小田原市

五代氏直の家督相続

五代氏直の家督相続

北條氏直画像(早雲寺所蔵)

北條氏直画像(早雲寺所蔵)

 四代氏政も、自分が元気なうちに家督を子に譲りたいと考えており、天正八年(1580)八月、長男の氏直に譲り、隠居している。氏政の父氏康の隠居の年齢よりさらに若い四十三歳の隠居だった。

 しかし、氏政の場合も、隠居とは名ばかりで、依然として実権を握っており、いろいろなことは、父氏政の意向によって進められていた。

 氏直が家督を継いで二年後の天正十年は激動の年であった。その年三月に甲斐の武田氏が織田信長によって滅亡に追い込まれ、その信長も、六月二日、家臣の明智光秀に宿所の本能寺を襲われ、殺されてしまったからである。信長に好(よしみ)を通じていた氏政・氏直父子のことなので、信長のあとを継いだ秀吉にも、そのまま継続という形で好(よしみ)を通ずることも可能だった。ところが、氏政・氏直父子は、秀吉とは一線を画したのである。

 それが、氏直の考えだったのか、実権を握っていた氏政の考えだったかはわからない。しかし、前後の事情から考えると、父氏政の意向だったような気がする。

 では、後北條氏が、信長の天下統一事業には協力しながら、秀吉の天下統一事業への協力を拒否したのはなぜなのだろうか。


 この点について、氏政なり氏直自身が、自分の考えを述べたものは残っていないので、確かなことはわからないが、一つ考えられるのは、信長の段階では、信長との同盟といった意識だったのではないかということである。ところが、秀吉は、はじめから、関白(かんぱく)としての立場をふりかざし、後北條氏に対して臣従を求めてきた。関東に独自な世界を樹立しようと考えていた後北條氏にとって、豊臣政権に組み込まれることは迷惑なことだったのではなかろうか。

 初代早雲以来、後北條氏の歴代当主は、中央とは一線を画しながら、関東に小宇宙を作ろうと考えていた。「地方の時代」のさきがけといってもよい。

 秀吉の力が強大化してきたとき、単独では抗することが不可能と判断し、徳川家康・伊達政宗との同盟を強化している。つまり、後北條氏を軸にした徳川・後北條・伊達同盟である。秀吉の西国国家に対する東国国家をもくろんでいた。

 このあと、徳川・後北條・伊達同盟から家康が脱落してしまったので、東国国家樹立構想は不発に終わってしまったが、それはあくまで結果論であり、むしろ、秀吉の天下統一が実現しない可能性も大きかったことをここでは指摘しておきたい。

 家康が秀吉陣営に引きずりこまれてしまったことにより、その後の歴史はほぼ方向が決まったといってよい。氏直の苦悩が始まるのである。

 氏直は、家康の二女督姫(とくひめ)を娶(めと)っていた。しかし、家康からは、「秀吉に頭を下げないなら、督姫を返してほしい」と求められており、氏直は督姫と離別し、秀吉への敵対路線を選択したのである。
小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.