新・北条五代記

梅の収穫を待つ曽我の梅林

梅の収穫を待つ曽我の梅林

小田原に梅が急速に増加したのは、日露戦争後の明治40年(1907年)以降である。
需要の増加と戦争記念事業として苗が配布されるなどがその原因で、集団的に栽培されたのは、小田原城付近の小峰、谷津、下曽我等であるが、小峰が住宅地となってその姿を消した。
品種は、明治時代は白加賀、紅加賀、豊後、青軸、養老、紅梅などであったが、現在は、白加賀、杉田、十郎、曙などがその中心となっている。

識別子 ODA20120218
年代 1964(昭和39)年
地域 川東北部地域
撮影場所 小田原市 曽我梅林
カテゴリ 産業・観光
自然・環境
関連キーワード 収穫曽我梅林梅干し富士山梅まつり

この情報に関するお問い合わせ先

企画部:広報広聴課

電話番号:0465-33-1261
FAX番号:0465-32-4640


小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) Odawara City, All Rights Reserved.