小田原市

外郎売

外郎売

ういろううり

小田原外郎の祖宇野藤右衛門定春は京都外郎家の庶流であった。外郎家は、中国元朝に宮礼部員として使えた陳宗敬を祖とした。外郎家は霊薬透頂香の製造者として知られ、室町幕府の要人、公家と深い結縁があった。北条氏の招きで小田原に来住した藤右衛門も、この縁から京文化の伝達者の役割を果たした。江戸時代透頂香を売る外郎売は市川家の歌舞伎十八番の一つに数えられるようになり、世評を高めた。

(岩崎宗純)

外郎売に関しては5点の浮世絵作品をご覧いただけます。

東海道・小田原・外郎売(保永堂)

東海道・小田原・外郎売(保永堂)

拡大図を見る

UK09-001-096
歌川豊弘
四ツ切竪絵 文化初年(1807)頃


東海道・小田原・外郎売(部分)
東海道・小田原・外郎売(部分)
東海道・小田原・外郎売(部分)
 

東海道五十三次 小田原ういろう

テキストテキストテキストテキスト

拡大図を見る

UK09-002-097
三代豊国
東海道五十三次 小田原ういろう
大錦竪絵


大錦竪絵(部分)
大錦竪絵(部分)
大錦竪絵(部分)
 

小田原 外郎売 文化前期

小判横絵

拡大図を見る

UK09-003-098
葛飾北斎
小田原 外郎売
小判横絵 文化前期(1804〜1810)


小判横絵(部分)
小判横絵(部分)
小判横絵(部分)
 

小田原 外郎売 享和〜文化初年

小判横絵

拡大図を見る

UK09-004-099
葛飾北斎
小田原 外郎売
小判横絵 享和〜文化初年(1802〜1807)


小判横絵(部分)
小判横絵(部分)
小判横絵(部分)
小判横絵(部分)

小田原 外郎売 文化中期

小判竪絵

拡大図を見る

UK09-005-100
葛飾北斎
小田原 外郎売
小判竪絵 文化中期(1808〜13)


小判竪絵(部分)
小判竪絵(部分)
 
 

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.