広報おだわらアーカイブ

広報小田原 1210

令和2年2月の一覧へ戻る

広報小田原 1210表示画像

広報小田原 1210

令和2年2月1日 発行

広報小田原第1210号
令和2年2月1日発行

#01 変わる図書館 変わらぬ思い
#02 図書館は新たな体制に 小田原市立図書館(星崎記念館)閉館 3月31日火曜日
#03 Think MIRAI 小田原から未来を考える
#04 〈連載〉キラリ若人
#05 命を支える 小田原市立病院
#06 〈連載〉地域循環共生圏の実現に向けて
#07 〈連載〉小田原市の「働く場」。 これがわたしのお仕事です
#08 女性の働きやすさを求めて 小田原は女性の活躍を応援します
#09 〈連載〉おだわら市民学校 授業見学
#10 おだわら情報
#11 くらしのガイド おだわらいふ「お知らせ」
#12 くらしのガイド おだわらいふ「募集」
#13 くらしのガイド おだわらいふ「相談」
#14 くらしのガイド おだわらいふ「イベント」
#15 くらしのガイド おだわらいふ「こども」
#16 くらしのガイド おだわらいふ「スポーツ」
#17 くらしのガイド おだわらいふ「健康」
#18 〈連載〉高齢者自立支援ケアマネジメント おしえて! はっするきゃっする
#19 〈連載〉悪質商法の最前線 私は、だまされんぞう!
#20 〈連載〉至誠・市政


PDF版

テキスト版

====================
#01 変わる図書館 変わらぬ思い
====================
開館時の星崎記念館を中庭から
郷土作家の美術展
児童室(昭和30年代)
星﨑定五郎

星﨑定五郎という人物を知っていますか。

明治12年、定五郎は市内矢作に生まれました。まじめで勤勉な定五郎でしたが、家は貧しく、大変な苦労を重ねました。
 青年になり、生活を変えるため、渡米。排日運動や日米が敵対した太平洋戦争といった苦難を乗り越え、貿易会社を興し、カリフォルニアで最も成功した日本人移民の一人と言われるまでになりました。

―子どもが誰でも自由に勉強したり、楽しんだりできるように―

 幼少期、貧しく、思うように勉強ができなかった定五郎は、そう願い、アメリカから日本に戻ってきた後、昭和33年、小田原市に5万ドル(当時の日本円で約1,800万円)を寄附しました。
 翌年、この寄附金を基に、児童文化館と市立図書館を併設した建物が、小田原城址公園内に完成。建物は、定五郎の名を冠して「星崎記念館」と名づけられました。

 今でも皆さんが、市立図書館として親しんでいる星崎記念館。60年以上の月日が流れ、老朽化が進んでいます。今年、星崎記念館は閉館し、小田原市の図書館は新たな体制で再スタートします。

 「人々が学び、集う施設でありたい」という、変わらぬ思いとともに。

1月1日現在 小田原市の人口 190,022人 81,917世帯
【WEBID】 【ID】:市ホームページのサイト内検索に入力すると詳細を表示します。
(C)小田原市2020-2

====================
#02 図書館は新たな体制に 小田原市立図書館(星崎記念館)閉館 3月31日火曜日
====================
【問】市立図書館   電話 0465-24-1055
小田原市立図書館(星崎記念館)は、永年の役目を終え、3月31日に閉館します。
図書館としての役割は、かもめ図書館と、現在建設中の小田原駅東口再開発ビル広域交流施設「ミナカ小田原」内に開館する小田原駅東口図書館に引き継がれていきます。

--------------------
市立図書館閉館に伴う貸し出し・返却
--------------------
【WEBID】 P28448

項目/期限
市立図書館での貸し出し/3月31日火曜日まで
市立図書館での返却/3月31日火曜日まで
市立図書館ブックポストの利用/4月14日火曜日まで
予約受付/市立図書館で受け取る場合/3月20日祝日まで ※予約者が多い本の受け取りは、かもめ図書館などの他の図書施設でお願いします。
予約受付/市立図書館の蔵書を市立図書館以外で受け取る場合/3月31日火曜日まで
本のリクエスト/3月31日火曜日まで ※受け取りについては、かもめ図書館などの他の図書施設でお願いします。
市立図書館蔵書の検索/3月31日火曜日まで
※市立図書館の蔵書は、かもめ図書館などへの移管が終了するまで利用できません。

--------------------
市立図書館と歩んだ40年
--------------------
40年間、市立図書館で絵本の読み聞かせをしてきた「すずの会」の皆さんに話を聞きました。
 昭和55年12月、読み聞かせの活動はたった一人で始まりました。活動を続けることで、この場所で、地域の人とのつながりができ、仲間も増えていきました。読み聞かせに来てくれた子どもも大きくなっていき、成長を見られたこともうれしかったです。
 長きにわたり活動ができたのは、静かで木々に囲まれ、人の温かさがある市立図書館の素晴らしい環境があったからだと思います。
 市立図書館が閉館となってしまうことは残念ですが、すばらしい仲間と子どもの笑顔……。「何よりの宝物」をもらったことを感謝しています。これからもすずの会は、かもめ図書館などで読み聞かせの活動をしていきます。

参加した親子の声
2~3年前から利用しています。絵本の読み聞かせをきっかけに市立図書館に行くようになって、子どもが本を好きになりました。

--------------------
かもめ図書館は中央図書館に!
--------------------
 市立図書館が力を入れて収集した郷土資料を公開してきた地域資料室は、かもめ図書館内にリニューアルオープンします。そのため、かもめ図書館を一時閉館し、改修工事などを行う予定です。日程などは決まり次第、お知らせします。
 また、かもめ図書館を本市図書館行政を統括する施設に位置づけるため、正式名称を「小田原市立中央図書館」に変更します。かもめ図書館の名称は、愛称として引き続き使用します。

図書館施設のメンテナンスなどのため、4月から毎週月曜日を休館日にします。

--------------------
市立図書館 クロージングイベント
--------------------
市立図書館閉館記念講演会
【WEBID】 P04250
 小田原市立図書館の歴史や果たした役割、日本図書館史における位置づけと評価について話します。
テーマ 「星崎記念館の歩みと果した役割」
日時 3月2日月曜日 14時00分から
臨時休館日なので、通常の閲覧・貸し出しはできません。
場所 市立図書館3階学生閲覧室
定員 50人・申込先着順
講師 野口武悟さん(専修大学文学部教授)
申込 2月25日火曜日までに市立図書館に直接または電話で

--------------------
市立図書館閉館記念イベント
--------------------
 閉館する市立図書館のこれまでを振り返り、多くの人に親しまれてきた場所と役割を慈しむことができます。
 予約不要で、当日誰でも入場することができます。
日時 4月4日土曜日 10時00分~15時00分
場所 市立図書館
内容 ●閉架書庫の見学
    ●不要図書の無料配布
    ●図書館所蔵の絵画展示
    ●写真の展示・映像上映


====================
#03 Think MIRAI 小田原から未来を考える
====================
誰一人取り残さない持続可能な社会を実現するための世界共通の17の目標「SDGs」。
小田原市は、これまでの取り組みや、未来への指針が高く評価され、昨年7月、全国の先導的モデルとして「SDGs未来都市」に選定されました。
SDGsの目標のうちの一つは「パートナーシップで目標を達成しよう」。行政と民間事業者などがタッグを組み、持続可能な地域社会への取り組みをさらに加速させ、小田原から未来を考えます。
【問】企画政策課   電話 0465-33-1255 【WEBID】 P27508

--------------------
「社会」「環境」「経済」の各分野でさまざまな活動を展開しています。
--------------------
学びの場から担い手としての実践につなげていく「おだわら市民学校」
2050年の脱炭素社会構築に向け、電気自動車を活用した官民連携の取り組み
観光を切り口に水産物、農産物の消費拡大や市民と来訪者の交流を促進する「TOTOCO小田原」

--------------------
おだわらSDGsパートナー
--------------------
 昨年秋、持続可能な地域社会とSDGsの達成に向けて、市と共に取り組む企業などを「おだわらSDGsパートナー」として募集。その結果、30を超える企業・団体から登録の申請がありました。
 本市は、このパートナーと、「SDGs」を共通の価値観にして、手を取り合いながら、SDGsの理念の普及や達成のための事業を推進し、地域一体となって「持続可能な地域社会」への歩みを進めていきます。

おだわらSDGsパートナー登録式のようす

おだわらSDGsパートナー登録企業・団体 (令和元年12月末時点・50音順)
・NPO法人アール・ド・ヴィーヴル
・アソー熱工業株式会社
・FM小田原株式会社
・大塚製薬株式会社 横浜支店
・小田原ウイメンプラス
・小田原ガス株式会社
・株式会社小田原機器
・学校法人 三幸学園 小田原短期大学
・柏原総合環境会計事務所
・有限会社川田製作所
・独立行政法人国立印刷局 小田原工場
・さがみ信用金庫
・株式会社JSフードシステム
・社会福祉法人 小田原福祉会 高齢者総合福祉施設 潤生園
・湘南電力株式会社
・西湘ガス産業株式会社
・株式会社せりざわたけし工務店
・大和リース株式会社 横浜支店
・株式会社タウンニュース社 小田原支社
・竹広林業株式会社
・NPO法人 チルドリン小田原
・東京電力パワーグリッド株式会社 小田原支社
・有限会社西村モータース
・日本新薬株式会社 小田原総合製剤工場
・一般社団法人 日本リカバリー協会
・はなまる農園
・Hamee株式会社
・株式会社日立システムズ
・富士ボトリング株式会社
・株式会社古川
・ほうとくエネルギー株式会社
・報徳仕法株式会社・株式会社報徳会館
・株式会社ミクニ 小田原事業所
・三井住友海上火災保険株式会社
・三菱ケミカルハイテクニカ株式会社 小田原テクノセンター
・MeijiSeikaファルマ株式会社 小田原工場
・株式会社横浜銀行 小田原支店

おだわらSDGsパートナー引き続き、募集します!
 おだわらSDGsパートナーを次の期間で募集します。ぜひ、ご応募ください。
期間 2月3日月曜日~20日木曜日
対象 企業、大学、法人、団体
※申請要件など詳しくは、市ホームページでご確認ください。

--------------------
SDGsフォーラムを開催します!
--------------------
(1)おだわらSDGsフォーラム
(2)女性と描くおだわらのSDGs
(3)次世代と描くおだわらのSDGs 
日時 (1)2月16日日曜日15時00分~18時00分
    (2)2月22日土曜日15時00分~17時30分
    (3)2月24日休日13時00分~15時00分
場所 (1) (2) 小田原お堀端コンベンションホールA・B
    (3)小田原地下街ハルネ小田原
定員 (1)(2)150人(3)約80人 (申込不要・当日先着順)
※詳細は市ホームページをご確認ください。


====================
#04 〈連載〉キラリ若人
====================
--------------------
学校法人 明徳学園 相洋高等学校
クレイアーロン 竜波さん、高島 咲季さん
--------------------
 相洋高等学校陸上部に所属する、将来を期待される二人のアスリートがこの春、卒業のときを迎えます。
 800mを得意とするクレイさんは、昨年6月の日本陸上競技選手権大会800mで、高校生で優勝するという快挙を達成しました。高校2年生の時に同種目の日本高校記録を更新、全国高等学校総合体育大会を2年生から連覇するなど、目覚ましい活躍を見せています。
 高島さんは400mが主戦場。昨年の日本陸上競技選手権大会では、同タイムながら着差で惜しくも2位となりましたが、全国高等学校総合体育大会を2年生から連覇するなど、輝かしい実績を残しています。
 昨年、クレイさんは世界リレー、高島さんは世界陸上競技選手権大会と国際大会にも出場。大舞台での経験を重ね、成長を続けています。
 今年は、いよいよオリンピックイヤー。出場の期待は高まります。「オリンピックは自然に視野に入ってくる。出場を狙えるのであれば狙っていきたい。そのためには、自分にできることを、しっかりとこなしていきたい」とクレイさん。高島さんは、「女子4×400mリレーと混合4×400mリレーに日本が出場できるように、チームとして記録を出していきたい。そして、選手として出場できるように、目の前の一つ一つのことに精一杯取り組んでいきたい」と、それぞれ意気込みを語ってくれました。
 卒業後、それぞれ大学に進学し、さらなる高みを目指します。新たな環境での成長を誓う二人の小田原ゆかりのアスリート。世界での活躍に期待が膨らみます。


====================
#05 命を支える 小田原市立病院
====================
【問】医事課 電話 0465-34-3175
市立病院は、県西地域で唯一、地域の医療機関と連携しながら医療サービスの向上に努める「地域医療支援病院」に指定されています。
この役割を務めるため、院内では多くの職員が働いています。医師や看護師の他にも、さまざまな職種の人が市立病院を支えています。

--------------------
私たちも病院を支えています
教えて! あなたのお仕事
--------------------
メディカルアシスタント(医師事務作業補助者)
永留 恵さん
【WEBID】 P14455
Q どんな仕事をしていますか
 医師が、患者さんの治療に集中できるよう事務的な仕事のサポートをする仕事です。外来診療の時は、医師に代わってカルテの入力や検査の依頼をしたり、診察の際の話を聞いて、患者さんからの簡単な質問に答えたりすることもあります。
また、診断書など各種医療文書の作成を代行しています。

Q やりがいを教えてください
 病院では患者さんのサポートのために、医師や看護師など、さまざまなスタッフが協力して働いています。多様な医療職と連携しながら仕事を進める難しさはありますが、医療現場の質の向上に貢献する、とてもやりがいのある仕事だと感じています。

Q 働いてみてよかったことはありますか?
 「人の役に立てる」ことです。患者さんや医師、院内のスタッフから感謝の言葉をいただいた時は、働いてよかったと思います。

ナースメイト(看護補助員)
小野 順子さん
【WEBID】 P10407
Q どんな仕事をしていますか
 医療的なことは看護師さんが行います。
ナースメイトは、ベッドメイクや患者さんの移動の手伝いなど、患者さんが院内で過ごすための介助が中心です。

Q やりがいを教えてください
 体の不自由な患者さんの移動など、体力が必要な仕事もありますが、直接患者さんと接するので、感謝されることが多いです。「ありがとう」と言われると、うれしさとやりがいを感じます。

Q 働いてみてよかったことはありますか?
 大変な部分は、同じナースメイト同士で声を掛け合ったり、サポートして協力していくので安心です。最初は先輩が丁寧に仕事を教えてくれるので、すぐに仕事にも慣れ、経験がなくても安心して働けたのがよかったです。

--------------------
4月採用
市立病院職員募集! 一緒に働きませんか??
--------------------
【WEBID】 P28223 
職種/内容/月給※1/勤務時間※2
(1)メディカルアシスタント(資格不要)/医師の文書作成の補助など/月給157,000円/8時15分~17時00分(1日7時間30分)
(2)ナースメイト(資格不要)/患者さんの移送や食事介助など/月給180,000円/1日7時間30分・シフト制
(3)診療放射線技師(要資格)/一般撮影、X線TV・CT・MRIなど/月給217,000円/8時30分~17時00分
(4)臨床検査技師(要資格)/耳鼻咽喉科での聴力検査など/月給217,000円/8時30分~17時00分
(5)言語聴覚士(要資格)/耳鼻咽喉科での言語訓練など/月給217,000円/8時30分~17時00分
(6)薬剤師(要資格)/調剤、服薬指導など/月給295,000円/8時30分~17時00分
※1 月150時間勤務の場合 賞与2.6月(初年度1.69月)有
※2 希望により一部調整可、有給休暇有、週20時間以上勤務の場合社会保険など加入
◆(1)~(5)は次の条件で前倒し採用が可能です
【令和2年3月までの雇用条件】
(1)時給1,011円 (2)時給1,200円 (3)~(5)時給1,540円
申込 経営管理課(電話 0465-34-3175)に連絡後、履歴書などを直接または郵送
     (〒250-8558小田原市久野46)で

--------------------
教えて! 紹介状がないと受診できないの?
--------------------
 市立病院では、国の方針に基づきかかりつけ医と役割を分担しており、救急または高度医療を必要とする患者さんの診療を担うため、受診には原則紹介状が必要になります。
 かかりつけ医からの紹介状がなくても、小児科・外科・形成外科・脳神経外科・皮膚科・泌尿器科・産科は受診できますが、国の定める初診時選定療養費5,500円(税込)がかかります。ご理解、ご協力をお願いします。

病院長からの言葉
 市立病院では、医師や看護師、薬剤師・技師の他、今回紹介したメディカルアシスタントやナースメイトなど、さまざまな職員が協力し、患者さんの立場にたった医療を心掛けています。
 今後も医療の向上と良質で適切な医療の提供に努め、地域の皆さんから、より信頼され、愛される病院を目指します。
病院長 川口 竹男

--------------------
市立病院駐車場が有料になります
--------------------
【問】経営管理課   電話 0465-34-3175 【WEBID】 P28312
 駐車場の満車による入庫待ちと、その際に発生する県道74号の混雑を緩和し、利用者の円滑な受診を図るために、有料駐車場になります。利用者の皆さんのご理解、ご協力をお願いします。

開始時期 4月1日水曜日
区分/外来受診/お見舞い/一般
料金/最初の30分無料
料金/次の3時間 200円 以降1時間ごと 200円/以降1時間ごと 200円/以降1時間ごと 400円
料金/上限1日 1,000円/上限なし
※「外来受診」・「お見舞い」以外の人は、一般の料金になります。

利用方法
(1)有料駐車場入庫時に、入口ゲートで発券される駐車券を受け取ります。
(2)下記の「利用料金の区分の適用方法」に従い、駐車券に区分を適用させます。
(3)正面玄関入口前に設置する事前精算機に駐車券を投入し、表示される金額を支払って利用料金を精算してください。
※出口ゲート精算機での精算もできますが、混雑緩和のため事前精算にご協力ください。

【利用料金の区分の適用方法】
・外来受診  会計カウンターに設置されている機械に、駐車券を通してください。
・お見舞い  救急外来入口に設置されている機械に、駐車券を通してください。
・一般     区分の適用は必要ありません。出庫時に駐車券を精算機へ投入してください。
※送迎やタクシー運転手などの駐車されない人は、入口ゲートで発券される駐車券を受け取り、30分以内に出口ゲートから出庫してください。
※身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳および療育手帳の交付を受けている人は、利用料金が免除となります。駐車券と対象の手帳を確認させていただきます。精算前に職員にお声掛けください。


====================
#06 〈連載〉地域循環共生圏の実現に向けて
====================
~第一弾~
地域循環共生圏… 各地域が持つさまざまな資源を最大限に活用し、自立しながら、他地域ともお互いに支え合い成り立っている社会
--------------------
エネルギーの地産地消×資金の循環
--------------------
「森里川海」が連なっている自然環境は小田原市の貴重な地域資源です。本市が目指す「地域循環共生圏」は、自然環境の課題解決に関わる“人”や“資金”が循環することで、保全・活用を活発にして、自然環境を次世代へ引き継いでいくことのできる社会です。
【問】環境政策課   電話 0465-33-1473 【WEBID】 P28806

--------------------
市民と行政の枠を超えて
若手職員による検討を重ねて
--------------------
 平成29年、小田原市の若手職員により森里川海の保全・活用のための資金循環を考えるプロジェクトチームが発足。市民・活動団体へのインタビューや市民ミーティングでのアイデア収集などをして、課題解決の方法を検討してきました。
 その中で、温室効果ガスを排出せず、地球温暖化防止にも寄与する「再生可能エネルギー」に着眼。地域内で創られる再生可能エネルギーを、地域の皆さんが購入することで、資金を地域内で循環させ、その一部を自然環境の保全・活用や地域課題の解決に活用する仕組みについて、考えてきました。

 検討を進める中で、森里川海の恵みや大切さは、生活の中にある身近なことや体験を通じて、意識されるのではないかということが見えてきました。地場産品の購入や楽しい自然体験、子どものときの地域との関わりがきっかけとなり、森里川海の保全・活用などへの共感が広がっていくのではないかと考えました。
プロジェクトチーム チーフ 黄金井進一

--------------------
あなたも関わる資金の“循環”を
地域のエネルギーで、地域を元気に
--------------------
 地域で作られる再生可能エネルギーを提供し、“電力の地産地消”をコンセプトとする湘南電力株式会社の電力プランに、3月1日から「小田原市応援プラン(お結びころりんコース)」が加わります。契約者の電気料金の1%を地域貢献活動に充てている湘南電力。今回のプランでは、上府中地区で地域の居場所づくりの活動をする「お結びころりん」に充てます。
 このプランに家庭の電力購入先を切り替えることで、エネルギーの地産地消と地域内の資金循環の二つが可能になります。自然環境の保全・活用などへの共感を広げていくきっかけとして、庁内プロジェクトチームと湘南電力株式会社の協働により生まれました。
 今後もこのプランをモデルとして、私たちの生活の基盤となる森里川海の保全・活用につながる資金循環の輪を広げていきます。

応援プランの仕組み
お結びころりん
電気料金の1パーセントが活動支援につながります。

世代間交流できる“みんなの居場所”の提供

市民の皆さん
エネルギーの地産地消に参加できます。

電力の契約

湘南電力
県内で発電される電力を優先的に供給します。

電気料金の1%を充当


みんなの居場所「お結びころりん」
 安心して過ごせる遊び場が減り、一人で過ごす子どもが増えている中、気軽に立ち寄れる「ホッとできる場所」を作っています。地元の米などを使った食事を提供するなどして、子どもだけでなく地域の人が集まり、交流し、一人一人が主役になれる居場所づくりに取り組みます。


====================
#07 〈連載〉小田原市の「働く場」。 これがわたしのお仕事です
====================
vol.5 花王株式会社
市内にある事業所の持つ魅力に、迫ります。
今回紹介してもらうのは、入社6年め影島沙絵さんです
--------------------
小田原とわたし
--------------------
 小田原の劇団「チリアクターズ」に所属し、年2、3回公演をしています。小田原市には劇団が数団体あって、活動が盛んだったり、江之浦測候所など芸術を体感できる場所があったり、文化活動が盛んで心が豊かになれますね。

--------------------
お仕事紹介
--------------------
 花王株式会社は、化粧品やヘアケア・スキンケア用品、洗剤や衛生用品から飲料まで幅広い分野の日用品を生産しています。小田原事業場は、化粧品にかかわる知恵や感性が結集する、花王グループの「美」の発信拠点です。
 私は、メイクアップ研究所でファンデーションの研究・開発をしています。流行を捉えつつ、スピード感を持って、今までにない製品を生み出すことにチャレンジできるので、とてもやりがいを感じています。店頭に自分の担当した製品が並んで、お客様が手に取る姿を見ることや、使っていただいたお客様の声を聞けることがとても嬉しいですね。
影島さんの担当製品が事業場内に展示されている

企業名   花王株式会社 小田原事業場
所在地   寿町5-3-28

--------------------
ここがすごい!
--------------------
「よいコミュニケーションでよい製品」
 小田原事業場には、福利厚生施設として、飲食が楽しめる「社員クラブ」があります。新鮮なお魚など、小田原ならではの食事も楽しむことができるんです。
 仕事が終わった後すぐに利用できるので、懇親会などを開催しやすく、情報交換やコミュニケーションに役立っています。
 仕事だけではない交流も盛んなことから、職場は明るい雰囲気で、コミュニケーションをとりやすいです。よいモノづくりをしやすい環境がありますね。


====================
#08 女性の働きやすさを求めて 小田原は女性の活躍を応援します
====================
【問】人権・男女共同参画課 電話 0465-33-1725
市では、市内企業とともに、職業生活において「女性が活躍できる社会」を目指した取り組みを進めています。
働きたい女性が働くチャンスを得ること、働く女性が能力を十分に発揮し、活躍できる社会であることは、とても重要なことです。
女性の活躍は、企業にとって人材確保などのメリットも期待できます。また、企業がさまざまな視点から就労環境を整備することは、男性を含む全ての人にとって働きやすい社会の実現につながります。

--------------------
~力強い応援団~小田原市女性の活躍推進協議会
--------------------
平成30年8月に、市が立ち上げた官民協働の「小田原市女性の活躍推進協議会」。小田原で働く女性を応援しています。
「女性」がどんなライフステージにあっても、「自分らしく」働くために何が必要か検討し、その方策を提言としてまとめます。
市では、この提言をもとに、今後アクションプログラムを策定し、官民それぞれの立場で取り組んでいきます。

テーマ!
おだわら女子のリアル!
仕事や家庭をホンネで語ろう
 正規雇用、非正規雇用、育児休暇中や復帰間近など、立場は違っても、「はたらく」ということに、悩みや不安を持っている女性はたくさんいます。さまざまな背景を持つ女性たちが、日頃感じていることを語り合える「女子会」を開催しました。この中で出た「職場の理解が不可欠」「ライフステージに応じた多様な働き方をしたい」といった意見も、提言に取り入れていきます。

働きたい女性が仕事に就けるため
働いている女性が働き続けるため
働き続ける女性が能力や希望に応じてキャリアアップできるため

必要なこと…提言にまとめる!!

--------------------
女性の活躍推進シンポジウム
「すべての女性が活躍できる小田原へ」
--------------------
【WEBID】 P28640
元内閣府男女共同参画局長
名取はにわさんがやってくる!
小田原で女性の活躍を推進するために、企業は何をどう取り組むべきなのか。小田原で女子の活躍は実現するのか。
各界から招いたパネリストが小田原の女性活躍を熱く語ります。

第1部  基調講演 「女性が活躍できる社会を目指して」
講師 名取はにわさん(学校法人 日本社会事業大学理事長)
第2部  「女性の活躍推進協議会」からの政策提言発表 
第3部  パネルディスカッション
日時 2月14日金曜日14時45分~17時00分    
場所 小田原箱根商工会議所 大ホール
定員 100人程度・申込先着順
申込 人権・男女共同参画課に電話、ファクスまたはメールで
FAX 0465-33-1851 【E】jinken@city.odawara.kanagawa.jp


====================
#09 〈連載〉おだわら市民学校 授業見学
====================
Odawara Citizen School

--------------------
サポートの必要な人を支える
--------------------
地域で人を支える福祉活動に、携わることができるチカラを育んでいます。
8回めの講座では、障害者支援施設「永耕園」を見学。入所者と交流しながら、求められる支援の内容や一人一人が関わることのできる活動を知りました。また、施設だけでなく、地域で見守ることの大切さを学びました。

--------------------
地域の生産力を高める
--------------------
農業現場のさまざまな課題を学び、今の自分に可能な活動を見つけ、市民活動団体などで活動できるチカラを育んでいます。
9回めの講座では、「下曽我応援団ぷらむ」が主催する事業に参加。侵入竹林の伐採を行いました。この体験を通じて、課題に取り組む上で、一度で終わらない困難で地道な活動の必要性を知ることができました。


====================
#10 おだわら情報
====================
--------------------
9人、5団体を表彰
おだわら地域力市民力表彰
--------------------
【WEBID】 P28684  【問】地域政策課 電話 0465-33-1457
市内には、地域力を育む地域活動をしている人が多くいます。市では、平成22年度から、「おだわら地域力市民力表彰」を行い、受賞者の活動を広く紹介しています。一人でも多くの人の、「自分の住む地域の発展や活性化に貢献したい」という気持ちを育むことを目的としています。
10回めを迎える今年度は、市内14の自治会連合会から推薦された9人、5団体を、1月25日に表彰しました。

第10回 おだわら地域力市民力表彰一覧
地区/受賞者(団体)名/受賞理由
万年/亀井宏悦/自治会長として3期6年間にわたって活動し、当時、老人会が環境美化活動の一環として実施していた海岸清掃活動にも参加した。現在も、単身で清掃活動を継続している。
十字/本多邦夫/永年、防犯指導員協議会の役員として、毎月の地域防犯パトロールや街頭犯罪などの抑止活動を積極的に実践し、地域に貢献している。
早川/橋本ヒサヱ/国道135号沿いの花壇に、年2回、花苗を植えつけるボランティア活動団体のリーダーとして、永年活動に従事している。
山王網一色/末弘勝/自治会役員、公民館長として永年活動した他、小田原民俗芸能保存協会会長として、本市文化活動の向上に貢献している。
東富水/杉山次郎/自治会長として2年間活動した後、公民館長を務めた。地域のつながりの機会づくりや世代交流を図る各種団体活動に積極的に関わり、リーダーシップを発揮している。
富水/とみず向日葵会/高齢者の皆さんの健康増進や交流を図るため、啓発・交流事業を企画立案・運営している他、地域内の行事予定などを情報提供するのための広報紙を発行し、地域に貢献している。
酒匂・小八幡/大塚洋/小・中学生に対し、小八幡囃子の育成と継承を積極的に行う他、お囃子保存会を立ち上げ、納涼祭などに参加するなど、小八幡地区の文化の継承に貢献している。
下府中/大塚聡子/下府中小学校でスクールボランティアコーディネーターとして活動する他、下府中地区主任児童委員として、地域の子育てひろば「のびのびサークル」を開催している。
富士見/菊川鯉のぼり祭り会/南鴨宮第一長寿会をはじめとする多くの各種団体が協力し、毎年4月下旬頃から5月上旬頃まで、菊川堤の全長約250mの間に鯉のぼりを飾りつけている。
豊川/鈴木増一/成田消防団員を永年務めた後、豊川地区全体の防災リーダー代表として、広域避難所運営委員の主任及び地域コミュニティ組織の分科会会長を務めている。
上府中/千代学区連合子ども会/上府中地区まちづくり委員会の文化・教育分科会、健民祭、世代間交流ハイキング、敬老会への参加および支援を実施している。
曽我/曽我体育振興会/健民祭に多くの人が参加できるよう、競技種目の内容検討を進め、曽我地区の住民に対し、スポーツを通じた地域コミュニティの醸成に寄与している。
下曽我/村田和彦/自治会役員を永年にわたり引き受ける傍ら、地域の行事に不可欠な音響設備の設置・調整・保全の役割を積極的に担い、地域活動の活性化に貢献している。
橘北/橘北地区社会福祉協議会/地域内での福祉活動、福祉イベント、高齢者お花見会などの活動により、地域に貢献するとともに、まちづくり委員会にも参画している。

万年地区
海岸清掃活動をする亀井さん

富水地区
とみず向日葵会の活動のようす

富士見地区
飾りつけられた鯉のぼりと菊川鯉のぼり祭り会

--------------------
聴覚や発話に障がいのある人も
スマートフォンなどの画面で、119番通報がスムーズに
--------------------
【WEBID】 P28755 【問】情報司令課   電話 0465-49-4410 FAX0465-49-2591 【E】 jouhou@city.odawara.kanagawa.jp

--------------------
本市では4月1日から「NET119」を導入
--------------------
 NET119システムは、聴覚や発話に障がいがあり、電話で緊急通報をすることが難しい人が、携帯電話(GPS機能付き)・スマートフォンを使って、119番に通報することができるシステムです。利用するには、登録が必要です。登録を希望する人は、情報司令課へご連絡ください。
対象  小田原市消防管内在住の聴覚の障がいがある人、発話の障がいがある人
費用  無料

通報

消防

申し込みが必要!
登録説明会を開催
 「NET119」の利用登録説明会を開催します。
日時  3月7日土曜日(1)9時30分~(2)12時30分~
     3月8日日曜日(3)9時30分~(4)13時30分~
場所  (1)(2)栄町1-1-27 UMECO会議室1~3
     (3)(4)松田町松田惣領2078 松田町町民文化センター展示室
持ち物 登録する携帯電話(NTTドコモ、au、ソフトバンク、Y!mobile)、スマートフォン、またはタブレット端末(Android、iOS)
申込  2月21日金曜日までに、第3希望までの希望日時、氏名、住所、ファクス番号またはメールアドレス、身体障害者手帳の種類を書いて、情報司令課にファクスまたはメールで


====================
#11 くらしのガイド おだわらいふ「お知らせ」
====================
--------------------
災害時のドローンを活用した協定
--------------------
【ID】P28373 防災対策課 電話 0465-33-1855
市、NPO法人クライシスマッパーズ・ジャパンおよび小田原ドライビングスクールの三者で、災害時のドローン活用についての協定を締結しました。
この協定により、災害時にドローンで市域を空撮し、被害状況が確認できるようになります。

--------------------
建築物防災週間
--------------------
【ID】P16726 建築指導課 電話 0465-33-1433
多くの人が利用する建築物を対象に、その建築物に設置された避難施設などの状況や安全点検、耐震診断・耐震改修などの普及・啓発を行います。この機会に、建築物の耐震対策や防災対策を確認しましょう。
【期】3月1日日曜日~7日土曜日

--------------------
耐震セミナー・耐震相談会
--------------------
【ID】P12506 建築指導課 電話 0465-33-1433
建築士が木造住宅の仕組みや耐震化のポイントなどを解説します。セミナー後に個別の耐震相談会(簡易耐震診断など)も行います。
※耐震相談会は予約制
【日】3月5日木曜日13時30分~14時30分
【場】こゆるぎ2階こゆるぎホールA
【対】昭和56年5月31日以前に着工された木造住宅の所有者

--------------------
ごみ出しに便利なサービス
--------------------
【ID】P02430 環境政策課 電話 0465-33-1471
市では、ごみ出しに便利なサービス情報を、パソコンやスマートフォンで提供 (無料・通信料は必要)しています。
●ごみ分別辞典「ごみサク」
ごみの分別と出し方を、50音順やキーワードで簡単に検索できます。
●53cal(ゴミカレ)
地区を選択して、収集日を確認できます。また、メールアドレスと地区を登録すると、収集日の前日または当日に、お知らせメールが届きます。
サービスの利用は、検索サイトで「小田原市 ごみサク」「小田原市 ゴミカレ」で検索。または、二次元バーコードで。
ごみサク
53cal

--------------------
Jアラート全国一斉情報伝達訓練
--------------------
【ID】P26916 防災対策課 電話 0465-33-1855
【日】2月19日水曜日11時00分
【内】-上りチャイム音-
「これは、Jアラートのテストです」×3回
「こちらは、防災おだわらです」
-下りチャイム音-
※サイレンは鳴りません。
※防災メールなどでも、同じ内容を配信します。
※緊急速報メール、エリアメールの配信はありません。

--------------------
宝くじの助成で穴部公民館を建て替え
--------------------
【ID】P28351 生涯学習課 電話 0465-33-1721
(一財)自治総合センターが実施する宝くじ社会貢献事業(コミュニティ助成事業)により、自治会が管理する穴部公民館(地区公民館)を建て替えました。地域活動の拠点としてご活用ください。

--------------------
保育のしごと出張相談会in小田原
--------------------
【ID】P28513 保育課 電話 0465-33-1451
【日】2月13日木曜日13時00分~16時00分
【場】UMECO会議室1
【内】(1)保育の仕事ミニセミナー(13時00分~13時50分)
   (2)コーディネーターによる個別相談(14時00分~16時00分)
   (3)求職登録記入および受付(随時)
   (4)保育の仕事紹介ビデオなどの上映や資料の閲覧
※直接会場にお越しください。

--------------------
ごみと資源の収集日カレンダー
--------------------
【ID】P02456 環境事業センター 電話 0465-34-7325
「ごみと資源の収集日カレンダー」は地区ごとに作成し、毎年自治会を通じて配布しています。自治会加入世帯以外の人などには、3月上旬から市ホームページで掲示する他、以下の場所でも配布します。必要な地区を事前にご確認ください。
配布場所
市役所4階環境政策課、タウンセンター住民窓口、アークロード市民窓口、市民会館、尊徳記念館、国府津学習館、梅の里センター
※JAかながわ西湘の4支店(曽我、片浦、大窪、早川支店)では、所在する地域分のみ配布します。

--------------------
成年年齢引き下げ後の成人式
--------------------
【ID】P28686 青少年課 電話 0465-33-1723
民法の一部改正に伴い、令和4年4月1日から、成年年齢が20歳から18歳に引き下げられます。市では成年年齢の引き下げ以降も、従来どおり当該年度に20歳となる人を対象に、お祝いの会を実施します。

--------------------
看板許可の更新手続き
--------------------
【ID】P01746 まちづくり交通課 電話 0465-33-1593
店舗の看板などの設置には、市屋外広告物条例による許可が必要です。また、許可期間満了後も引き続き設置するには、更新手続きが必要です。許可内容をご確認ください。
3月は更新月です。該当する人は、忘れずに更新手続きをしてください。

--------------------
ふるさと納税
ワンストップ特例の注意点
--------------------
【ID】P28471 市民税課 電話 0465-33-1351
ふるさと納税ワンストップ特例を申請した人が、確定申告や市県民税申告、5団体を超える寄附をすると、ワンストップ特例は適用されなくなります。
確定申告時に、ふるさと納税を寄附金控除に含め、申告してください。

--------------------
西湘地区就職面接会
--------------------
小田原公共職業安定所 電話 0465-23-8609(41#)
市内および近隣地域の企業の人事担当者による、就職面接会を行います。
【日】2月28日金曜日
   1部 9時30分~11時30分
   2部 13時30分~15時30分
※入退場自由、申込不要
【場】小田原公共職業安定所3階会議室
【対】一般求職者(3月に大学院・大学・短大・高専・専修学校卒業予定者を含む・高校生は不可) 
【持】履歴書
参加企業 10社  
【関】産業政策課

--------------------
小田原・箱根合同企業説明会
--------------------
小田原箱根商工会議所 電話 0465-23-1811
市内や近隣地域の企業の人事担当者による、合同企業説明会を行います。
参加企業 25社程度
【日】3月5日木曜日13時00分~16時30分(受付12時30分~)
※入退場自由、申込・履歴書不要
【場】お堀端コンベンションホール
【対】令和3年に、大学院・大学・短大・高専・専修学校を卒業する予定の人を含む求職者(高校生は不可)
【関】産業政策課

--------------------
カラス・ヒヨドリの駆除
--------------------
【ID】P28670 農政課 電話 0465-33-1494
農作物に被害を及ぼすカラスやヒヨドリを、鳥獣被害対策実施隊が安全に駆除します。
【期】2月15日土曜日~3月15日日曜日の土・日曜日、祝休日
【場】市内の山間部
【問】鳥獣被害防止対策協議会事務局JAかながわ西湘(電話 0465-47-8183)

--------------------
ねんきんネット
--------------------
【ID】P28353  日本年金機構
電話 0570-058-555
「ねんきんネット」では、パソコンやスマートフォンで、24時間いつでも最新の年金記録を確認できます。また、年金の見込額を試算することもできます。
「ねんきんネット」で検索するか、URLを直接入力してください。ご利用にはユーザIDの取得が必要です。
【ホ】https://www.nenkin.go.jp/n_net/
【関】保険課

--------------------
国民年金保険料の口座振替・クレジットカード納付
--------------------
【ID】P01816 小田原年金事務所 電話 0465-22-1391
口座振替やクレジットカード納付を利用すると、納め忘れをなくし、払い込みの手間を省けます。
手続きに必要な申出書は、小田原年金事務所の他、市役所またはタウンセンター住民窓口でも配布しています。
●保険料の前納
前納(2年分・1年分・6か月分)すると、月々納付した場合より、大きく割り引かれます。口座振替で前納するには、2月28日金曜日までに手続きが必要です。
●口座振替のみで適用される割引
通常、当月分の保険料の振替は、翌月末に行われます。申し出により当月末に振替を行うと、保険料が月額50円割り引かれる「早割」が適用されます。
●各種手続き
【場】小田原年金事務所または金融機関
(口座振替の場合)
【持】(1)口座振替の場合
口座振替する預金通帳とその届け印
(2)クレジットカード納付の場合
指定するクレジットカード
(1)(2)共通
年金手帳、朱肉を使用する印鑑(本人が記入する場合は不要)
【関】保険課

--------------------
納税窓口の休日開設
--------------------
【ID】P26027 市税総務課  電話 0465-33-1345
市税の納付や納税相談にご利用ください。電話での相談も受け付けます。
【日】2月15日土曜日・16日日曜日
9時00分~16時00分
【場】市役所2階市税総務課(7番窓口)
※正面玄関からは入れません。けやき通り側の通用口(守衛室側)からお入りください。

--------------------
県西地区不動産共同公売
-------------------- 
【ID】P24219  市税総務課 電話 0465-33-1366
小田原県税事務所納税課   電話 0465-32-8000
原則どなたでも参加できます。
【日】2月20日木曜日13時30分~(開場12時30分)
【場】小田原合同庁舎2階2F会議室
【公売物件の概要(本市実施分)】
土地2件・土地建物3件・区分所有建物1件・借地権付建物1件
※事情により、中止する場合があります。
※詳しくは、市税総務課にある書類または市ホームページをご覧ください。

--------------------
市税の納付は便利な口座振替で
--------------------
【ID】P01908 市税総務課 電話 0465-33-1341
市税の口座振替を、令和2年度から希望する場合は、2月28日金曜日までにお申し込みください。
【申】●金融機関窓口 納税通知書または納付書、通帳、口座届出印を持参し、所定の申込用紙で
   ●郵送 市ホームページから申込用紙を印刷し、必要事項を書いて、口座届出印を押印し、市税総務課へ

--------------------
保険料の納付
--------------------
【ID】P25264
(1)(3)保険課    電話 0465-33-1834
(2)高齢介護課   電話 0465-33-1840
次の保険料の納期限は3月2日月曜日です。期限までに納めてください。
(1)国民健康保険料第9期
(2)介護保険料第9期
(3)後期高齢者医療保険料第8期

--------------------
2月の納税
--------------------
【ID】P01397
納付関係 市税総務課 電話 0465-33-1345
課税内容 資産税課  電話 0465-33-1361
3月2日月曜日は、固定資産税・都市計画税(第4期)の納期限です。期限までに納めてください。口座振替をご利用の人は、納期限の前日までに預貯金残高をご確認ください。
※土・日曜日、祝休日の納税は、マロニエ住民窓口、アークロード市民窓口、コンビニエンスストアをご利用ください。ただし、納付書が必要です。

--------------------
バリアフリー・省エネ・
耐震改修住宅の固定資産税の軽減
--------------------
資産税課 電話 0465-33-1371
既存住宅に次の改修工事を一定の条件で行った場合、固定資産税が減額されます。
詳しくは、市ホームページをご覧いただくか、お問い合わせください。
【ID】P12651 (1)バリアフリー改修工事
浴室・トイレの改良、床の段差解消など
【ID】P12650 (2)省エネ改修工事
窓の改修(必須)、床・壁・天井の断熱改修
【ID】P12644 (3)耐震改修工事
現行耐震基準に適合した耐震改修
【申】工事完了後、3か月以内に直接

--------------------
後期高齢者医療制度の財政状況
--------------------
【ID】P16325 保険課 電話 0465-33-1843
後期高齢者医療制度の費用は、被保険者からの保険料の他、国・県・市町村からの負担金や現役世代からの支援金などで賄われています。
前年度決算額は、昨年12月発行の「広報かながわ広域連合」(保険課、タウンセンター住民窓口、地域包括支援センターに配架)で、詳しい予算・決算額は、県後期高齢者医療広域連合ホームページで公開しています。
【ホ】https://www.union.kanagawa.lg.jp/

--------------------
後期高齢者医療制度の医療費通知
--------------------
【ID】P24391 保険課 電話 0465-33-1843
後期高齢者医療制度加入者(原則75歳以上)へ、医療費通知(平成31年1月から令和元年11月分)を2月12日に発送します。医療費通知は、確定申告の医療費控除の添付書類として使用できます。12月分や、医療費控除の対象となる支出で医療費通知に記載されていないものなどがある場合は、領収書に基づいて「医療費控除の明細書」を作成し、その明細書を申告書に添付してください(この場合、医療費の領収書は確定申告などの期限から5年間保存する必要があります)。
令和元年12月分の医療費通知の発送は、3月中旬頃の予定です。

--------------------
くらしの豆知識
排水管洗浄の勧誘にご注意を
--------------------
【ID】P17161
地域安全課 電話 0465-33-1775
「地域一斉」「期間限定で格安」といった内容のちらしが投函された人から、「工事をしなければならないのか」という相談が増えています。ちらしの内容をよく確認し、工事を依頼したい場合は複数の業者から見積もりを取り、作業内容を確認しましょう。困ったときは、消費生活センター(電話 0465-33-1777)にご相談ください。


====================
#12 くらしのガイド おだわらいふ「募集」
====================
--------------------
市職員用パソコン広告
--------------------
【ID】P14107 〔申込〕公共施設マネジメント課 電話 0465-33-1305
約1,500台の職員用パソコンを起動する時の画面に、広告を掲載します。
【定】毎月6枠(複数月の申し込み可)
【費】1枠あたり月額10,000円
【申】2月17日月曜日から、電話またはメールで(新年度分)
【E】shisetsu@city.odawara.kanagawa.jp
※掲載する広告(1枠10秒)は静止画です。

--------------------
令和2年国勢調査の調査員
--------------------
【ID】P27998  総務課 電話 0465-33-1296
【内】世帯を訪問し、調査票の配布・回収や回収した調査票の整理など
【対】20歳以上の責任を持って調査事務を行える人(資格などは不要)
活動期間 9月~10月
【額】1調査区(約40~70世帯)当たり平均約42,000円(見込)
【申】2月末までに、ホームページ(「令和2年国勢調査」で検索)、郵送、直接または電話で

--------------------
博物館講演会
--------------------
【ID】P28637 〔申込〕郷土文化館 電話 0465-23-1377
博物館で活動する学芸ボランティアの先行事例から、小田原の博物館の今後について考えます。
【日】3月22日日曜日14時00分~16時00分
【場】UMECO会議室3
【定】30人・申込先着順
【講】加藤隆志さん(相模原市立博物館)、小川久治さん(同ボランティア)

--------------------
自然環境シンポジウム
--------------------
【ID】P28668  環境保護課 電話 0465-33-1481
【日】2月16日日曜日13時00分~16時15分 (受付12時00分~)
【場】県立生命の星・地球博物館
【内】生物多様性~真剣に考えよう
【定】300人・当日先着順
【主】酒匂川水系の環境を考える会、県立生命の星・地球博物館

--------------------
講演会「持続可能な社会の実現は、日々の生活から」
--------------------
【ID】P28667 〔申込〕めだかサポーターの会・村田 電話 090-2742-5151
自然環境から日頃の生活を振り返り、持続可能な社会を実現するための、ヒントを見つけます。
【日】2月24日休日14時30分~16時30分
【場】UMECO会議室1・2
【定】72人・申込先着順
【講】黒田千鶴子さん((公社)全国消費生活相談員協会)
【申】2月17日月曜日までに、電話またはメール(info@medasapo.org)で
【関】環境保護課

--------------------
じゃがいも栽培体験
--------------------
【ID】P28501 〔申込〕環境政策課 電話 0465-33-1473
環境再生を目指す和留沢地区(久野)で、じゃがいもを栽培します。種いもの植え付けから収穫(7月中旬頃)までを体験する参加者を募集します。収穫後は、試食会を開催する予定です。
【日】3月14日土曜日9時30分~11時30分植え付け
※予備日3月15日日曜日
【定】30人・申込先着順
【費】500円(収穫試食会で集めます)

--------------------
生ごみ堆肥化講演会
--------------------
【ID】P16232  〔申込〕環境政策課 電話 0465-33-1471
竹炭の力~荒廃竹林解消への取り組み~
竹林の問題について学ぶ講演会です。竹炭を段ボールコンポストに使用した実験結果の発表と、コンポスト用に加工した竹炭のプレゼントもあります。
【日】3月7日土曜日14時00分~15時30分
【場】マロニエ2階集会室202
【定】70人・申込先着順
【講】播摩信之さん(おだわら環境志民ネットワーク)

--------------------
上級救命講習
--------------------
【ID】P00490  救急課 電話 0465-49-4441
普通救命講習1の内容に、「傷病者管理」「異物除去」「搬送法」「熱傷の手当」などを加えた応急手当全般を学びます。
【日】3月14日土曜日9時00分~18時00分
【場】小田原消防署
【対】中学生以上(市消防管内に在住・在勤・在学の人を優先)20人・申込先着順
【申】2月12日水曜日から、電話(平日9時00分~17時00分)で予約後、3月4日水曜日までに、申請書を最寄りの消防署所に直接

--------------------
手話講習会
--------------------
【ID】P26309  〔申込〕障がい福祉課 電話 0465-33-1467  FAX 0465-33-1317
聴覚障がい者への理解を深め、支援の輪を広げるため、挨拶などの簡単な手話を学びます。
【日】2月17日月曜日10時00分~12時00分
【場】UMECO会議室1・2
【対】県内在住の人50人・申込先着順
【申】2月12日水曜日までに、電話またはファクスで

--------------------
講演会
「車椅子で世界を旅してみた」
--------------------
【ID】P28673  〔申込〕障がい福祉課   電話 0465-33-1469 FAX 0465-33-1317
誰もが幸せに暮らすことができる地域社会を築くために、何ができるか考えます。
※情報保障として、手話通訳・要約筆記・ヒアリングループがあります。
【日】3月1日日曜日18時30分~(開場18時00分)
【場】UMECO会議室1~3
【定】100人・申込先着順
【講】三代達也さん(車いすトラベラー)
【申】2月21日金曜日までに、電話、ファクスまたは神奈川県西地区リハビリテーション連絡協議会にメール(kenseiriha.bf@gmail.com)で

--------------------
かながわにじいろトーク
--------------------
〔申込〕NPO法人SHIP  電話 045-306-6769
10・20歳代の性的マイノリティの人を対象に、交流会を開催します。
【日】(1)2月16日日曜日(2)3月14日土曜日 14時30分~16時30分
【場】市内公共施設(詳しくは、申し込み者に連絡)
【内】(1)「周りとの付き合い方」 (2)「友だち」
【費】300円(茶菓子代。高校生以下無料)
【申】(1)2月14日金曜日(2)前日の17時00分までに、「かながわにじいろトーク」で検索してホームページから申し込み、または電話で
※申込先着順
【関】人権・男女共同参画課

--------------------
パパのための調理体験教室
--------------------
【ID】P28475 〔申込〕小田原えがりて・ 遠藤 電話 0465-47-6609
「家族の笑顔がはじけるパパの手料理」をテーマにした調理講座の第2弾です。
(1)肉料理
【日】3月1日日曜日10時00分~13時00分
(2)中華料理
【日】3月7日土曜日10時00分~13時00分
【場】マロニエ食の創作室
【対】子育て中の男性各12人・申込先着順
※託児有り(2月17日月曜日までに要事前申込。2歳以上就学前まで。定員6人。おやつ代など100円)。
【費】各1,200円(材料二人分、保険料込み)
【持】エプロン、三角巾、ふきん
【申】2月20日木曜日までに、氏名・住所・電話番号・託児の有無・参加希望回を、電話またはメール
(【E】odegalite@yahoo.co.jp)で
【関】人権・男女共同参画課

--------------------
高齢者体操教室
--------------------
【ID】P03389 〔申込〕高齢介護課 電話 0465-33-1826
音楽に合わせて、運動を中心に運動機能の維持・向上を図ります。
(1)いそしぎ
【日】4月13日~7月27日の毎週月曜日13時30分~15時00分
(2)おだわら総合医療福祉会館
【日】4月14日~7月28日の毎週火曜日13時30分~15時00分
(3)小田原スポーツ会館
【日】4月15日~7月29日の毎週水曜日12時30分~14時00分
(4)梅の里センター
【日】4月16日~7月30日の毎週木曜日10時00分~11時30分
(1)~(4)共通
【対】市内在住の65歳以上の人(1)(2)各60人(3)(4)各40人・多数抽選
【申】2月10日月曜日~3月6日金曜日に、電話で
※申し込みは、一人1会場まで。
※医師から運動を止められている人、「65歳からの筋トレ教室」に参加している人は、参加できません。

--------------------
おだわら・はこね家族会
--------------------
【ID】P18187 高齢介護課 電話 0465-33-1864
認知症の介護者同士で、介護の悩みや困り事などについて話します。
【日】(1)2月21日金曜日 (2)3月13日金曜日10時00分~12時00分
【場】けやき4階第3会議室
【対】認知症の家族を介護している人
※直接会場にお越しください。

--------------------
認知症サポーター養成講座
--------------------
【ID】P18188 〔申込〕高齢介護課 電話 0465-33-1864
認知症について学びましょう。
【日】3月9日月曜日14時00分~16時00分
【場】早川小学校新館1階多目的ホール
【対】市内在住・在勤・在学の人30人・申込先着順
【講】キャラバン・メイト
【申】3月6日金曜日までに、電話で

--------------------
家族介護教室
--------------------
【ID】P18184  〔申込〕高齢介護課 電話 0465-33-1864
【日】(1)2月19日水曜日(2)3月12日木曜日10時00分~12時00分
【場】マロニエ2階集会室202
【内】介護技術(1)食事(2)排せつ
【対】高齢者の介護をしている家族、介護に関心のある人25人・申込先着順
【申】前日までに、電話で

--------------------
脳トレ!脳と体の生き活き教室
--------------------
【ID】P17356  〔申込〕高齢介護課 電話 0465-33-1826
ウオーキングなどの脳の活性化に効果が期待できる有酸素運動を中心に、頭脳ゲームなども行い、頭と体を刺激します。楽しみながら認知症予防に必要な知識を習得する教室です。
【日】(1)4月23日~7月9日の毎週木曜日10時00分~12時00分(全12回)
   (2)4月24日~7月10日の毎週金曜日10時00分~12時00分(全12回)
【場】(1)けやき
   (2)下中老人憩の家
【対】市内在住の65歳以上の人各30人・申込先着順
【費】1,500円(保険料)
【申】2月17日月曜日~3月19日木曜日に、電話で

--------------------
集まれ!きもの女子!
--------------------
〔申込〕フラワーガーデン 電話 0465-34-2814
着物レンタルと着付けサービスをします。たんすに眠っている着物の持ち込みも可能です(カップルは応相談)。参加者はつまみ細工の帯飾り作りを体験でき、着物で来園した人には「おしるこ」をプレゼントします。抹茶体験会の開催など、和のイベントも盛りだくさんです。
【日】2月23日祝日11時00分~16時00分
【場】フラワーガーデン
【定】30人・申込先着順
【費】3,000円(レンタル一式・着付け込み)
※ヘアセットは別料金。メイクはご自身で。
【申】2月16日日曜日までに、電話で
協力 ハクビ京都きもの学院

--------------------
初心者のための菊作り教室
--------------------
〔申込〕観光協会 電話 0465-22-5002 FAX 0465-22-5027
菊花展に見事な作品を出品している「小田原清香会」による教室です。過去に参加した人も、申し込みできます。
【日】3月15日日曜日、5月24日日曜日、
8月9日日曜日13時30分~15時30分
【場】小田原商工会館会議室(城内1-21)
【費】600円(テキスト代)
※3鉢分の苗(大菊)付き。
【申】2月12日水曜日までに、住所・氏名・電話番号・人数を電話またはファクスで
【関】観光課

--------------------
小田原北條五代祭り参加者
--------------------
観光協会 電話 0465-22-5002
小田原北條五代祭り武者行列に参加する、各部隊の武者を募集します。
【日】5月3日祝日
【内】隊の槍武者・旗印武者・女武者など
※今年は歴代城主の募集はありません。
※隊列は主催者側で決定します。
【対】16歳以上の男女各10人・申込先着順
【費】5,000円(衣装代など)
【申】3月16日月曜日までに、ホームページで
【ホ】http://www.odawara-kankou.com/

--------------------
ガイド協会ガイド養成講座
--------------------
小田原ガイド協会 電話 0465-22-8800
小田原に残る歴史の跡に触れ、自分のまちをガイドしましょう。
【期】4月~令和3年3月末日
【定】20人  
【費】25,000円
【申】2月25日火曜日までに、往復はがきに住所・氏名・生年月日・電話番号・ファクス番号を書いて郵送で。後日、面接を行います。詳しくは、ホームページをご覧ください。
〒250-0014 城内3-22 NPO法人小田原ガイド協会
【関】観光課

--------------------
小田原まちあるき
--------------------
〔申込〕小田原ガイド協会 電話 0465-22-8800 FAX 0465-22-8814
(1)矢倉沢往還(約8㎞)
【日】2月23日祝日9時00分~14時00分 集合 9時00分 ※小雨決行
【内】小田急線渋沢駅南口~曲松道標~篠窪~三島社~富士見塚~神山~松田町屋~小田急線新松田駅
(2)おかめ桜の咲く頃、根府川駅から景勝地・史跡を巡る(約7.5㎞)
【日】3月3日火曜日9時30分~14時30分 集合 9時30分
【内】JR根府川駅前~寺山神社~岩泉寺~関所跡~釈迦堂~江の浦漁港~相翁松の碑~江の浦公民館(昼食)~天正庵跡~根府川駅
(1)(2)共通
【定】各60人・申込先着順
【費】各700円(保険料、資料代含む)
【持】弁当、飲み物、雨具、動きやすい靴と服装、保険証(写し可)
【申】電話またはファクスで   
【関】観光課

--------------------
梅酢の料理教室
--------------------
【ID】P28689  〔申込〕農政課 電話 0465-33-1494
梅酢は、健康や美容に効果があるといわれています。手軽な活用法を学びます。
【日】2月29日土曜日11時00分~14時00分
【場】梅の里センター体験加工室
【費】1,000円
【申】2月20日木曜日までに、電話で

--------------------
「農の学校2020」参加者
--------------------
〔申込〕NPO法人小田原食とみどり・小野 電話 080-5385-0465
お米、野菜、果樹、ハーブの農業体験学校で、土に触れる楽しさを体験します。
【期】4月~12月頃(コースにより異なる。)
【場】曽我地区 他
【費】コース別に3,500円から
【申】3月6日金曜日までに、電話で
※詳しくは、ホームページをご覧ください。
【ホ】http://shoku-midori.or.jp
【関】農政課

--------------------
キャッシュレス使い方講座
--------------------
【ID】P28726  〔申込〕商業振興課 電話 0465-33-1511
【日】2月28日金曜日 (1)10時00分~11時30分(2)14時30分~16時00分
【場】(1)UMECO会議室1~3 (2)マロニエ2階集会室202
【内】キャッシュレス決済の概要や利用方法、模擬キャッシュレス決済体験
【対】キャッシュレス決済に関心のある人各80人・申込先着順
【申】前日までに、電話で

--------------------
たばこ対策講演会
--------------------
【ID】P28630 〔申込〕健康づくり課 電話 0465-47-4723
わたしたちとたばことおだわら
平成30年の健康増進法の改正により、たばこを取り巻く状況は大きく変わりつつあります。受動喫煙に関する罰則もあるため、正しく理解しましょう。
【日】3月4日水曜日19時00分~20時30分
【場】UMECO会議室1・2
【内】受動喫煙の害や改正健康増進法の内容
【定】70人
【講】石井博司さん(小田原医師会、石井呼吸器内科医院院長) 他
※直接会場にお越しください。

--------------------
予備自衛官補・自衛官候補生
--------------------
自衛隊小田原地域事務所 電話 0465-24-3080
●予備自衛官補
試験日 4月20日月曜日~24日金曜日のうち1日
【対】一般 18~33歳の人
技能 18歳以上で国家免許資格などを持つ人(資格により52~54歳まで)
【申】4月12日日曜日までに、直接(栄町1-14-9 NTビル3階)
●自衛官候補生
【対】一般 18~32歳の人
※年間を通じて募集しています。詳しくは、お問い合わせください。
【関】総務課

--------------------
個別支援員、少人数指導スタッフ
--------------------
【ID】P28753 教育指導課 電話 0465-33-1685
面接後、登録制で採用し、必要に応じて学校に配置します。
(1)個別支援員
さまざまな児童・生徒に対して、担任とともに必要な支援をします。
(2)少人数指導スタッフ
児童が学習内容を確実に身につけることができるように、算数などの学習指導をします。
勤務条件 原則として、授業のある日
【対】教育に熱意のある人((2)は有効な小学校や中学校の教員免許を持つ人)
【額】(1)1日4時間以上(応相談) 時給1,011円以上
   (2)1日6時間程度 時給1,600円
【申】3月2日月曜日までに、履歴書を直接または郵送で

--------------------
現場体験セミナー~農業編~
--------------------
【ID】P28631 〔申込〕市生涯現役推進協議会
(企画政策課内) 電話 0465-33-1318
農業分野の仕事や、ボランティアに興味がある人を対象としたセミナーです。耕作放棄地をみかん農園としてよみがえらせているシニアの活動を見学し、簡単な農作業を体験します。
(1)第1回(講座)
【日】2月13日木曜日10時00分~12時00分
【場】UMECO会議室4
【内】耕作放棄地の現状と対応
【講】青木義隆さん(みかん農園経営)
(2)第2回(見学・体験)
【日】2月16日日曜日8時45分~12時30分
   集合・解散 小田原駅西口 (バスで送迎)
【内】早川のみかん農園での現場体験(柑橘類の植樹・品種食べ比べなど)
【対】市内在住または市内での農業に興味のある、おおむね55歳以上の人28人・申込先着順
【申】電話または市ホームページで

--------------------
シニアが輝く仕事案内
~バスツアー編~
--------------------
【ID】P28632  〔申込〕市生涯現役推進協議会
(企画政策課内) 電話 0465-33-1318
積極的にシニアを募集(雇用)している会社を訪問・見学するバスツアーを開催します。仕事への理解を深めてもらい、訪問した会社への就職を支援します。
【日】2月17日月曜日9時30分~16時00分
   集合・解散 小田原駅西口 
【内】(株)鈴廣蒲鉾(本店)・JF小田原水産(株)・万葉倶楽部(株)・(株)東華軒・井上酒造(株)
※漁港の駅TOTOCO小田原にて昼休憩(昼食は各自で負担)
【対】市内在住または市内での就労を希望する、おおむね55歳以上の人28人・申込先着順
【申】電話または市ホームページで


====================
#13 くらしのガイド おだわらいふ「相談」
====================
--------------------
生活困窮者自立支援相談
--------------------
【ID】P18649 生活支援課 電話 0465-33-1893
社会に出るのが怖い、仕事の探し方が分からない、将来が不安など、生活や仕事でお困りの人の相談をお受けします(年齢制限はありません)。
【日】月~金曜日8時30分~17時15分
※祝休日を除く。

--------------------
若者就活なんでも相談
--------------------
【ID】P02230  〔申込〕産業政策課 電話 0465-33-1514
就職活動の悩みや不安に、キャリアカウンセラーが助言します。応募書類の添削や、面接練習もできます。
※求人の紹介はしません。
【日】3月27日金曜日 (1)10時00分~(2)11時00分~(3)13時00分~(4)14時00分~(5)15時00分~(6)16時00分~
【場】市役所4階産業政策課
【対】39歳以下の人各6人・申込先着順
【申】2月28日金曜日から、直接または電話で

--------------------
各種相談
--------------------
●市民相談〈3月〉 地域安全課 電話 0465-33-1383
【場】市役所2階地域安全課(土・日曜日、祝休日を除く)
一 般/離婚、相続、近隣トラブルなど日常生活上の軽易な問題に関する相談/月~金曜日/9時00分~12時00分
一 般/離婚、相続、近隣トラブルなど日常生活上の軽易な問題に関する相談/月~金曜日/13時00分~16時00分
心配ごと/家庭や地域で困ったこと、悩み事に関する相談/毎週月曜日/13時30分~15時30分
法 律(予約制)/離婚、相続、多重債務などの法律問題に関する相談(予約は2週間前から)/毎週水曜日/13時30分~16時00分
人権擁護/嫌がらせ、名誉き損、プライバシーの侵害などに関する相談/10日火曜日/13時30分~15時30分
司法書士/相続・贈与などの登記手続き、成年後見、遺言書の作成などに関する相談/12日木曜日/13時30分~15時30分
税 務/相続・贈与・譲渡所得税などの税金に関する相談(6人・当日先着順)/17日火曜日/13時30分~15時30分
行政苦情/国・県・市への要望や苦情/19日木曜日/13時30分~15時30分
宅地建物取引/不動産の売買など取引、賃借などに関する相談/26日木曜日/13時30分~15時30分

【場】マロニエ2階集会室203
行政書士/相続・遺言、成年後見、各種許認可申請などの作成・手続きに関する相談/21日土曜日/14時00分~16時00分

●その他の相談
消費生活相談
消費生活センター 電話 0465-33-1777
消費生活に関する苦情や問い合わせなど、お気軽にご相談ください。電話でもお受けします。
【日】月~金曜日(祝休日を除く)
   9時30分~12時00分、13時00分~16時00分
   ※平日12時00分~13時00分、16時00分~19時00分、土・日曜日、祝休日は、県の消費生活相談(電話 045-311-0999)をご利用ください。
【場】消費生活センター(市役所2階地域安全課内)
【対】小田原市・箱根町・真鶴町・湯河原町に在住・在勤・在学の人

教育相談
教育指導課 電話 0465-33-1685
市内在住の小・中学生に関するさまざまな相談をお受けします。
●教育指導課相談電話 【ID】P02038
  電話 0465-33-1729  【日】月~金曜日8時30分~17時15分
●特別支援教育相談室あおぞら  【ID】P21680
  電話 0465-46-9020  【日】月~金曜日9時00分~16時00分

児童相談
【ID】P02033
子育て政策課 電話 0465-33-1454
子育てについてのさまざまな悩み(18歳未満の児童に関するもの)を児童相談員がお受けします。
【日】月~金曜日9時00分~12時00分、13時00分~17時00分
児童虐待が疑われる場合は、電話 189にご連絡ください。

女性相談
【ID】P11082
人権・男女共同参画課 電話 0465-33-1737
夫や親しい男性とのトラブルなど、女性が抱える悩みを相談員がお受けします。
【日】月・水・木・金曜日9時30分~11時30分、13時00分~16時30分
※全国共通ナビダイヤルでも対応しています。
 内閣府男女共同参画局DV相談ナビ 電話 0570-0-55210

青少年相談
【ID】P10571
青少年課 電話 0465-23-1482
ひきこもりや若年無業者(ニート)、不登校、親子や友人との関係などの問題で悩む子ども、若者(30歳代まで)やその保護者からの相談をお受けします。
【日】月~金曜日(祝休日を除く)9時00分~12時00分、13時00分~17時00分
【場】青少年相談センター(城山4-2-11)


====================
#14 くらしのガイド おだわらいふ「イベント」
====================
--------------------
2月1日 土曜日~原木の在庫終了時
しいたけのホダ木づくり
--------------------
〔申込〕いこいの森 電話 0465-24-3785
専用のドリルで原木に穴を開け、しいたけの駒菌を打ちます。
【時】9時00分~16時00分 
※休園日(月曜日、祝休日の翌日)を除く。
【場】いこいの森
【費】500円~(原木の太さによる)

--------------------
フラワーガーデン
--------------------
フラワーガーデン 電話 0465-34-2814
※月曜日休園(祝休日の場合は開園し、翌火曜日休園)
●フラワーガーデン梅まつり
【期】開催中~3月8日日曜日
【内】梅園ガイドツアー、お抹茶(裏千家慶和会)足柄うまみ茶体験、からくり工作教室、プチ軽トラ市、移動販売車など
●職人と知恵比べ~からくり箱の世界~
小田原・箱根でからくり箱を作り、その普及に努める、「からくり創作研究会」による展示会です。
【期】2月1日土曜日~24日休日
【場】管理棟1階展示室
工作教室・展示販売
【日】(1)2月15日土曜日(2)22日土曜日 11時00分~12時30分、13時30分~15時00分
【内】(1)からくり変化  (2)からくりころりん
【定】各20人・当日受付(多数抽選)
【費】1,500円  
【申】電話で
協力 からくり創作研究会
●第25回洋らん展示会
丹精込めて育てられた見事ならんが出展されます。奥田園芸による即売会もあります。
【期】2月26日水曜日~3月1日日曜日9時00分~17時00分(1日は16時00分まで)
共催 小田原フラワーガーデンパートナーズ・小田原洋らん同好会
●洋らん教室
奥田園芸で働き、「はじめての洋ラン12ヵ月」の著者・奥田勝さんによる、洋らん教室です。持って来られたらんの鉢植えの相談も受け付けます。
【日】3月1日日曜日13時30分~15時00分
【場】管理棟2階研修室
【定】50人・申込先着順
【講】奥田勝さん
●防災フェア「そなえパークの日」
消防車乗車体験・水消火器体験・起震車体験・ファイヤーけしまる君来園・クイズ大会など、楽しみながら防災について学べるイベントが盛りだくさんです。
【日】3月7日土曜日・8日日曜日
協力 市消防本部
※詳しくは、ちらしまたはホームページをご覧ください。

--------------------
2月8日 土曜日
市民ホール現地見学会
--------------------
【ID】P28679 文化政策課 電話 0465-33-1702
市民ホールは、令和3年9月5日日曜日にオープンする予定です。順調に進む工事の現地見学会を開催します。
【時】14時00分~15時00分 ※雨天中止
集合 お堀端通り馬出門前(13時50分)
【定】40人・当日先着順

--------------------
2月15日土曜日・16日日曜日
小田原矯正展
--------------------
小田原拘置支所 電話 0465-34-2009
【時】10時00分~16時00分(16日は15時00分まで)
【場】小田原地下街ハルネ小田原
【内】刑務所作業製品の展示・販売、ちびっこ刑務官制服コーナー 他
※16日午後には、梅丸が登場
【関】商業振興課

--------------------
2月16日 日曜日
こゆるぎサークル発表会
--------------------
【ID】P28352 こゆるぎ 電話 0465-43-0200
【時】10時00分~15時00分
【場】こゆるぎ2階ホール
【内】舞台発表
午前 外郎売の口上、オカリナ、ウクレレ、大正琴、合唱
午後 ギター弾き語り、よさこい踊り、合唱、フラダンス、英会話、タップダンス
【主】(一財)小田原市事業協会
協力 前羽地区自治会連合会、橘北地区自治会連合会

--------------------
2月1日 土曜日~3月1日 日曜日
小田原梅まつり
--------------------
【ID】P10436 観光協会 電話 0465-22-5002
曽我梅林は、富士山と箱根の山々を背景に、約3万5千本の梅が一面に咲き誇ります。梅まつり期間中は、流鏑馬や郷土芸能の小田原ちょうちん踊り、寿獅子舞、梅の種とばし大会などのイベントが行われます。
【場】曽我梅林・小田原城址公園 他
※タイムスケジュールなど詳しくは、市ホームページでも確認できます。
●梅園と史跡めぐり
梅の香りを楽しみながら散策します。
【期】2月2日~3月1日の土・日曜日、祝休日9時00分~11時00分
【場】JR下曽我駅
     ※随時受け付けます。
【問】小田原ガイド協会(電話 0465-22-8800)
●冷凍梅でシロップ作り体験
カラフルな金平糖などを使って梅シロップを作ります。
【日】2月2日日曜日・8日土曜日・14日金曜日・22日土曜日11時00分~14時00分
【場】梅の里センター体験加工室
【費】500円  
【関】農政課
【問】そがやまみらいプラン・斉藤(電話 070-4442-2564)

--------------------
2月22日 土曜日
風魔NINJA遊園地
--------------------
小田原城本通り活性化協議会事務局
電話 090-4964-7872
お堀端通りを歩行者天国にして、手裏剣投げなどの忍者体験や忍者ショーなどのステージイベント、忍者ならではのスタンプラリーを実施します。
また、忍者グッズを販売し、忍者にちなんだメニューも提供します。
【時】11時00分~14時00分
【場】小田原駅前商店会~お堀端通り~小田原城NINJA館にかけてのエリア
【関】商業振興課

--------------------
2月22日土曜日・23日祝日
菓子祭り2020
--------------------
【ID】P28727 商業振興課 電話 0465-33-1511
市内で営業する菓子店が一堂に集まります。菓子の販売の他、職人の技がさえ渡る「飾り菓子」の展示や、練り切り・どら焼き・いちご大福などの菓子づくり教室も人気です。
【時】10時00分~18時00分 
【場】小田原地下街ハルネ小田原

--------------------
2月22日 土曜日、3月1日 日曜日
内野邸特別見学会
--------------------
【ID】P27639 〔申込〕郷土文化館 電話 0465-23-1377
明治36(1903)年に建築された内野邸(元醤油醸造業経営)の見どころを案内します。
【時】(1)10時00分~11時00分(2)13時30分~14時30分
【場】内野邸(板橋602)
【定】各回10人・申込先着順
【主】板橋まちなみファクトリー内野邸プロジェクト実行委員会

--------------------
2月22日 土曜日~3月29日 日曜日
松永記念館設立60周年記念特別展
--------------------
【ID】P28639 郷土文化館 電話 0465-23-1377
お茶をする、遊ぶ、生活する
―耳庵が愛した記念館―
写真資料を中心に、松永耳庵が過ごした当時の記念館のようすや、耳庵ゆかりの「無住庵」(今年度移築復元予定)などについて紹介します。
【時】9時00分~17時00分 
【場】松永記念館
【費】一般500円(観覧料)
●ギャラリートーク
担当学芸員が展示を解説します。
【日】(1)3月1日日曜日(2)3月28日土曜日
11時30分~12時00分
【定】15人・申込先着順(要観覧料)
●特別講演会「松永耳庵の田舎家趣味―柳瀬山荘から老欅荘・無住庵へ」
【日】3月14日土曜日
    13時00分~14時30分講演会
    14時45分~16時00分見学
【定】40人・申込先着順(要観覧料)
【講】小沢朝江さん(東海大学教授)

--------------------
2月23日 祝日
梅の枝を使った
菓子切り(ようじ)作り
--------------------
〔申込〕梅の里センター 電話 0465-42-5321
梅の枝を使って、菓子切り(ようじ)を作ります。
【時】10時00分~随時開催(最終受付14時30分)
※体験時間は約20分
【場】梅の里センター1階AB会議室
【定】1回あたり6人
【費】300円
【申】2月22日土曜日までに、電話で
※空きがあれば当日参加可能

--------------------
2月23日 祝日
地球市民フェスタ2020
in ODAWARA
--------------------
【ID】P26783 文化政策課 電話 0465-33-1703
24回めを迎える県西地域最大級の国際交流イベントです。「小田原で世界旅行~フェスタで広がる世界の輪~」をテーマに、国際色豊かな各種企画が繰り広げられます。各国の文化を見て、聞いて、味わって、楽しみながら世界を知りましょう。
【時】10時00分~16時00分
【場】マロニエ
【内】・特別企画
駐日大使館コーナー、世界の遊びと衣装の出張博物館、自国の紹介・交流コーナー
・国際交流団体による展示・文化体験
・世界の歌と踊りのステージ
・世界の味の模擬店
・世界のマーケット(フェアトレード商品など)
・スタンプラリー・抽選会 など
ポスター原画最優秀賞受賞
小宮弥佑さんの作品

--------------------
2月24日 休日
市立病院市民公開講座
--------------------
【ID】P28636 経営管理課 電話 0465-34-3175
市立病院の医師・看護師が感染症や予防接種などについて話します。
【時】10時00分~12時00分
【場】UMECO会議室1~3
講演1「子どもだけではない大人も知ってほしい麻疹・風疹の話」
   【講】松田基(副院長・小児科部長)
講演2「知って欲しい予防接種の新情報」
   【講】古澤美佳(小児救急看護認定看護師)
講演3「最新の子育て事情」
   【講】渡邊玲子(新生児集中ケア認定看護師)
【定】100人・当日先着順
※託児有り。2月19日水曜日までに要予約(原則未就学児に限る)。

--------------------
2月29日 土曜日~3月22日 日曜日
根府川おかめ桜まつり
--------------------
【ID】P19749 
きのこ苑お山のたいしょう 電話 0465-29-1393
離れのやど星ヶ山 電話 0465-28-1122
オーランジェガルデン 電話 0465-29-0703
根府川地区では、地域の人が中心となりおかめ桜を植栽し、11年前から桜の里づくりで地域活性化に取り組んでいます。2月29日土曜日には、JA片浦支店駐車場で地元農家による直売やポン菓子、豚汁の無料提供などを行います。また、各施設でもイベントを開きます。
※イベント情報は、市ホームページでも確認できます。

--------------------
3月1日 日曜日
松永記念館 庭園呈茶
--------------------
【ID】P28641 郷土文化館 電話 0465-23-1377
松永耳庵ゆかりの庭園を眺めながら、抹茶を楽しみます。
【時】10時00分~15時00分 (茶菓が無くなり次第終了)
【場】松永記念館・烏薬亭
【費】500円(茶菓子付き)
呈茶 小田原茶道連盟・表千家

--------------------
3月1日 日曜日
酒匂川ふるさと絵本づくりキックオフイベント
--------------------
【ID】P28705 〔申込〕環境保護課 電話 0465-33-1481
次世代へ酒匂川流域の物語を伝える絵本を制作するため、酒匂川にまつわる講演や、ワークショップなどを行います。ワークショップで話し合った内容は、絵本作りの参考にします。
【時】13時00分~16時30分
【場】市役所7階大会議室
【定】100人・申込先着順
【申】2月21日金曜日までに、電話で

--------------------
3月6日 金曜日
ミュージアムリレー第274走
--------------------
【ID】P28642 〔申込〕郷土文化館 電話 0465-23-1377
松永記念館設立60周年記念特別展と老欅荘(国登録有形文化財)などを解説付きで案内します。
【時】10時00分~12時00分
【場】松永記念館
【定】20人・申込先着順
【費】500円(特別展観覧料)
共催 神奈川県西部地域ミュージアムズ連絡会

--------------------
3月7日 土曜日
酒匂川ヤマメの放流体験
--------------------
【ID】P28708  〔申込〕水産海浜課 電話 0465-22-9227
酒匂川でヤマメの放流を体験し、河川生物の生態について学びます。
【時】10時00分~12時00分
【場】酒匂川漁業協同組合事務所前(桑原862-2)
【対】小学生以上の子どもと保護者15組30人・申込先着順
【申】2月20日木曜日までに、電話で

--------------------
3月7日 土曜日
郷土探究会「土器を見ながら
遺跡を歩こう」
--------------------
【ID】P28638 〔申込〕郷土文化館 電話 0465-23-1377
市内の小学生が、石橋・早川で見つけた縄文土器を参考に、論文を書きました。その土器と遺跡について、講師二人の解説を聞きながら、現地を歩きます。
【時】14時00分~16時00分 ※雨天中止
   集合 早川駅改札外
【定】30人・申込先着順
【講】鈴木陽磨さん(富士見小5年)、土屋健作(市文化財課)

--------------------
3月8日 日曜日
市民活動応援補助金公開
プレゼンテーション
--------------------
UMECO 電話 0465-24-6611
市民主体のまちづくりを進めるため、活動団体に補助金を交付しています。令和2年度市民活動応援補助金の2次審査を行うに当たり、1次審査を通過した事業のプレゼンテーションを公開します。途中入退室も可能です。
【時】10時00分~12時30分(予定)
【場】UMECO会議室1~3
【定】100人・申込先着順
【申】3月6日金曜日までに、直接または電話で

--------------------
月例イベント
--------------------
--------------------
昼のミニコンサート
--------------------
【ID】P03885 文化政策課 電話 0465-33-1706
名曲をマリンバの音色にのせて
【日】2月26日水曜日12時20分~12時40分
【場】小田原地下街ハルネ小田原
【出】鈴木あさみさん(マリンバ)、杉谷真知子さん(ピアノ)
曲目 荒城の月(瀧廉太郎作曲)、ウィリアム・テル(ロッシーニ作曲) 他
※プログラムは変更になることがあります。

--------------------
フラワーガーデン
--------------------
フラワーガーデン 電話 0465-34-2814
●朝市(売切次第終了)
【日】毎週日曜日10時00分~15時00分
●なるほど園芸講座
2月のテーマは「観梅の楽しみ方(ガイドツアー)」です。
【日】毎月第3日曜日10時30分~11時30分
【講】大坪孝之さん(日本梅の会会長)

--------------------
二宮尊徳生家のいろり燻蒸
--------------------
【ID】P07325 尊徳記念館 電話 0465-36-2381
二宮尊徳生家の保全のため、いろりに火を入れて、けむり燻蒸を行います。二宮尊徳いろりクラブのメンバーが生家の由来や周辺の史跡などについても説明します。
【日】2月22日土曜日、3月14日土曜日 9時00分~11時30分
※見学自由
【場】二宮尊徳生家(尊徳記念館隣)

--------------------
かもめ名画座
--------------------
【ID】P14250 かもめ図書館 電話 0465-49-7800
思い出の映画をお楽しみください。
【日】2月21日金曜日13時30分~(開場13時10分)
【内】「幕末太陽傳」(1957年・110分)
   監督 川島雄三   出演 フランキー堺 他
【定】120人・当日先着順
協力 かもめ図書館フレンズ
※かもめ図書館フレンズでは、映画会ボランティアを募集しています。興味のある人は、当日会場まで。

--------------------
上府中公園
--------------------
上府中公園管理事務所 電話 0465-42-5511
●カミイチ(かみふなかクラフト市)
手作りのクラフト品を中心に出店します。詳しくは、ホームページで。
【日】2月22日土曜日10時00分~16時00分 ※荒天中止
【ホ】https://www.facebook.com/kamiichi2012

--------------------
わんぱくらんど
--------------------
わんぱくらんど 電話 0465-24-3189
●竹細工教室
昔懐かしい遊び、竹とんぼやぶんぶんゴマを作って、芝生広場で遊びましょう。
【日】毎週土・日曜日9時30分~12時00分、13時00分~15時00分
※実施しない日もあります。
【場】冒険の丘
【費】400円(材料費)

--------------------
UMECO
--------------------
UMECO 電話 0465-24-6611
●UMECO企画展
市民活動団体の活動の成果などを展示します。
・新玉小学校4年総合学習プロジェクト「コンビニから世界を考え、発信しよう」
【期】3月8日日曜日~29日日曜日
【場】UMECO多目的コーナー・ホワイエ
【ホ】http://umeco.info/

--------------------
小田原競輪開催日
--------------------
事業課 電話 0465-23-1101
●いわき平(F1)場外
【期】2月17日月曜日~19日水曜日
●立川(F1)場外
【日】3月3日火曜日・4日水曜日
●別府(F1)場外
【日】3月3日火曜日・4日水曜日
●西武園(F1)場外
【期】3月5日木曜日~7日土曜日
●玉野記念(G3)場外
【期】3月5日木曜日~8日日曜日

--------------------
3月8日 日曜日
「ときめき国際学校」
研究発表会
--------------------
【ID】P28348 文化政策課 電話 0465-33-1703
オーストラリア・ノーザンビーチーズ市との青少年交流に参加した「ときめき親善大使」が、活動と交流の魅力について発表します。オーストラリア民族楽器「ディジュリドゥ」の演奏や、オーストラリアに関する共同研究も発表します。
【時】13時30分~15時00分
【場】小田原地下街ハルネ小田原
※直接会場にお越しください。

--------------------
3月8日 日曜日
みんなで歌おう!
フォーレ「レクイエム」
--------------------
【ID】P28495 文化政策課 電話 0465-33-1722
市出身の栗田博文さんを指揮者に迎え、フォーレ「レクイエム」を市民合唱団が歌います。チケットは現在発売中です。
【時】14時00分開演(13時00分開場)
【場】市民会館大ホール
【内】指揮者    栗田博文さん
   チェロ独奏  花崎薫さん
   ソプラノ    田中詩乃さん
   バリトン    田中俊太郎さん
   オーケストラ 小田原フィルハーモニー交響楽団
【費】全席自由2,000円
販売場所 市民会館、大村楽器リベルテ、ハルネ街かど案内所、ダイナシティウエストチケットぴあ 他
【主】市民による小田原音楽フェスティバル実行委員会
【問】文化政策課
栗田博文さん

--------------------
(1)3月14日土曜日 (2)15日日曜日
ミューズ・フェスタ2020
--------------------
生命の星・地球博物館 電話 0465-21-1515
地球博物館の開館記念日事業です。
●子ども自然科学ひろば
・昆虫の切り絵をつくろう!
・石材実物図鑑づくり
・ミクロな世界を記念撮影 他
●小田原市郷土文化館出張展示
「見てみよう!先史時代のくらし」
縄文・弥生・古墳時代の人々が、どこで、どのような暮らしをしていたかを紹介します。
その他、地域交流イベントも盛りだくさんです。
【時】9時00分~16時30分(入館は16時00分まで)
(1)・入生田山神神社子供祭囃子 9時30分~10時00分
  ・ミニコンサート 11時00分~11時30分
(2)・海と命と地球をめぐる公開講演会 14時00分~16時20分
【場】県立生命の星・地球博物館
【ホ】http://nh.kanagawa-museum.jp/
【問】郷土文化館

--------------------
3月20日 祝日
小田原サイクル
フェスティバル2020
--------------------
【ID】P28644  事業課 電話 0465-23-1101
競輪のコースを歩いたり、間近で模擬レースを観戦したりして、競輪の迫力や魅力を楽しみましょう。家族で楽しめる体験型イベントも盛りだくさんです。
【時】10時00分~15時00分 ※雨天決行
【場】小田原競輪場
【内】最新自転車の展示・試走、バックヤードツアー、フリーマーケット 他
●フリーマーケット出店者募集
【対】家庭内の不要品(食品・生物不可)の販売(区画2m×3m)を希望する人70組程度・多数抽選 
※出店無料
【申】2月20日木曜日までに、往復はがきに代表者の住所・氏名・電話番号・出店品目・参加人数を書いて、郵送で ※消印有効
〒250-0045 城山4-10-1 小田原競輪場 「フリーマーケット申込」係
※結果は、3月上旬までに通知
●自転車乗り方教室参加者募集
【対】未就学児25人・多数抽選
【申】2月20日木曜日までに、ホームページで
【ホ】https://www.odawarakeirin.com/

--------------------
わんぱくらんど
--------------------
わんぱくらんど 電話 0465-24-3189
(1)ふれあい動物園
うさぎやモルモットなど、かわいい動物と遊びましょう。
【日】2月16日日曜日・23日祝日、3月21日土曜日・22日日曜日
   午前の部 10時00分~11時30分
   午後の部 13時30分~15時00分
【場】ふれあい広場
(2)辻村植物公園梅まつり
甘酒無料提供・梅剪定枝プレゼントもあります。
【日】2月22日土曜日~3月1日日曜日の土・日曜日、祝休日10時00分~
【定】100人・当日先着順
(3)辻村植物公園ガイドツアー
梅の木や珍しい樹木、また歴史ある辻村家の話を聞きながら、散策をします。
【日】2月22日土曜日~3月1日日曜日の土・日曜日、祝休日10時00分~14時00分(随時30分~1時間程度)
【場】辻村植物公園
※雨天中止

--------------------
3月21日 土曜日
ミュージカル「KINJIRO!
~本当は面白い二宮金次郎~」小田原公演
--------------------
小田原箱根商工会議所 電話 0465-23-1811
二宮金次郎の人物と生き方を、ユーモアたっぷりに描いたミュージカルです。小田原を皮切りに全国各地で公演し、これがファイナルステージとなります。
【時】14時00分開演(13時30分開場)
【場】市民会館大ホール
【費】大人3,000円、小学生以下1,000円(全席自由)
販売 市民会館、ハルネ小田原街かど案内所、小田原箱根商工会議所
【出】わらび座
【主】ミュージカル「KINJIRO!」小田原公演実行委員会  
【関】文化政策課
●無料招待
【対】市内在住の小学生130人・申込先着順
【申】小田原箱根商工会議所に電話で

--------------------
清閑亭
--------------------
〔申込〕清閑亭 電話 0465-22-2834 
【場】清閑亭(南町1-5-73)
11時00分~16時00分開館 ※火曜休館
(1)閑話会 自転車と小田原ライフ
国府津の自転車屋さん「Cycle Days」の佐々木亮さんの講演会です。自転車からつながる人と国の話は、まちの楽しみ方のヒントになります。
【日】2月16日日曜日19時00分~21時30分
【定】30人・申込先着順  
【費】1,000円
(2)高橋台一さんの「ほっとひといき雛まつり抹茶のふるまい」
「うつわ菜の花」の店主の高橋さん厳選の道具立てと、おもてなしを堪能してください。
【日】3月1日日曜日11時30分~、13時00分~、14時30分~
【定】各回10人程度・申込先着順
【費】1,000円
(3)琴、三絃、尺八お雛様コンサート
小田原で長く活躍する、稲葉千鶴子さん(生田流箏曲宮城社大師範)と都山流尺八による、春のお雛様演奏会です。
【日】3月7日土曜日13時00分~14時40分
【定】40人・申込先着順


====================
#15 くらしのガイド おだわらいふ「こども」
====================
--------------------
プレイパークで遊ぼう!
--------------------
【ID】P26994 青少年課 電話 0465-33-1723
子どもが思い切り遊べるように、禁止事項を少なくした遊び場です。
【日】2月15日土曜日10時00分~15時00分
【場】早川河原公園 ※参加自由・小雨決行
【問】pp@seisho・黒柳(電話 090-7842-1374)

--------------------
あれこれ発見!R・P・G in 梅の里
--------------------
【ID】P28643 青少年課 電話 0465-33-1724
下曽我をフィールドに、学校や学年の違う仲間と協力し、写真を撮りながら小田原の魅力を再発見する「R(ラリー)・P(フォト)・G(ゲーム)」です。創造性や感受性を高める体験学習プログラムです。
【日】3月7日土曜日9時00分~16時30分
【場】集合 梅の里センター
【対】小学4~6年生30人・多数抽選
【費】500円(食材代、保険料など)
【申】市ホームページで

--------------------
ママパパ学級
--------------------
【ID】P01994 〔申込〕健康づくり課 電話 0465-47-4722
妊娠・出産・育児について学びます。
赤ちゃんとの生活 その2
【日】3月13日金曜日13時20分~15時30分
【場】保健センター
【内】沐浴・お着替え体験、出産後のこころの変化、泣いたときの対処法
【対】妊娠20週以降の妊婦とパートナー(妊婦のみも可)
【持】母子健康手帳、筆記用具、手ふきタオル
【申】3月12日木曜日までに、電話で

--------------------
市立図書館星の子クラブ
--------------------
【ID】P00969 〔申込〕市立図書館 電話 0465-24-1055
ステンシルでオリジナルマグネットを作ります。
【日】3月7日土曜日10時30分~12時00分
【対】市内在住の小学生8人・申込先着順
【講】小室とも子さん
【申】3月6日金曜日までに、直接または電話で

--------------------
子ども映画会と金次郎のおはなし
--------------------
【ID】P07859 尊徳記念館 電話 0465-36-2381
映画の後に、金次郎が暮らしていた頃の遊びや学びをします。
【日】2月23日祝日14時00分~14時45分(開場13時50分)
【場】尊徳記念館
【内】「あとかくしの雪」、「こおった声」
   ・体験「知恵板」
【定】60人・当日先着順

--------------------
ぴよぴよくらぶ
--------------------
ぴよぴよくらぶ・椎野
電話 090-6303-0861
親子で楽しむ体操や手遊び、季節の工作などを行います。
【日】3月5日木曜日10時00分~11時30分(受付9時45分~)
【場】マロニエ3階マロニエホール
【内】幼児期の食生活・みんな元気にスクスクと!!
【対】入園前の子どもとその家族
【費】子ども一人200円(材料費)
【関】子育て政策課

--------------------
子育て支援センター関連イベント
--------------------
【ID】P02036 子育て政策課 電話 0465-33-1874
マロニエ子育て支援センター/ 電話 0465-48-8698  おだぴよ子育て支援センター/ 電話 0465-34-6181
いずみ子育て支援センター/ 電話 0465-37-9077   こゆるぎ子育て支援センター/ 電話 0465-43-0251
●赤ちゃんひろば
5か月までの乳児とママ、妊婦さんが対象の子育て講座です。
【日】2月21日金曜日14時30分~15時30分
【場】マロニエ
【定】10組・申込先着順
【申】マロニエに電話または直接
●赤ちゃんデー
6か月までの乳児限定ひろばです。
【日】(1)2月13日木曜日10時00分~12時00分
   (2)2月21日金曜日13時00分~15時00分
   (3)3月 6日金曜日10時00分~11時45分
【場】(1)マロニエ (2)いずみ (3)おだぴよ
●赤ちゃんデー(すくすくデー)
0歳児とママの会です。妊婦さんや上の子も一緒に参加できます。
【日】2月14日金曜日10時00分~11時00分
【場】こゆるぎ  
【定】15組
【申】こゆるぎに電話で
●妊婦さんの集いの場
助産師が妊婦さんと、出産や子育てについて気軽に話し合います。
【日】2月21日金曜日14時30分~16時00分
【場】いずみ
●ヨチヨチデー
7~11か月の乳児限定ひろばです。
【日】(1)2月18日火曜日10時00分~12時00分
   (2)2月26日水曜日10時00分~11時00分
   (3)2月28日金曜日13時30分~15時30分
【場】(1)マロニエ(2)いずみ(3)おだぴよ
●専門職相談日
(1)管理栄養士(2)小児科医師(3)臨床心理士
【日】(1)2月 6日木曜日10時00分~12時00分
   (2)2月18日火曜日13時30分~15時30分
   (3)2月19日水曜日10時00分~12時00分
【場】(1)(3)マロニエ(2)おだぴよ
※申し込みが必要なもの以外は、直接会場にお越しください。


====================
#16 くらしのガイド おだわらいふ「スポーツ」
====================
--------------------
トレーニングルーム
利用者講習会〈3月分〉
--------------------
〔申込〕(1)小田原アリーナ 電話 0465-38-1144
(2)スポーツ会館  電話 0465-23-2465
(1)小田原アリーナ
【日】毎週火曜日14時00分~15時00分
毎週水曜日11時00分~12時00分
毎週金曜日19時00分~20時00分
毎週日曜日11時00分~12時00分
※3月11日水曜日・18日水曜日・24日火曜日・27日金曜日・31日火曜日を除く。
【対】高校生以上各日15人・申込先着順
【申】2月15日土曜日9時00分から
【ホ】http://odawaraarena.main.jp/
(2)スポーツ会館
【日】3月19日木曜日・28日土曜日
14時00分~15時00分
3月4日水曜日18時30分~19時30分
【対】高校生以上各日8人・申込先着順

--------------------
県障害者スポーツ大会
参加者募集
--------------------
【ID】P28674 障がい福祉課 電話 0465-33-1467
【日】(1)4月12日日曜日フライングディスク
   (2)4月19日日曜日ボウリング(知的)、アーチェリー(身体)
   (3)4月26日日曜日陸上(知的) 
   (4)5月10日日曜日陸上(身体)
   ※荒天時中止の場合有り。
【申】(1)2月17日月曜日(2)2月25日火曜日(3)3月2日月曜日(4)3月9日月曜日までに、障害者手帳を持って、障がい福祉課窓口に直接
※種目によって参加資格が異なります。

--------------------
おだわら駅伝競走大会の結果
--------------------
体育協会 電話 0465-38-3310
1月19日に「おだわら駅伝競走大会」が行われました。地区対抗の部では国府津体育振興会が1時間31分37秒の記録で初優勝し、一般対抗の部では、小田原NRが1時間30分27秒で3連覇しました。
〈地区対抗の部〉
優勝:国府津体育振興会
2位時桜井体育振興会
3位時橘北体育振興会
4位時東富水体育振興会
5位時酒匂体育協会
6位時富水体育振興会
〈一般対抗の部〉
優勝:小田原NR
2位時富士フイルムA
3位時小田原高等学校
4位時小田原NRα
5位時山北高等学校
6位時ライオンA

--------------------
城山陸上競技場 各種教室
--------------------
小田原アリーナ 電話 0465-38-1144
令和元年度第4期「ランニング教室」「大人のヒップホップ教室」を開講しています。
休んだ分を小田原アリーナの健康運動教室に振り替えられる制度もあります。
詳しくは、お問い合わせください。
【ホ】http://odawaraarena.main.jp/

--------------------
健康運動教室
--------------------
小田原アリーナ 電話 0465-38-1144
令和元年度第4期の各教室(約60教室)を開講しています。途中からでも、残りの回数分の料金で入会できます。
詳しくは、ホームページまたは小田原アリーナ総合受付まで。
【ホ】http://odawaraarena.main.jp/

--------------------
柔道・剣道錬成教室
--------------------
スポーツ会館 電話 0465-23-2465
新年度から柔道、剣道を一緒に行う新規館員を募集します。
【日】柔道 火・木・金曜日18時30分~20時00分
       (初心者は6月末まで火・木曜日)
   剣道 (初心者)火・水曜日18時30分~19時30分
       (経験者)火・木曜日18時30分~20時00分
【場】スポーツ会館
【対】(1)小学1年~中学3年生
(2)一般(高校生以上)
【費】登録料(年額) (1)1,800円(2)2,850円(傷害保険料含む)
   参加料(月額) (1)1,300円(2)2,000円
【申】申請書に登録料を添えて直接
   ※申請書は会館窓口にあります。
【ホ】http://odawara-jigyo-kyokai.jp/sports/

--------------------
城山陸上競技場の
競技用備品の更新
--------------------
【ID】P23575 スポーツ課 電話 0465-38-1148
競技用備品が新しくなりました。大会などで利用できます。これらの競技用備品の一部は、スポーツ振興くじ助成金の助成を受け購入しています。
※トラック、芝フィールドは、改修工事のため、3月19日木曜日まで使用できません。

--------------------
65歳からの筋トレ教室
--------------------
【ID】P03393  高齢介護課 電話 0465-33-1826
(1)いそしぎ マシン室
【日】4月7日~6月30日の毎週火・木曜日13時30分~15時00分
(2)いそしぎ ストレッチ教室
【日】4月6日~6月29日の毎週月曜日12時00分~13時00分
(3)アリーナ マシン室
【日】4月8日~6月29日の毎週月・水曜日10時00分~11時30分、13時00分~14時30分
(4)アリーナ ストレッチ教室
【日】4月6日~6月29日の毎週月・木曜日9時15分~10時30分
(1)~(4)共通
【対】市内在住の65歳以上の(1)(2)20人(3)(4)30人 ※身体の状態などにより選考
【費】1,500円(保険料)
【申】2月25日火曜日までに、電話で
※医師から運動を止められている人、「高齢者体操教室」に参加している人は、参加できません。


====================
#17 くらしのガイド おだわらいふ「健康」
====================
健康カレンダーと併せてご覧ください。
【ID】P24735

--------------------
3月の乳幼児健診と相談
--------------------
健康づくり課 電話 0465-47-4722
事業名/対象・実施日など
4か月児健診/令和元年11月生10・16日
8~9か月児健診/取扱医療機関にて
1歳6か月児健診/平成30年8月生11・19・23日
2歳児歯科健診/平成30年2月生9・17日
3歳児健診/平成28年8月生5・12・18日
いきいき親子育児相談/2日
親子心理相談/就学前の親子(電話申込制)
詳しくは、健康カレンダーをご覧ください。

--------------------
はつらつ健康相談(予約不要)
--------------------
【ID】P26635  健康づくり課 電話 0465-47-4723
血圧測定、足指力測定、健康・栄養相談などを行います。
2月5日水曜日/保健センター
【時】13時30分~15時00分

--------------------
がん集団検診(申込制)
--------------------
【ID】P26522  〔申込〕健康づくり課
電話 0465-47-4724  FAX 47-0830
【申】電話、はがき、ファクスまたは市ホームページの申込フォームで
※下記以降の日程は、市ホームページまたは健康カレンダーを参照。
検診日会場/胃がん/乳がん※/子宮頸がん
2月13日木曜日市役所1階/○//
2月15日土曜日保健センター/○//
2月22日土曜日保健センター/○/○/○
3月7日土曜日保健センター/○//
3月14日土曜日保健センター/○/○/○
※乳がん検診は、マンモグラフィ併用検診のみ

--------------------
「すこやか健康コーナーおだわら」
2・3月健康相談会
--------------------
【ID】P23410 健康づくり課 電話 0465-47-4723
血圧、血管年齢、脳年齢、骨健康度を自由に測定できます(月~金(祝日除く)の9時00分~17時00分)。保健師や栄養士が測定結果などの相談も受け付けます。
●栄養相談(栄養士) ※要予約
【日】2月13日木曜日、3月12日木曜日
9時00分~12時00分
●健康相談(保健師・看護師)
【日】2月26日水曜日、3月25日水曜日
13時00分~16時00分
【場】市役所2階すこやか健康コーナーおだわら

--------------------
献血
--------------------
【ID】P17481  健康づくり課 電話 0465-47-0828
【日】(1)2月2日日曜日・11日祝日・16日日曜日 10時00分~12時00分、13時30分~16時00分
   (2)2月4日火曜日 9時30分~12時00分
   (3)2月20日木曜日 9時30分~11時00分
   (4)2月23日祝日 10時00分~12時00分、13時30分~16時00分
【場】(1)ダイナシティイースト
   (2)鈴廣かまぼこ株式会社本社
   (3)相洋産業株式会社
   (4)フレスポ小田原シティーモール

--------------------
保健福祉事務所の相談と検査
--------------------
〔申込〕小田原保健福祉事務所 電話 0465-32-8000
●精神保健福祉相談
【日】2月18日火曜日・27日木曜日、
   3月12日木曜日13時30分~16時30分
●エイズ検査・相談
【日】2月19日水曜日9時00分~11時00分
●療育歯科相談
【日】2月27日木曜日9時00分~15時30分
●認知症相談
【日】3月6日金曜日13時30分~16時30分
【場】小田原合同庁舎4階
【申】前日までに、電話で

--------------------
風しん抗体検査と予防接種
--------------------
【ID】P14874 健康づくり課 電話 0465-47-0828
風しんが流行しています。感染予防には予防接種が効果的です。医療機関などで抗体検査を受診後、十分な抗体がない人は予防接種を無料で受けられます。
【対】昭和37年4月2日~昭和54年4月1日生まれの男性
【持】クーポン券、健康保険証
※昭和47年4月2日~昭和54年4月1日生まれの対象者には、クーポン券を平成31年4月に送付しています。昭和37年4月2日~昭和47年4月1日生まれの人や、対象者のうち、過去に市の助成を利用して風しん予防接種を受けた人、クーポン券を失くしてしまった人は、健康づくり課までご連絡ください。クーポン券を送付します。

--------------------
みんなで市民体操「おだわら百彩」
--------------------
【ID】P25379  〔申込〕健康づくり課 電話 0465-47-4723
小田原をイメージできる動きと、“なんば”の動きを取り入れた市民体操「おだわら百彩」のレッスンをします。
【日】(1)2月26日水曜日14時00分~15時30分
   (2)3月10日火曜日10時00分~11時30分
【場】(1)いそしぎ2階トレーニングルーム
   (2)UMECO会議室4
【定】各20人・申込先着順
【持】室内履き、飲み物、タオル
【申】各前日までに、電話で
※体操ができる服装でお越しください。

--------------------
令和元年度
高齢者肺炎球菌ワクチン
--------------------
【ID】P26768  健康づくり課 電話 0465-47-0828
【期】3月31日火曜日まで
【対】本市に住民登録があり、これまでに高齢者肺炎球菌ワクチンを接種したことのない人で、(1)(2)のどちらかに該当する人
   (1)令和2年3月31日時点で、65歳・70歳・75歳・80歳・85歳・90歳・95歳・100歳・101歳以上の人
   (2)60~64歳の人で、心臓やじん臓、呼吸器などに重い障がいがある人(身体障害者手帳1級程度の人)
【費】3,000円(市民税非課税世帯、生活保護世帯の人は、事前申請による負担金免除制度があります)
【持】(1)接種券(平成31年4月に対象者へ送付済)、(2)身体障害者手帳
(1)(2)共通
健康保険証など住所・年齢が分かるもの

--------------------
50歳頃から前立腺がんに
かかりやすくなります
--------------------
前立腺がんの初期は、自覚症状がほとんどありませんが、進行すると尿が出にくい、残尿感、血尿などがみられます。前立腺がん検診は、50歳以上の男性が対象となります。検査内容は、血液検査です。早期発見のため、自覚症状がなくても取扱医療機関で検診を受けましょう。

--------------------
休日・夜間急患診療カレンダー
--------------------
【場】保健センター 【持】健康保険証
●休日診療(日中)
 受付 8時30分~11時30分(歯科9時00分~) 13時00分~15時30分
内科、小児科、耳鼻咽喉科、歯科/眼科
2月 2日日曜日/○/○
2月 9日日曜日/○/-
2月11日祝日/○/○
2月16日日曜日/○/○
2月23日祝日/○/-
2月24日休日/○/-
3月 1日日曜日/○/○
3月 8日日曜日/○/-
3月15日日曜日/○/○

●準夜間診療 ※内科・小児科のみ
 受付  平日 19時00分~22時00分
      土・日曜日、祝休日 18時00分~22時00分
●連絡先
 休日・夜間急患診療所  電話 0465-47-0823
 休日急患歯科診療所  電話 0465-47-0825
 休日・夜間急患薬局   電話 0465-47-0826
●休日・夜間の病院案内   
 消防署   電話 0465-49-0119
●毎日、夜間の急患診療   
  毎夜間・当直医の診療科と小児科の診療 
 市立病院   電話 0465-34-3175


====================
#18 〈連載〉高齢者自立支援ケアマネジメント おしえて! はっするきゃっする
====================
人生100年時代。年を重ねても自分らしく暮らしていくために、自分にできることは何か、一緒に考えていきましょう。
【問】高齢介護課   電話 0465-33-1842 【WEBID】 P10170

--------------------
第7回  上手に介護サービスを利用しよう!
--------------------
最近、足腰が弱って掃除や買い物が大変

そんなときは…

自分にあった介護サービスを利用しよう!

 介護保険制度は、高齢者の皆さんが自分の意思に基づき、能力を最大限に生かして、自立した質の高い生活を送ることを目的にしています。自分の状態に合っていないサービスや不必要なサービスを利用すると、身体の機能が衰えてしまう恐れもあります。自分らしい生活を送るためには、介護サービスを効果的に利用していくことが大切です。
 介護サービスを利用するためには、あらかじめ要介護・要支援認定を受ける必要があります。また、利用できるサービスの内容や量は、介護が必要な度合い(要支援1~2、要介護1~5)に応じ、一人一人のプランを決めます。詳しくは、高齢介護課にお問い合わせください。

--------------------
介護サービスの上手な活用
--------------------
 高齢者の皆さんが「まだ自分でもできるんだ!」と感じることのできる支援が、「自立へ向けた介護サービス」です。「自立」=「全てを自分自身で行う」というイメージを持つ人が多いと思いますが、その人のできなくなってしまったところを、できるようになるように支援をすることがポイントです。できなかった調理や外出ができ、重度の人でもスプーンでご飯を食べられるなど、喜びと自信へとつながった人がたくさんいます。「より自分らしく」過ごすことができるよう、私たちケアマネジャーも一緒にお手伝いさせていただきます。ぜひ相談してください。
社会福祉法人小田原福祉会
潤生園れんげの里
ケアマネジメントセンター
岩﨑洋治さん


====================
#19 〈連載〉悪質商法の最前線 私は、だまされんぞう!
====================
第7話
1
衣服などの不用品を買い取りますよ
お願いするわ!
2
その指輪の写真だけ撮らせてください
売ってもよいアクセサリーはありますか?
3
いらないアクセサリーを持ってきました
これは高価な指輪だな…
カシャッ
4
全部で1万円です。ありがとうございました。
気づかれないうちにダイヤの指輪も買い取ってやったぞ
うっしっしっ
待たれよ!!

〈「悪質商法」は、あなたの大切な財産を狙っています。〉
手口は年々複雑多様化。「騙されない!」と思っているあなたこそ注意が必要です。

 「不用品を買い取ります」などと電話などで伝え、自宅を訪問してくるが、買い取ってほしいもの以外の貴金属なども強引に買い取っていく手口を「訪問購入」といいます。相場よりも安い値段で物品を買い取っていくこともあります。
 また、事前連絡をせず、突然訪問し、買い取りを勧誘することは禁止されています。

--------------------
忍法!
訪問での買い取りに注意せよの術!
--------------------
・突然、訪問してきた業者を家に入れてはならぬ。
・事前に買い取りを承諾したもの以外の物品は売るべからず。
・貴金属はむやみに見せない、触らせないようにすべし。

これって悪質商法!?
そんなときは、消費生活センターに連絡を。

電話 0465-33 -17 7 7


====================
#20 〈連載〉至誠・市政
====================
加藤憲一

『持続可能』へ、ワンチームで
 令和最初の年末年始。カレンダー上では9日間の「冬休み」でしたが所用や公務が多く、例年と同じように慌ただしく過ぎた感があります。それでも時間を見つけて、時代と社会の行方に目を凝らすべく、買い貯めていた本に目を通し、各種報道番組などをチェック。そうした中で、これから私たちが直面していくさまざまな難局への危機感を改めて確認しました。例えば、以下のような領域です。
 気候変動。北極圏・南極圏・永久凍土の氷解による海水面上昇や温暖化ガスの放出、森林火災の頻発による砂漠化、水資源の枯渇、農業環境の激変、気象災害の大規模化・頻発化などは、すでに現実のものとなり始めており、向こう数年間で脱炭素化に真剣に取り組むことは世界共通の最優先課題である。
 人口減少と少子高齢化。人口ピラミッドが逆三角形に向かいつつ全体人口が減っていく局面は、もはや不可避となっており、急激な変動が落ち着く定常レベル(日本では8,000万人ほどになるとも言われている)へと無事に軟着陸するためのさまざまな社会保障制度や財政などの充実が急務である。
 社会インフラの一斉の老朽化。高度成長期に整備された道路・橋梁・水道・下水道・公共施設などは、右肩上がりの成長が続くことを前提としていたため老朽化への財政的な備えがなされていない。一方で国土強靭化への要請もあり、膨大な更新費用に鑑み、何をどう維持するのか、取捨選択が問われる。
 人を育てる力の低下。「受験」という目標が偏重される日本の教育風土、多忙化を極める教育現場の疲弊、子育て世代の貧困化進行による教育格差の拡大、地域社会の絆の弱まりなどの課題を乗り越え、全ての子どもたちが心身ともに健やかに逞しく成長していける社会の姿を目指さねばならない、など。
 これまで小田原市が取り組み、「SDGs未来都市」にも認定された「持続可能な地域社会」づくりへの歩みは、むろんこれらの課題群を意識し、地域の現場からその克服を目指すものですが、それをより一層進化させねばならないとの思いを強くしています。小田原市は、今年で市制80周年。この節目に、80年前には想像すらされていなかった時代と社会の状況を正面から見据え、具体的な実践をしっかり進めていくべき時です。これまで培ってきた「市民力」「地域力」「協働」を礎に、ワンチーム・小田原の力を発揮していきましょう。_


小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) Odawara City, All Rights Reserved.