小田原市

三代氏康と合戦

三代氏康と合戦

氏康画像(早雲寺写し)

氏康画像(早雲寺写し)

 小田原北條氏三代目の氏康は、永正十二年(1515)氏綱の長男として生まれている。仮名(けみょう)の新九郎は、祖父早雲、父氏綱も名乗っていたもので、生まれながらにして嫡男の扱いだったのであろう。

 氏康の初陣(ういじん)は享禄三年(1530)六月のことで、このとき十六歳である。十六歳ながら、扇谷上杉朝興を武蔵小沢原で破っており、名将の片鱗をみせている。

 父の氏綱は、氏康に合戦のことばかり教えていたわけではなかった、このあたりが、北條氏飛躍の秘密がかくされていたところで、若いうちから一種の政治見習いをさせているのである。例えぱ、鎌倉の鶴岡八幡富に天文六年(1537)七月二十三日付の判物があるが、その署名のところを見ると、氏綱・氏康父子の連署となっている。氏綱は我が子氏康に責任を分担させることによって、自覚を高めさせようとしていたことがわかる。


 天文十年(1541)七月十九日、氏綱が死に、しばらくして扇谷上杉朝定が動き始めた。扇谷上杉氏だけでなく、それまでこれといった動きをみせなかった山内上杉憲政も、はっきりと氏康の前に立ちはだかり始めたのである。

 こうして、関東における旧勢力ともいうべき両上杉氏と新興勢力後北條氏の関東の覇権をかけた戦いのときが刻々と近づいていったのである。

 関東戦国史の分水嶺といってもよい戦いが、天文十五年(1546)四月に繰り広げられた。河越(かわごえ)の戦いである。このとき、氏康の側は最大に動員しても八千ほどにすぎなかった。

 それに対し、扇谷上杉朝定・山内上杉憲政・古河公方足利晴氏の連合軍は何とその十倍の八万であった。八万という数は誇張だったとしても、兵力的には氏康の側が圧倒的に不利だった。しかし、実際の戦いでは鮮やかな夜襲を成功させた氏康軍の大勝利で終わっている。

 この河越の戦いの勝利によって氏康の武蔵支配はゆるぎないものとなり、両上杉、それに古河公方の影響力は急速に低下していった。

 では、氏康の強さの秘密はどのようなところにあったのだろうか。いくつかの理由があげられるが、一つは、諸国からの名の知れた軍法の達人を招いていることである。特に名の知られた者として小笠原播磨守・伊勢備中守・大和彦三郎の三人がおり、三人は京から招かれている。つまり、氏康は、それまでの関東の戦法とは遵う上方の戦法を取り入れたことがわかる。氏康が柔軟な思考力をもっていた証拠である。

 そしてもう一つ注目されるのは、氏康が常々、「用兵術で、これはと思ったいい案があったならば、いくら身分の低い者でもかまわないから、直接、氏康まで申し上げよ」と言っていた点である。

 後北條氏の活力は、このようなところから生まれていったのかもしれない。
小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.