2022年春 旧片浦支所がワークプレイスに生まれ変わる

東京から約50分、JR東海道線根府川駅から徒歩3分の相模湾を一望する丘に建つ旧片浦支所を、自然に囲まれて働くことができるワークプレイスにリノベーションするプロジェクトが始まっています。

もと村役場があなたのオフィスになるかも!?
鳥瞰

▲海と広い空のパノラマが味わえるロケーション

旧片浦支所は、旧片浦村の役場として昭和28年に建設されました。
翌29年の小田原市への合併以降は、小田原市の支所として愛されてきた建物です。
平成31年3月にその役目を終え、空き家となっていました。

一方で、新型コロナウイルスが流行し、新しい生活様式、テレワークなどの新しい働き方が一気に浸透
東京から新幹線で35分の小田原は移住先として注目され、市への移住に関する問い合わせも増加しています。

そこで、駅近で自然に囲まれ眺望も素晴らしい!この旧片浦支所を、コワーキングスペースやシェアオフィスなどにリノベーションして、小田原が新しい生活様式を取り入れた暮らしにぴったりの場所であることをPRしていくこととしました。
窓から海

▲1Fからも海がよく見え、ついぼーっと眺めてしまう

とは言え、市では建物の維持が難しくなり廃止をした支所です。
築65年を超える上、活用には制限も多い市街化調整区域に立地しています。

市の力だけでは再生が難しい…。

そのため、市と民間事業者が協議を重ねて事業を作り上げていくための制度である「民間提案制度」を新設しました
民間事業者のみなさまのお力をお借りして、旧片浦支所を小田原の魅力を生かしたワークプレイスに再生することを目指しています。
室内窓

▲時の流れと温かみを感じる室内

市では現在、旧片浦支所を利活用していただける民間事業者のみなさまからのご提案を募集しています
7月中頃には、実施に向けて取り組んでいく提案が決定する予定です。

リニューアルオープンは、2022年春の予定。

旧片浦支所がどのような場所に生まれ変わるか、ぜひ引き続きご注目ください!!
1F
2F

外

▲リニューアル後のイメージ(市作成)

最終更新日:2021年03月25日



この情報に関するお問い合わせ先

企画部:公共施設マネジメント課

電話番号:0465-33-1305


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) Odawara City, All Rights Reserved.