神奈川県が担うおだわらの都市基盤

市内の道路、河川及び公園などの都市基盤は、本市が直接、整備・維持管理を実施している事業と、本市からの要望により神奈川県が実施している事業があります。
県の事業には、足柄平野の軸となる広域的な幹線道路や二級河川、広域公園の整備のほか、急傾斜地の崩壊対策や砂防・海岸事業などがあります。
これらの県の事業も本市の重要な施策の一つとして捉え、地先自治会や関係者との調整を図るなど、事業が円滑に進むよう促進に努めています。
このページでは、県の実施機関である県西土木事務所小田原土木センターが進めている様々な事業を紹介していきます。
 

道路
〈役割〉街の骨格づくり、渋滞の緩和など

①都市計画道路穴部国府津線

事業区間

昭和53年度に国府津側から着手し、平成23年度に蓮正寺までの約5.6kmが開通しています。現在、地元関係者との調整を進め、蓮正寺から終点の穴部までの約900mの区間で約6割の用地取得に協力いただいております。令和4年度も引き続き用地取得が進められます。


②都市計画道路城山多古線・小田原山北線

事業区間

昭和60年度に城山側から着手し、平成24年度に久野まで約2.1㎞の整備が終わりました。現在、久野・多古境をトンネルでつなぎ、終点の穴部までの約1.0㎞の区間で約9割の用地取得に協力いただいており、穴部側では工事も進められています。また、令和3年度には、久野側の埋蔵文化財調査が完了しました。令和4年度も、引き続き、用地取得とトンネル工事に向けた準備が進められます。


③都市計画道路小田原中井線

事業区間

平成12年度の羽根尾土地区画整理事業に合わせ、平成23年度に上町までの約550mの整備が終わっています。現在、前川の国道1号橘インター入口から羽根尾までの約830mの区間で事業が進められており、令和3年度末には、羽根尾土地改良区(農業ゾーン)の工事を完了しました。現在、全体の約1割の用地取得に協力をいただいております。令和4年度も引き続き、用地交渉が進められます。


道路関係計画

神奈川県による市内の都市計画道路の整備は、「かながわ交通計画」、「かながわのみちづくり計画」に基づき、進められています。

【かながわ交通計画】 
2040年代前半までの総合的な交通ネットワークの形成をめざし、神奈川における望ましい都市交通を実現するための交通施策の基本的な方向を示した計画です。

【かながわのみちづくり計画】
かながわ交通計画を踏まえ、2016(平成28)年度から2025(令和7)年度までを計画期間とし、道路整備計画、道路活用計画及び道路維持管理計画をとりまとめた総合的な実施計画です。
   

河川
〈役割〉大雨時の住宅への浸水被害の軽減など

④二級河川山王川改修事業

事業区間(富士見橋から上流)

昭和42年度に国道1号山王橋から着手し、平成21年度に富士見橋までの約2.1㎞が整備済みです。現在、富士見橋から小田急線橋りょう上流までの約200mの区間で、川幅を広げる改修工事を進めています。令和4年度は、小田急線橋りょう架替え工事のための準備工事として、小田急電鉄による仮線路工事が予定されています。この区間が完了次第、残る終点の星山橋までの約1.8㎞について、順次整備が進められます。


⑤二級河川森戸川改修事業

事業区間(天神橋から上流)

平成8年度に国道1号親木橋から着手し、平成26年度に天神橋上流までの約350mが整備済みです。現在、天神橋上流から第一森戸橋までの約300mの区間で川幅を広げるための用地取得が進められています。令和4年度も、引き続き用地取得が進められていきます。この区間が完了次第、終点の関口川合流地点までの約500mについて、順次整備が進められます。


⑥二級河川の堆積土砂の掘削

堆積土砂の掘削(酒匂川)

大雨などの出水時に水面が周囲より高くなる酒匂川や狩川では、通水断面をしっかりと確保しておくことが重要です。令和4年度も、引き続き、河道を調査し、土砂の堆積が著しい箇所から順次掘削作業が実施されます。


海岸
〈役割〉台風などの高潮高波による被害の軽減など

令和元年10月に襲来した台風第19号により、東町や国府津、前川では家屋などへの損壊被害が多発しました。これを受け、県では「神奈川県水防災戦略」を策定し、高潮高波対策を計画的かつ重点的に進めていきます。

⑦国府津海岸

海岸堤防
養浜

護岸かさ上げ
国府津海岸の養浜

平成25年度から着手した海岸護岸の嵩上げ工事は、約800mの区間で海岸護岸の嵩上げ工事が進められ、全ての整備が完了しました。今後も引き続き、高波高潮対策の検討が進められます。

⑧前川海岸

今後、約1.4kmの区間で海岸護岸の嵩上げを計画しています。今後も引き続き、高波高潮対策の検討が進められます。
※東町の山王川河口部についても、高潮高波対策の検討が進められます。

最終更新日:2022年05月16日



この情報に関するお問い合わせ先

建設部:建設政策課 国県事業促進係

電話番号:0465-33-1529


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) Odawara City, All Rights Reserved.