小田原市をフィールドにした、ビッグローブ株式会社の新入社員研修の開催

通信事業を展開するビッグローブ株式会社の新入社員研修は、令和4年度以降、小田原市をフィールドにワーケーション形式で実施されており、研修では、市がテーマ設定に協力し、各テーマについて新入社員によるデザインシンキングが行われています。
本事業については、ビッグローブ株式会社の人材育成につながることはもちろんのこと、市にとっては、市の課題解決に向けた施策立案がなされることから、若者視点によるアイデアを市政への参考とすることができるものと考えております。
※デザインシンキング:デザイナーがデザインを考案する際に用いるプロセスを、ビジネス上の課題解決のために活用する考え方。

令和6年度

『世界が憧れる「美食のまち」を目指して』をテーマにし、観光課職員による本市の取組についての説明の後、新入社員の各チームでフィールドワークや課題抽出、議論を進め、課題解決に資する施策を構想。
研修最終日の発表会には観光・美食のまちづくり担当部長も出席し、各チームの発表に対して講評を行いました。
新入社員からは、小田原市の「海」や「小田原城」といった、小田原市の地域資源を生かし、SNSで情報発信をしていくという、若者らしい視点での施策立案がなされました。

観光課からテーマについての説明
観光課からテーマについての説明
新入社員報告会の様子
新入社員報告会の様子
集合写真
集合写真

令和5年度

「デジタルの技術で小田原市民の幸福度をあげるには」をテーマにし、デジタルイノベーション課職員による本市の取組についての説明の後、新入社員の各チームでフィールドワークや課題抽出、議論を進め、課題解決に資する施策を構想。
研修最終日の発表会には市長も出席し、各チームの発表に対して講評を行いました。
新入社員からは、ARを活用し、小田原城でお姫様気分を味わえる体験や、高齢者のデジタルデバイド対策など、観光振興や高齢者支援につながる、デジタル技術を生かした施策立案がなされました。

デジタルイノベーション課からテーマについての説明
デジタルイノベーション課からテーマについての説明
新入社員報告会の様子
新入社員報告会の様子

令和4年度

「若者をターゲットにした、小田原市の観光」をテーマにし、観光課職員による本市の観光についての説明の後、新入社員の各チームでフィールドワークや課題抽出、議論を進め、課題解決に資する施策を構想。
研修最終日の発表会には市長も出席し、各チームの発表に対して講評を行いました。
新入社員からは、小田原提灯を持って観光するプランや、小田原駅から小田原城の正門まで歩いていく過程で、現代から室町時代まで遡行できる体験など、「小田原の外から見た視点」、「若者ならではの視点」で様々な施策立案がなされました。

観光課講義の様子
観光課職員からテーマについての説明

この情報に関するお問い合わせ先

企画部:未来創造・若者課 共創・若者活躍係(おだわらイノベーションラボ)

電話番号:080-4429-6253

この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

ページトップ