高田浄水場再整備事業について

新着情報
令和4年7月19日 紹介動画を掲載
令和4年11月29日 進捗状況写真を掲示(地質調査、試掘調査)
令和4年12月27日 SPCの設立について

高田浄水場再整備事業について

高田浄水場は、小田原市水道事業が供給する水道水のうち、約86%を浄水処理している基幹施設です。
昭和44年の供用開始から、高度経済成長期の人口増加に対応するなど、市民生活や地域経済の発展に寄与してきました。
供用開始から52年が経過し、近年築造した一部施設を除くほぼ全ての施設において、求められる耐震基準が満たされていません。また、節水機器の普及などから水需要は減少しており、施設の1日の浄水能力80,000m3/日に対して令和2年度の浄水実績は1日最大約59,000m3/日で、今後もその差がさらに大きくなると想定されます。 
本事業は、耐震化の早期実現、将来の水需要に対応した施設規模の適正化を目的として、新たな浄水処理方式(膜ろ過方式)を採用し、設計・施工・運転維持管理を一括して発注するDBO(Design Build Operate)方式により実施します。

高田浄水場再整備事業の紹介動画

ドローン空撮と3D-CADによる高田浄水場再整備事業の建設工事完了までの様子を動画で紹介しています。
高田浄水場が生まれ変わるまでの様子を45秒でご覧いただけます。

完成予想図

浄水場敷地を南東方向から富士山を望む鳥瞰図(ちょうかんず)です。
完成予想図(南東から)

事業予定スケジュール

設計建設業務は、令和4年度から調査設計に着手、令和5年度末から建設工事に着手し、令和9年12月から新施設での浄水開始を目指します。
運転維持管理業務は、第1期として令和5年度から既存の急速ろ過方式の業務を開始し、新施設での浄水開始後を第2期として膜ろ過方式での業務を令和29年度まで実施します。
予定スケジュール

SPCの設立について

SPCロゴ
事業者は高田浄水場のほか、配水池や水源地などの場外施設の運転管理や
保守点検、水質管理などの業務を行うSPC※を設立しました。

商号:水とおだわら株式会社
本店:神奈川県小田原市鬼柳172番地9
会社成立の年月日:令和4年12月6日

※SPC(Special Purpose Company)
 当該事業を行うためだけに設立する特別目的会社で、25年間という長期の
 維持管理期間中の水道供給の継続性を担保するために設立を求めています。
 このSPCには事業グループの構成企業(7企業2組合)が出資しています。

進捗状況写真

令和4年11月

R0411_地質調査
設計に必要となる資料を収集するため、ボーリングや物理・力学試験などの地質調査を行っています。
左の写真は、新たに建築物を建設する予定の高田運動広場跡地で調査を行っているところです。
R0411_試掘状況
高田浄水場内にある既存埋設管や障害物などの位置や深さを確認するため、試掘調査を行っています。
左の写真は、高田浄水場から久野配水池への送水管を調査しているところです。

所在地

地図を表示

大きい地図を表示

   からの 

この情報に関するお問い合わせ先

上下水道局:水道整備課(小田原市高田401) 施設再整備係

電話番号:0465-41-1225

この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

ページトップ