自動車の臨時運行許可(仮ナンバー)制度について

  • 新型コロナウイルス感染防止のため、火曜日の窓口延長(午後5時から午後7時まで)を一部変更し、第2火曜日と第4火曜日に実施します。

    【今後の実施日】
      10月13日(火)、10月27日(火)
      11月10日(火)、11月24日(火)
      12月8日(火)、12月22日(火)

自動車の臨時運行許可は、道路運送車両法(以下「法」という。)に基づき、未登録の自動車の新規検査・登録や車検が切れた自動車の継続検査のために回送を行う場合その他特に必要がある場合に限り、その運行経路の最寄りの地方運輸局長、市及び特別区の長並びに政令で定める町村の長(以下「行政庁」という。)が行うものです。
※小田原市が運行経路上にある場合のみ小田原市で申請可能です。
※許可を受けた車両、目的、経路及び期間以外は運行できません。

【自動車臨時運行許可申請書の書式変更】

  • 国の規制改革実施計画に伴い自動車臨時運行許可申請書に統一書式が定められたことから、小田原市においても令和2年10月1日(木)から統一書式の使用を開始しました。
    <主な変更点>
     ○押印が不要になりました。
     ○申請人と窓口に来る人が異なる場合は、窓口に来る人の住所・氏名の記入が必要になりました。
     ○申請人が法人・個人に関わらず、窓口に来る人の本人確認書類の提示が必要になりました。

申請方法

申請場所

 市役所市税総務課(2階8番窓口)
 ※マロニエ住民窓口、いずみ住民窓口、こゆるぎ住民窓口及びアークロード市民窓口ではお取り扱いできません。

受付時間

 月曜日から金曜日までの午前8時30分から午後5時まで
 ※土日休日、年末年始のお取り扱いはしていません。
 ※毎週火曜日(休日及び年末年始を除く)は、午後7時まで取扱時間を延長しています。
  ⇒新型コロナウイルス感染防止のため縮小しています。詳しくは当ページ冒頭をご確認ください。

申請書

自動車臨時運行許可申請書  ワード形式 :27.4KB


自動車臨時運行許可申請書  PDF形式 :223.4KB


申請の際に必要なもの

  1. 自動車を確認するための書類(写し可)
    それぞれ次の書類の提示が必要です。
    ア. 登録されている自動車:自動車検査証(例:車検切れ)
    イ. 登録が抹消されている自動車:登録識別情報等通知書(一時抹消証明書)
    ウ. 輸入自動車:通関証明書等
    エ. 検査証を返納した検査対象軽自動車又は二輪の小型自動車:自動車検査証返納証明書
    オ. 型式指定自動車の新車:完成検査修了証
    カ. 型式指定自動車以外の新車:メーカー発行の譲渡証明書又は製作証明書
  2. 臨時運行期間中に有効である自動車損害賠償責任保険(共済)証明書の原本
  3. 窓口に来る人の身分証明書(運転免許証・健康保険証等)
  4. 手数料 750円

注意事項

  1. 運行期間について
    運行期間は、5日間を限度とします。運行の目的・経路等から判断して必要最小限の日数(実際に車を運行する日のみ)を申請してください。
    ※車検で利用される場合は、事前に車検場の予約をし、運行日を確定してから申請してください。
  2. 申請日について
    原則として運行期間の初日。
    ただし、早朝からの使用等の理由により、当日の申請では運行に間に合わない場合は前日(前日が市役所の閉庁日の場合は、直前の開庁日)に申請してください。
  3. 自動車損害賠償責任保険について
    保険の契約期間の終期が最終日の正午までとなっている場合には、契約期間最終日については、許可できません。
  4. 返却期間について
    許可証と臨時運行許可番号標(仮ナンバー)の返却期間は、有効期間の末日から5日以内です。
    使用後は速やかに返却してください。なお、郵送により返却することもできます。
    返却先 〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地 小田原市役所市税総務課宛
    返却期限経過後も未返却の場合には、返却されるまで次回の許可を保留します。
    また、未返却の場合には法第108条の規定により、6月以下の懲役又は30万円以下の罰金に処せられることがあります。
  5. 亡失・毀損した場合
    臨時運行許可番号標(仮ナンバー)を亡失した場合、亡失した地域を管轄する警察署にその旨を届け出て、受理番号の交付を受けた後、小田原市役所市税総務課(2階8番窓口)に届け出てください。
    その際、 弁償金1,000円が必要です。
    また、臨時運行許可番号標(仮ナンバー)を毀損、運行許可証を亡失・毀損した場合にも市役所市税総務課(2階8番窓口)へ、届出書を提出していただきます。
  6. 運行経路について
    臨時運行許可を行う行政庁は、運行経路最寄りの行政庁です。
    小田原市が運行経路上にない場合は、運行経路上の最寄りの行政庁で申請してください。
    なお、県内では各市のほか愛川町、寒川町、大磯町、二宮町、松田町及び湯河原町が臨時運行許可を行う行政庁です。
  7. 臨時運行許可対象車と臨時運行許可対象外自動車等
    (1)臨時運行許可対象自動車は、次のとおりです。
    ・自動車登録ファイルに登録を受けなければならない自動車(法第4条)
     ア.普通自動車
     イ.小型自動車(二輪の小型自動車は除く)
     ウ.大型特殊自動車
    ・国土交通大臣の行う検査を受けなければならない自動車(法第58条)
     ア.前項の自動車
     イ.二輪の小型自動車
     ウ.検査対象軽自動車
    (2)以下のものは、臨時運行許可対象外の自動車等です。
    ・検査対象外軽自動車
     二輪の軽自動車、カタピラ及びそりを有する自動車、二輪の軽自動車又は小型特殊自動車により牽引される被牽引自動車である軽自動車
    ・小型特殊自動車
     最高速度15km/h以下の自動車(フォークリフト等)又は最高時速35km/h未満の農耕作業自動車(農耕トラクタ等)など
    ・登録する意思のない自動車
     専ら道路以外の場所(工場内、工事現場、山林等)で使用する自動車又は保有のみを目的とする自動車(クラシックカー等)など
    ・登録できない自動車
     大型建設機械、大型農業用機械、レーシングカー、バギー等で構造上登録できない自動車
    ・原動機付自転車
  8. 臨時運行許可の期間延長について
    既に取得された臨時運行許可の有効期間の延長は、いかなる場合でも行うことができません。
    有効期間を超えて、なお、臨時運行が必要な場合には、再度許可申請をしてください。
    その際に必要なものは初回の申請と同様であり、省略できるものはありません。
    また、必要書類がお手元になく、小田原市での再度の許可申請が困難な場合には、現に自動車(必要書類)がある、他の行政庁で許可申請をしてください。

最終更新日:2020年10月01日


この情報に関するお問い合わせ先

総務部:市税総務課 税制係

電話番号:0465-33-1341


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

住民税試算システム紹介ページへリンク

無尽蔵プロジェクト・ブログ

よくある質問

このページに関連する「よくある質問」はありません

よく閲覧されるページ

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) Odawara City, All Rights Reserved.