小田原市

新・北条五代記

新・北条五代記

城下町としての小田原を作り出したのが、15世紀末から16世紀末までの百年間、五代(ごだい)にわたって小田原を中心に東国(とうごく)を支配した小田原の北条氏でした。

このページは大河ドラマ『秀吉』の時代考証等を担当された、静岡大学名誉教授の小和田哲男さんによる、12本の文章を収録しています。

謎に満ちた北条早雲の出自をはじめとして、様々な学説や知見を紹介した文字情報ベースのページです。なお、この文章の出典等の情報については、ページ末にある「文書情報」をご覧ください。

(解説 小和田哲男)

この文章について

『新・北條五代記』に関する文書情報を表示しています


【出 典】広報おだわら(連載記事)
【元形態】紙媒体
【著者名】小和田哲男(静岡大学教授:歴史学)
【著作権/編集著作権】小田原市 1995-1998

1.早雲出自の謎

平成7年4 月1日号所収

2.応仁の乱と早雲

平成7年5 月1日号所収

3.北條早雲の伊豆討入

平成7年6 月1日号所収

4.小田原城奪取

平成7年7月1日号所収

5.二代氏網の北條改姓

平成7年8月1日号所収

6.三代氏康と合戦

平成7年9月1日号所収

7.氏康の領国経営

平成7年10 月1日号所収

8.北條氏の外交戦略

平成7年11 月1日号所収

9.四代氏政の時代

平成7年4 月1日号所収

10.五代氏直の家督相続

平成8年1月1日号所収

11.小田原合戦

平成8年2月1日号所収

12.北條五代が残したもの

平成8年3月1日号所収

【お読みください】

  1. 本文に記されている内容は、平成7年度執筆当時のものです。
  2. 表記は、西暦のみを全角漢数字から半角英数字に置き換えました。また、HTML文書の改行幅が狭いことを考慮し、段落ごとに1行の改行を挿入していますが、原文は縦書きのベタ打ちです。
    また、平成9年度の時点では、小田原市は「北条」という表記を用いており、タイトルは「北条五代記」となっていますが、オリジナルは「北條」となっています。本文の表記については、原文のまま「北條」となっています。
  3. この「新・北條五代記」は小田原市の著作物であり、情報の全体もしくは部分を、複製したり加工したりすることはできません。同様の情報をホームページで公開しているものについては、リンクを認めています。原則としてリンクした場合は電子メールでkoho@city.odawara.kanagawa.jpに、もしくは広報広聴課(電話 0465-33-1263)へ連絡をお願いします。
小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.