小田原市

市長の日記

市長の日記

[先頭]  <<    1   [2]   3   4   5   >>   [最後]
2017年11月28日(火)

木材活用のまちを視察

  21日、朝一番の羽田空港発で岡山へ。小田原市長として、全国市長会の「林政問題に関する研究会」のメンバーに加わっており、岡山県真庭市にて行われた研究会主催の現地視察に参加しました。「里山資本主義」などで紹介され、一躍全国的に有名となっている、真庭市における木材を活用した様々な取り組みには、以前から関心を持って来ましたが、なかなか足を運ぶチャンスがありませんでした。
  視察では、真庭市役所市庁舎内外の木質化の様子、市庁舎に導入されている木質バイオマスなどの設備概要、真庭市に本社のある銘建工業㈱でのCLT(直交集成板)製造工場、隣接する木質バイオマス発電所、市内の山林から集められる木質資源の広大な集積場などを見学。いずれも、その規模の大きさに驚くとともに、市域全体での連環や持続可能性がしっかりと組み立てられていることを確認。
  会議場に戻って、林野庁より関連分野への支援制度などについてのレクチャー、真庭市長から真庭市における木材活用の取り組み報告、山口県長門市長から同市内における木材活用の事例報告、森林環境税の採択に向けた国への提言文書の取りまとめなど、研究会として情報と知見の共有が図られました。その後の交流会では、全国各地から集まった市長さんらと意見交換。
  翌日午前10時半からの定例記者会見に間に合うよう、交流会後ただちに岡山駅まで2時間の夜汽車の旅、翌朝の6時発新幹線で小田原へと戻る強行軍でした。

続きを読む...

2017/11/28 12:06 | 未分類

2017年11月27日(月)

善意通訳者の会、異業種研修

  18日、「市長の現場訪問」として、「小田原・箱根善意通訳者の会(略称:OHSGG)」の皆さんと意見交換を行いました。
  この会は、小田原・箱根及びその近郊を訪れる外国人観光客を対象に、英語やその他の外国語で地域ガイドを行い、旅行の手伝いをすることで、安心して観光や滞在を楽しんでもらうことを目的に活動している、通訳ボランティアグループ。市内だけでなく県内各地から、語学に堪能な、あるいは外国語を使うお仕事の経験がある人など60名ほどが参加しており、28年度には年間で約150件のガイド依頼に対応されたそうです。
  この日は、私との意見交換に向け、改めて小田原をガイドするうえでの課題、小田原への提案などを取りまとめて頂いており、その発表を踏まえた意見交換となりました。実際、OHSGGの皆さんがガイドするエリアは圧倒的に箱根が多く、小田原はとても少ないとのこと。報告の中では、外国人観光客の多くが来日前にチェックするサイト「lonelyplanet(ロンリープラネット)」には、神奈川県内では箱根や鎌倉の記述が詳しいものの、小田原については「お城はあるが、訪問する価値は低い」といった評価だそうです。実際に会員の皆さんが感じている、小田原市のHPの外国語案内の問題や、観光ルート上の様々な整備など、多くの課題をご指摘いただきました。
  一方、外国人観光客の多くは、富士山の眺望や温泉など、有名な観光スポットへの関心に加え、日本人の普通の暮らしぶり(生活感)を体験したい、宿泊は民泊などで簡単にして街なかで飲食したいといった希望もあるようで、そういう点から小田原の魅力を再編集してはどうか、といったご意見も頂きました。いずれにせよ、これから増加することは間違いない外国人観光客に、小田原の魅力をいかに伝え、楽しんで頂くかを考える上で、OHSGGさんの豊富な知見を市観光政策に活かしていきたいと、私からもお願いしました。

続きを読む...

2017/11/27 13:34 | 未分類

2017年11月24日(金)

小田原オリーブ、初搾り!

  20日、待ちに待った、嬉しいご報告がありました。
  小田原市では、担い手の高齢化と後継者不足、鳥獣被害の拡大、農地の荒廃化などが進みつつある、小田原の柑橘園地などでの転作品目として、オリーブに着眼。その作付けを奨励してきました。国内屈指の生産地である小豆島の農家や行政の皆さんにバックアップを頂きながら、良質な苗を仕入れ、その購入に補助を行い、平成26年から市内各所でオリーブの栽培が始まり、毎年本数は拡大。一般的に、苗を植えてから収穫できるまで5年程度かかると言われるオリーブ。そろそろ収穫ができるかな、と期待していましたが、今年いよいよ、初めてのまとまった収穫と、それを絞ったオリーブオイル、そして新漬け(塩漬け)が届けられたのです。

続きを読む...

2017/11/24 09:55 | 未分類

2017年11月22日(水)

八王子いちょう祭り

  19日は、朝から八王子へ。昨年10月に姉妹都市盟約を締結した八王子で開かれた「八王子いちょう祭り」に参加しました。
  前日の曇天と打って変わって、雲ひとつない快晴。圏央道開通により車で1時間の近さとなった八王子の街なかは、美しく色づいた銀杏並木が見事。同じく姉妹都市となった埼玉県寄居町の皆さんも合流、まずは午前11時過ぎから行われた恒例のクラシックカーパレードに参加。毎回、全国各地からマニアの皆さんが愛車とともに集結し、銀杏並木の下をパレードするイベントで、沿道からは多くの人たちが声援を送って下さいます。私と小田原市観光協会の石田会長は、長野県中野市から参加されたという会社経営者の伊藤さんに、愛車であるベンツのオープンカーに乗せていただき、襷に小田原提灯というスタイルで小田原をピーアール。沿道の皆さんからは「小田原、行きましたよ!」とか「姉妹都市だよねー」といった声をたくさん掛けて頂き、温かな気持ちになりました。

続きを読む...

2017/11/22 10:32 | 未分類

2017年11月21日(火)

第19回ツーデーマーチ

  18日、19回目を迎えた「城下町おだわらツーデーマーチ」が開催されました。事前の天気予報では雨マークが取れず、雨降りを覚悟していましたが、途中パラついた程度の曇天で済み、予定通り無事に開催することができました。
  朝8時出発の30kmコースをはじめとして、1時間おきに20km、10km、6kmと、4つのコースの出発式にて参加者を激励した後、私も6kmコースにウォーカーとして参加。西海子小路、板橋旧街道、白秋童謡の小径、総構東堀、城山公園を経由して小田原城に戻る、コンパクトながら、小田原の歴史や文化、なりわいに触れることのできるコース。途中、岡田邸の色づき始めた庭園、小田原文学館、下田豆腐店、旧内野醤油店、松永記念館と老欅荘、城山公園からの小田原城の眺めなどを楽しみながら、2時間半ほどかけてゆっくりと歩きました。

続きを読む...

2017/11/21 11:37 | 未分類

2017年11月20日(月)

防災訓練、外郎藤右衛門襲名を祝う会

  16日、午前9時より午後3時過ぎまで、市庁舎内において災害対策本部訓練が行われました。小田原沖を震源とする震度6強の地震が発生、市内では50人の死者、200人の重傷者、住宅など2000棟の倒壊、避難住民4万人以上、発災後24時間経過という想定で、市役所における様々なレベルの状況対応をテーマとした訓練でした。事前に配布されている被害状況に加えて、9時以降に時々刻々と生ずる「状況」情報がもたらされ、それにその場でどのように対応するかを判断し実行するというシミュレーションを、庁内の各所で実施。

続きを読む...

2017/11/20 11:34 | 未分類

2017年11月16日(木)

優良工事表彰、SKY圏サミット

  15日午前、平成28年度に実施された公共建設工事の優良工事施行者に、感謝状を贈呈しました。「優良工事」とは、市の「請負工事成績評定要綱」に基づく評点が80点以上の成績であったもので、28年度は14工事が該当、その施工にあたった12事業者が対象となりました。
  14工事の中には、市民の命を支える水を安定的に供給するうえで欠かせない、曽我山中腹にある中河原3号配水池の築造や、本市の観光振興の大黒柱となっている小田原城天守閣の耐震改修工事、市民の生涯学習活動の本拠となっている生涯学習センターけやきの耐震改修など、たいへん重要な工事が幾つも含まれています。一社ごとに感謝状をお渡ししながら、感謝の言葉をお伝えしました。
  人口減少による税収の伸び悩み、高齢化に伴う医療・介護関係費用の増大などによって、市が投ずることのできる投資的経費の枠は年々厳しくなる傾向にある中、限られた予算で老朽化の進む各種公共インフラや公共施設の維持更新を図るには、事業者の豊富な経験や高い技術、コスト管理、施工管理による工事の品質確保が不可欠。その点、市内の優良な事業者の存在は心強いものがあります。こうした表彰制度はまことにささやかなものではありますが、各事業者が少しでも今後の事業活動への励みとして頂ければと思います。

続きを読む...

2017/11/16 11:13 | 未分類

2017年11月15日(水)

健康おだわら普及員の皆さんと

  市の広報広聴事業の新しいスタイルとして、カフェでコーヒーを楽しむような気持で気軽にコミュニケーションできるよう、ここ数年「まちカフェ」という形での市民との意見交換会を開いています。 14 日は、「健康おだわら普及員」の皆さんと、小田原市保健センターにてまちカフェを実施。 19名の皆さんからいろいろなお話を伺うことができました。
  健康おだわら普及員には、体操教室や栄養教室、公民館等での健康関連の講演会などの企画実施、健民祭等での健康チェック、普及員だよりの発行など、各地域での健康づくり活動を担って頂いており、昭和 55 年の創設以来、市内で 80 名ほどの皆さんが活躍しておられます。健民祭などで、会場の一角に健康コーナーを設け、オレンジ色のTシャツなどで健康測定などをされている姿は、多くの市民の皆さんが目にしていることでしょう。

続きを読む...

2017/11/15 14:10 | 未分類

2017年11月14日(火)

好天の日曜日

  日光から戻った翌日の 12 日は、朝から素晴らしい快晴。
  朝一番で、城北中学校へ。桜井地区のスポーツフェスティバル会場に伺いました。桜井地区では、地区対抗の競技種目からなる「健民祭」から、様々なニュースポーツや、各種の体力・運動能力測定などのコーナーが運動場に幾つも設けられ、個人で参加でき、また時間にとらわれずいつでもチャレンジができるような「フェスティバル」形式に変更し、今年で 4 回目となります。地域の絆を深めるという健民祭ならではのメリットが薄まる反面、誰でも気軽に楽しめスポーツに親しむことができるメリットがあり、競技種目への出場選手を集める必要がないことなどから、注目されています。この日、朝一番の開会式には多くの皆さんが集いました。雪化粧した富士山、そして抜けるような青空の下、和やかにスポーツを楽しまれたことでしょう。今年度の小田原市での健民祭行事は、これで全地区が終了しました。

続きを読む...

2017/11/14 11:17 | 未分類

2017年11月13日(月)

報徳サミット日光大会

  10日・11日と、日光へ。好天のもと、全国より報徳関係自治体の首長などが集い、交流と学びを深めた2日間となりました。

続きを読む...

2017/11/13 13:54 | 未分類

[先頭]  <<    1   [2]   3   4   5   >>   [最後]

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.