記者発表 資料

 
記者発表 資料
発信日 2012 年 07 月 13 日 担当者名 中村
担当課 文化部:生涯学習課 電話番号 0465-23-1377
公開期間 2012 年 07 月 16 日 ~ 
事業名称 井上三綱氏の作品を寄贈~記念特別展を開催
サブタイトル 入生田にアトリエを構えた世界的な画家
事業内容  今年は、画家・井上三綱が入生田にアトリエを構えてから60年目にあたります。このたび、その貴重な作品の80点が、ご遺族の井上皓子(てるこ)さんから本市に寄贈されました。7月12日(木)には、加藤憲一市長がかつて三綱氏のアトリエがあった場所にある井上さんのお宅へお礼のご挨拶に伺いました。その際、新たにデッサンなど200点以上の資料についてもお寄せいただけるとのお申し出を受けました。

 松永記念館では今回の受贈を記念して、特別展を開催いたします。 本展では、未発表の資料も含む寄贈作品の中から、本画・素描・習作などを紹介します。新しい技法に挑み、独自の表現を探求し続けた井上三綱の画業を再考し、また、市民の皆さまをはじめとする多くの方が、小田原で活躍した芸術家を身近に感じる機会となれば幸いです。

会  期:平成24年8月4日(土)~ 9月17日(祝)
会  場:松永記念館 小田原市板橋941番地の1
開館時間:午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
休 館 日:展覧会期間中なし
観 覧 料:一般500円/大学生・高校生300円/中学生以下無料
交通案内:箱根登山線「箱根板橋駅」より徒歩10分
       箱根登山バス「小田原駅」⇔ 箱根方面 H・T・R線
       「上板橋」下車 徒歩5分/「板橋」下車 徒歩10分
問合わせ:郷土文化館 電話0465-23-1377


【関連イベント】ギャラリートーク
 今回の特別展開催に協力いただいた芳澤一夫氏(日本画家)と担当学芸員によるギャラリートークを行います。

日  時:平成24年8月11日(土)
     ①午後11時~ ②午後2時~(各回約40分)
定  員:各20人(申込先着順)
申込方法:7月17日(火)9:00から 電話にて受付
申込先:郷土文化館 電話0465-23-1377


【松永記念館について】
「電力王」と呼ばれた実業家で、茶人としても高名な松永安左ヱ門(耳庵)が、1959(昭和34)年に設立しました。耳庵の没後は小田原市に寄贈され、現在は「小田原市郷土文化館分館 松永記念館」として四季折々の草花が楽しめる庭園や耳庵が晩年を過ごした居宅「老欅荘」とともに一般に公開しています。
添付資料1 入生田の井上さん宅へ加藤市長訪問の様子
添付資料2 展覧会チラシ
関連サイトタイトル 受贈記念特別展「井上三綱―入生田のアトリエから―」開催のお知らせ
関連サイトアドレス http://www.city.odawara.kanagawa.jp/public-i/facilities/kyodo/topics/sanko.html
 
小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) Odawara City, All Rights Reserved.