よくある質問

よくある質問と回答

質問

三輪以上の軽自動車(種別割)の軽自動車税が、同じ車両であるにもかかわらず昨年よりも上がったのですが、どうしてですか。

回答

平成28年度分から、グリーン化(環境への負荷の低減に資するための施策)を進める観点から、電気自動車などを除いて、新車検査月から13年を経過した軽四輪車等の軽自動車税について、概ね20%税率が上乗せされる「経年車重課」が全国で導入されました。
同一車両であるにもかかわらず、昨年度から軽自動車税(種別割)の金額が上がった場合は、新車検査月から13年が経過し、重課税率が適用されたことが考えられます。
(新車検査月とは、購入した月ではなく、車両が製造されて初めて運輸支局に登録された月のことです。自動車検査証(車検証)の「初度検査年月」欄で確認することができます。)
例として、重課税率が適用された場合、四輪以上の軽自動車(乗用・自家用)は旧税率7,200円が、重課税率12,900円になります。
四輪以上の軽自動車(貨物・自家用)は旧税率4,000円が、重課税率6,000円になります。

詳しくは総務省ホームページをご覧ください。

この情報に関するお問い合わせ先

総務部:市税総務課 税制係

電話番号:0465-33-1341


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) Odawara City, All Rights Reserved.