では、広大な寺地と仏殿、禅堂、斎堂、開山堂、祠堂、経蔵、書院、鐘楼など七堂伽藍の整った一大寺院であったことがしのばれます。

 しかし、紹太寺は弘化4年(1847)の火災で、経蔵、鐘楼、楼門、総門のみを残して灰塵に帰し、さらに安政年間(1854〜1859)に再度の火災で総門のみを残し、その後再建されることなく今日にいたっています。

 現在の紹太寺は、この折に難を逃れた子院の清雲院です。 

最終更新日:2011年01月24日

このエントリーをはてなブックマークに追加 twitterで共有

この情報に関するお問い合わせ先

文化部:文化財課

電話番号:0465-33-1717


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.