新・北条五代記

石垣山一夜城(本丸跡)

石垣山一夜城(本丸跡)

石垣山一夜城(本丸跡)

天正18年(1590)年3月1日、秀吉は15万に及ぶ大軍を率いて京都を出発した。質量ともに勝る秀吉群の前に、北条軍はつぎつぎと敗退し、同年4月5日、秀吉は北条氏の氏寺早雲寺に入り、そこを本陣に石垣山城の築城を開始し、長期戦の構えに入った。
小田原は、海も山も秀吉軍に囲まれた。戦いが長引くに連れ、北条軍の中に動揺が生まれた。7月5日、ついに氏直は秀吉の軍門に下り、同月11日、氏政、氏照兄弟は切腹、同月13日、秀吉は小田原城に入った。早雲よりおよそ100年にわたる北条氏の治世も、ここに終焉を迎えた。

識別子 ODA20120066
年代 不明
地域 中央地域
撮影場所 小田原市早川
カテゴリ 文化
産業・観光
自然・環境
関連キーワード 石垣山一夜城本丸史跡北条氏豊臣秀吉


この情報に関するお問い合わせ先

広報広聴室

電話番号:0465-33-1261
FAX番号:0465-32-4640

パソコンからのお問い合わせは次のリンクから

広報広聴室へのお問い合わせフォーム

広報広聴室のページはこちら


小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) Odawara City, All Rights Reserved.