小田原市

歴史資料・鉄牛和尚の血書

鉄牛和尚の血書 1幅 (市指定 昭和63年11月1日)

 

【所有】  入生田303 紹太寺

【所在】  入生田303 紹太寺

【形状】  紙本淡彩 縦118.2cm 横43.5cm

この血書は、上部に黄檗の三筆といわれた木庵の賛があり、下部に鉄牛和尚の血書、中央に釈迦如来像が血書で書かれています。

 釈迦如来像の彩色は、螺髪・僧祗支(袈裟の下に着る覆肩衣)・眉・口唇に清墨、葉脈に金泥が使われ、着衣の一部に金泥の文様を入れています。

 血書は、寛文3年(1663)に制作されたものです。

【概説】

 鉄牛和尚(1628〜1700)は、長興山紹太寺の開山(寺を開いた僧)で、初め臨済宗の京都大徳寺の大龍和尚に参禅し、後に黄檗宗の本山万福寺(京都宇治市)の隠元禅師に師事しました。

 寛文9年(1669)長興山の開発のため、稲葉正則に招かれ小田原に来て、紹太寺の開山となりました。

 この血書は、鉄牛和尚が36歳の時に亡き母の17回忌にあたって、父母やけん族(親族・従者)、一切衆生(生きとし生けるもの)のために斎戒(一定の規律を守って、心身のけがれから去る修行)をし、十指を刺して血を取り、大乗経10余巻と釈迦如来像を制作したことを記しています。

 血書の中に描かれた釈迦如来像は、黄檗系の形に近いものですが、素人的描法です。しかし、鉄牛和尚が自らの血で描いたという、特別の由緒から貴重な歴史史料といえます。
 

最終更新日:2011年01月24日

このエントリーをはてなブックマークに追加 twitterで共有

この情報に関するお問い合わせ先

文化部:文化財課

電話番号:0465-33-1717


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.