市長の日記

市長の日記

[1]   2   3   4   5   >>   [最後]
2019年12月27日(金)

「地域人」取材、ソーシャルワーク、歳末火災特別警戒ほか

 25日、朝一番で全印刷局労働組合小田原支部執行委員長の山口さんと青年女性対策部長の山村さんが来室され、市社会福祉基金へのご寄付を頂きました。毎年この時期に、印刷局小田原工場の中で有志の皆さんから募金を集めて頂いており、平成2年から毎年続けられ今年が28回目、累計で360万円を超えてきました。この日は市からも感謝状をお渡しし、積年のご厚意に感謝の意をお伝えしました。

続きを読む...

2019/12/27 12:24 | 未分類

2019年12月26日(木)

新斎場視察、永年勤続感謝状、清閑亭

 24日、斎場の整備状況を視察しました。7月1日より既に稼働している火葬棟の内外、旧火葬棟や仮設待合所を取り壊して整備が進んだ駐車スペース、来年3月末までかけて整備を行う進入路を、それぞれ確認しつつ、作業や運営の状況などについて担当職員や斎場運営スタッフから説明を受けました。

続きを読む...

2019/12/26 11:54 | 未分類

2019年12月25日(水)

ドローン協定締結、森里川海チームほか

 20日、市役所にて「小田原市での災害等におけるドローンを活用した調査研究・支援活動に関する協定締結式」が行われました。これは、災害発生時の災害情報をドローンで収集し地図情報に反映させる活動を行っているNPO法人クライシスマッパーズ・ジャパン、ドローンスクールを開講し複数のドローンを保有している小田原ドライビングスクール、そして小田原市の3者が提携し、災害発生直後の市内の被災状況をドローンで短時間かつ効率的に収集、その後の復旧や救助活動に役立てるために連携する協定。既に全国各地の自治体と協力実績のあるクライシスマッパーズ・ジャパンは、過日の台風15号や19号の際にも千葉や相模原でドローンによる空撮を行い、当該自治体の救助や復旧活動に貴重な情報提供を行っています。
 長時間の飛行が可能な固定翼ドローン(飛行機型)で市域全体を空撮し、回転翼ドローン(ヘリコプター型)で局所的な被災の詳細な把握ができます。災害で道路が寸断され車両での被害把握活動に制限が生じること、また山間部なども含め市域全域の被害状況把握には人数と時間を要することを考えると、ドローンで効率的・省力的に被害状況を直ちに把握できることは、極めて意義のあることです。市側でもドローン操縦技術の習得について検討を進めるなど、この協定を活かして災害対応力を高めていきます。

続きを読む...

2019/12/25 13:46 | 未分類

2019年12月24日(火)

キッズマラソン、スポーツ推進委員祝賀会 ほか

 市議会一般質問の中日となった 15 日は、各所での諸行事を廻らせて頂きました。
 朝一番は、小田原アリーナ周辺で行われた「第10回 おだわらキッズマラソン大会」。薄曇りで冷え込みも弱い好コンディションの中、 1700 名を超える参加者で賑わいました。マラソン人気を反映し年々参加者が増加、昨年度から年に 2 回の開催となっても、なおエントリーが増えています。特に親子の部は大人気で、今回も 400 組近い親子連れの皆さんが参加。スターターを務めたあと、皆さんに「がんばれー!」と声をかけて送り出しました。今年から、小学校 1 年生から 6 年生まで毎年参加すると皆勤賞が出ることになりましたので、ぜひ成長を確かめる意味でも毎年続けて参加してほしいと思います。

続きを読む...

2019/12/24 11:01 | 未分類

2019年12月23日(月)

脱炭素型地域エネルギーシステム

 11月29日から続いていた市議会12月定例会が、19日をもって閉会。提出した各種議案は全て可決承認され、安堵いたしました。一般質問では、質問を行った21名の議員諸氏のほとんどから台風19号に関する質問が出され、さながら防災議会といった状況に。様々な課題が共有され、今後にしっかりと活かしていくことになります。深刻な被害を受けた酒匂川スポーツ広場の復旧について追加補正予算承認を受け、直ちに修復工事に入り、来年3月末までには復旧を完了させる予定です。
 市議会定例会前には、公営事業部(競輪場)職員の事業資金横領事案について、改めてお詫びをさせて頂きました。数年来、コンプライアンスの取り組みには全庁をあげて取り組んできたつもりでしたが、こうした事案の発生を防げなかったのは、そうした取り組みが一人ひとりにまで徹底できていなかったことの証左であります。犯罪に繋がる行為が物理的にできない状況を確立すること、職員一人ひとりの心に届くよう意識の徹底を進めること、問題を抱え込んだ職員を一人にしないことなど、いずれも自分事として取り組むよう、既に庁内に強く指示しました。
 一般質問前の11日、UMECOにて「EVを活用した地域エネルギーマネジメントモデル事業に関する第1回連絡会議」を開催しました。この事業は、環境省より「脱炭素イノベーションによる地域循環共生圏構築事業」の採択を受け3年間に渡り実施するもので、小田原市をはじめ県西エリアにEV(電気自動車)100台を配備し、地域由来の再生可能エネルギーによるEVカーシェアリング事業を行うことにより、域内事業者や観光客などによる移動交通の脱炭素化を進めるとともに、これらEVを「動く蓄電池」として遠隔管理することで、災害時には非常用電源として、必要な箇所に配置し電源化、地域の災害対応能力の向上にも資する、というモデル。

続きを読む...

2019/12/23 13:53 | 未分類

2019年12月10日(火)

青少年のつどい、早雲公顕彰事業クロージングほか

 7日は首都圏でも初雪が予想され、小田原では終日の寒い曇天となりました。生涯学習センターけやきでは、今年で18回目を迎えた「青少年と育成者のつどい」が開催されました。
 第1部では、「中学生の主張発表」。市内12の中学校から応募があり優秀賞を受賞した生徒の皆さんが、演台で次々と作文を披露してくれました。世界にある苦しみや生きづらさを自分事として捉えること、部活動を通しての成長、性的マイノリティの社会的受容、オリパラを契機にしたチャレンジ、自治会との関わり合い、自分の夢を追い続けること、偏見をなくすためのメディアリテラシーの重要性、祖母の介護にまつわる後悔、夏休みの過ごし方に関する提案、リーダー論、高齢化社会との向き合い方、周囲への思いやりの心、など多岐にわたるテーマで、それぞれが自分の心に正面から向き合い、しっかりとした考えで意見を述べている姿は、実に頼もしく、感銘を受けました。
 第2部は、表彰式。優良青少年団体、青少年育成推進者、青少年育成功労者の区分で、それぞれ長年地域で活動されてきた皆さんを表彰させていただきました。これから益々、地域全体で青少年の育成を支えていかねばならない時代となる中で、皆さんの活動に改めて感謝の思いをお伝えしました。

続きを読む...

2019/12/10 11:39 | 未分類

2019年12月09日(月)

HGV、スポーツ表彰、車窓の会ほか

 5日午前中、ヒルトン小田原リゾート&スパを訪ねました。ワラビーズが利用したトレーニングジム施設と、来年から建設が始まる滞在型リゾート施設「ヒルトン・グランドバケーション(略称:HGV)」のモデルルームの視察です。
 宿泊者および一般向けのトレーニングジムは既に多くの会員に利用されていますが、ワラビーズの受け入れに当たりヒルトンではかつて飲食用に使われていたスペースを全面改装、本格的なウェイトトレーニングなどができるプロ仕様のトレーニング施設を設置。屈強なワラビーズの選手たちにたいへん喜ばれていました。W杯終了後、この施設も会員制として開放されています。一通りご案内いただき、ここでトレーニングしたら相当に鍛えられるであろうと実感。試みに、50㎏のダンベルを片手で持ち上げようとしましたが、さすがにムリでした・・・。ワラビーズのキャンプ受け入れ後、国の内外からスポーツ系団体のトレーニングキャンプ利用のオファーが複数入るようになっているとのこと。抜群の環境とサービス、最高のトレーニング設備により、益々需要が高まることでしょう。

続きを読む...

2019/12/09 13:52 | 未分類

2019年12月06日(金)

オリーブ報告、関東学院大学講義

 4日、市内でオリーブ栽培を手掛けておられる小野澤藤一さんと林文雄さんが来室、今年の収穫についてご報告を受け、製品である新漬けとオイルを頂きました。

続きを読む...

2019/12/06 13:15 | 未分類

2019年12月05日(木)

SDGsアドバイザー、遠州森町ほか

 2日、まちづくりに意欲的に取り組む若手経営者たちの集まりである「公益社団法人小田原青年会議所(JCI)」の、令和2年度の役員の皆さんに事前挨拶にお越しいただきました。新理事長となる一寸木慎也さんを筆頭に、副理事長4名、専務理事、事務局長の皆さん。新しい年度のスローガンは、”BeYourDream”、一人ひとりの夢を実現することで、より良いまちの姿を目指そうという理念です。過日行われた中学生議会もたいへん有意義でしたが、来年も様々な取り組みにおいて協働を進め、大活躍して頂きたいと思います。

続きを読む...

2019/12/05 13:28 | 未分類

2019年12月04日(水)

オレンジウェディング、まちカフェ、土木遺産ほか

 30日は、前日の雨から一転、素晴らしい晴天に恵まれました。
 開業から1週間が経過した漁港の駅TOTOCO小田原では、大勢の来客で盛況。これまでのところ、TOTOCOを起点とした渋滞の発生もなく、各フロアとも好評のようで、安堵しました。この日はテレビ東京の「ワールドビジネスサテライト」の取材が入り、金城駅長と共に私も対応。各売り場を案内したのち、真っ青な相模湾を背景にインタビューに応じました。放映は12月の下旬のようです。

続きを読む...

2019/12/04 11:41 | 未分類

[1]   2   3   4   5   >>   [最後]

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) Odawara City, All Rights Reserved.