小田原市

よくある質問

質問と回答の一覧

質問 回答概要
小田原市内には、どのような文化財がありますか。 国指定8件、国指定無形文化財の総合認定保持者1名、県指定24件、市指定112件、国登録23件、小田原ゆかりの優れた建造物認定4件があります。
自分の土地が遺跡内かを調べるにはどうすればよいですか。 文化財課にお問い合わせください。なお「小田原市遺跡分布図」を窓口で配布しています。
出土品は、誰の物になりますか。 出土品は遺失物として取り扱われ、神奈川県教育委員会が文化財と認め、所有者が判明しない場合は県の所有物になります。
発掘調査の結果は、どのように活用されているのですか。 発掘調査が終わると、その記録と出土資料は整理され、報告書としてまとめられ、公開されます。 また、出土資料は文化財資料として展示などで活用されることになります。
発掘調査の費用は誰が負担するのですか。 個人住宅の場合はお施主様の費用負担はありません。アパート、建売住宅、事業用建物については事業者負担になりますが、個人事業者の場合は国庫補助がある場合があります。
発掘調査を行う場合、どれくらいの費用と期間が掛かるのですか。 場所や工事内容、遺跡の性格によって様々です。
遺跡内で建築等をする場合、必ず発掘調査をしなければいけないのですか。 神奈川県教育委員会が遺跡に影響がないと判断した場合は、発掘調査はせずに文化財課職員の工事立会いになります。
遺跡内に家を建てたいのですが、何か手続きが必要ですか。 文化財保護法により神奈川県教育委員会あてに工事内容を記した届出や通知が必要になります。費用は掛りません。
小田原市では、1年間でどれくらい発掘調査が行われているのですか。 小田原市では、現在280箇所の遺跡あり、これらの遺跡内で年間約50~60件程度の試掘調査、年間約15件程度の本格調査を実施しています。
史跡の整備について、現在は、どのような整備事業を実施しているのですか。 平成23年度からは、本丸の北側に位置する御用米曲輪(旧城内臨時駐車場)の整備に着手します。史跡と緑の共生を目指し、修景的な整備を行っていきます。
小田原城はどのような整備をしているのですか。  市では、貴重な文化遺産である国指定史跡小田原城跡を保存し、活用するため、「史跡小田原城跡本丸・二の丸整備基本構想」を平成5年に定め、江戸時代の曲輪の配置を明確にすることを目標に、小田原城の整備・・・
カテゴリー不明:重要文化財等を見学したいのですが、見学することはできますか。 重要文化財等は、個人所有のものもありますので、公開しているものとしていないものがありますので、お問い合わせください。 なお、建造物については、春と秋に見学会を開催しています。また、指定文化財の公・・・
小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.