小田原市

市長の日記

市長の日記

[先頭]  <<    3   4   [5]   6   7   >>   [最後]
2017年10月06日(金)

全史協東広島大会

  決算特別委員会が終了した3日夕方に小田原を発ち、夜遅くに東広島入り。4日より東広島市で開催された全国史跡整備市町村協議会(略称:全史協)の第52回大会に参加してきました。
  4日の大会は、東広島市の中心部に27年度に竣工したばかりの東広島芸術文化ホール「くらら」にて開催。午前中の役員会、午後の総会・講演会、その後の情報交換会と続き、役員各市町の首長さんたちと旧交を温め合うとともに、文化庁の史跡整備に関する今後の施策についての情報共有、文化庁の京都移転のスケジュールや 体制などを確認。記念講演では、広島大学客員准教授のウェルナー・シュタインハウスさんよりドイツにおける遺跡の保全と利活用について興味深いお話を伺いました。
 

続きを読む...

2017/10/06 11:05 | 未分類

2017年10月05日(木)

花と緑、障がい者スポーツ

 市では、街なかに花と緑を増やすべく、各商店会と連携した緑化事業や、中央通りなどでのフラワーバスケット設置などの取り組みを進めています。この度、そうした動きに呼応するように、小田原松風ライオンズクラブの皆さんが統一奉仕デー事業の一環として、1日、UMECOに近い幸田口通りの街路灯にフワラーバスケットを設置してくださいました。ありがたいことです。
 以前視察した函館などでは、地域の企業や民間団体などがスポンサーになって、街路灯などにフラワーバスケットを設置しているケースが見られます。歩行者の目線の高さに花が飾られていることの効果は大きく、来街者に好印象を与えると共に街を明るく華やいだ雰囲気にしてくれます。こうした活動が今後も広がっていくと素晴らしいでしょう。
 

続きを読む...

2017/10/05 12:00 | 未分類

2017年10月04日(水)

八王子市制100周年

  1日午後、昨年10月に姉妹都市盟約を結んだ八王子市へ。市制100周年を祝う記念式典などに参加、友好と絆を深めました。
  戦国期に関東での覇権を確立した北条氏康の息子三兄弟、小田原の氏政、八王子の氏照、寄居の氏邦。この強い絆にちなみ、この2市1町による姉妹都市盟約を、八王子市は市制100周年の記念事業として提案されました。もとより、それぞれの間で長年にわたる交流は続けられてきましたので、その関係はさらに確固たるものになっていくことでしょう。
  記念式典は、数年前に竣工したばかりの八王子駅隣接の複合施設内にあるオリンパスホールにて、2000人近い参加者を集めて盛大に開催されました。壇上には、国内外の姉妹都市から首長や議長も参列。小田原からも私と加藤議長が登壇させていただきました。
  やはり100周年記念事業として開催されている全国都市緑化フェアの会場を事前に訪ねましたが、広大な運動公園が花と緑で見事に彩られていました。人口58万人の、東京都で最大の市の玄関口となる八王子駅周辺も賑やかで、式典会場となったオリンパスホールを含む再開発ビル、その隣に建設中の大規模再開発など、活況を呈しています。21の大学や専門学校が集中する学園都市でもあり、また近年は圏央道の整備により大規模事業所の集積も進んでおり、更なる発展の余地は大きいでしょう。
 度々小田原を訪れて頂いている石森市長、前任の黒須前市長とガッチリ握手してお祝いを伝えたほか、毎年の相互訪問などですっかり顔馴染みになっている市職員や観光団体の皆さんなどと歓談。同席された寄居町や、共通の姉妹都市である日光市の皆さんも含め、絆の深まりを確認した1日となりました。

続きを読む...

2017/10/04 11:32 | 未分類

2017年10月03日(火)

かまぼこ通りで山車小屋整備

 好天に恵まれた1日は、朝から各地で様々な行事がありました。

 朝一番で曽我地区と緑地区の健民祭でそれぞれ開会式にてご挨拶をさせて頂いた後、HaRuNeへ。この日から共同募金会(赤い羽根)の街頭募金運動が全国一斉にスタート、小田原市支会でも市内各所にて行う街頭活動に先立ち、開会セレモニーがうめまる広場にて行われました。自治会総連合、民生委員児童委員協議会、地区社会福祉協議会、市老人クラブ連合会、障がい者団体、各福祉活動団体などの皆さんが勢揃いし、地域での助け合いを進める民間活動への支援を趣旨とする共同募金の広がりに向け、思いを分かち合いました。

続きを読む...

2017/10/03 14:56 | 未分類

2017年10月02日(月)

あみん、鹿倉選手、大熊町の皆さん

  10月に入りました。週末の健民祭などではまだ陽射しが強く、暑さを感じましたが、今週半ばからぐっと涼しくなりそう。季節の変わり目だからでしょうか、私も先週後半は体調を崩し珍しく発熱、一部公務を副市長らに託したところです。
  決算特別委員会で審議が行われている中、先週も様々な来客などがありました。
  27日は、地域でお互いを支え合っていこうという趣旨で活動を続ける「地域ささえ愛あみん」の皆さんによる、恒例の市役所ロビーでの作品展示会があり、私も会場を訪ねました。「あみん」の皆さんは、マロニエを拠点に定期的に集い、古い布のリメイクや、ハンドメイドの小物やアクセサリーなどを、高齢者や障がい者なども含めた様々な人たちが交流しながら手作りし、その空間を通してお互いの状況を把握したり、支え合っていく活動を展開されており、今年で8年目になります。市役所での作品展示会もすっかり定着、私も毎回かわいらしい小物や手作りの雑巾、我が家でも好評の廃油石鹸やジャムなどを買わせていただいています。品ぞろえも増え、皆さん元気そうで何よりです。

続きを読む...

2017/10/02 11:58 | 未分類

2017年09月29日(金)

ノーザンビーチ市から

  27日、オーストラリアのノーザンビーチ市より、「ときめき国際学校」の交流プログラムに参加する中高生たち20名が、市役所を表敬訪問してくれました。
  小田原市は、オーストラリアの旧マンリー市と友好交流を始めて、以来4半世紀以上にわたって相互に中高生の訪問と交流のプログラムを継続しています。そのマンリー市が、現地の州政府の方針(日本では考えにくいトップダウンの仕組みです)によって、隣接するピットウォーター市、ワリンガ市と合併し、昨年度新たに「ノーザンビーチ市」となりました。旧マンリー市の議会や執行部は解任、行政組織も新市へと糾合され、行政体としてのマンリー市は無くなってしまったのです。しかし、この歴史と実績のある青少年国際交流事業は何としても存続させたいと、旧マンリー市の関係者の皆さんが尽力。今年度は例年通りの実施となったものです。
  13歳から17歳までの生徒たちは、前日に日本についたばかり。やや緊張した面持ちでしたが、代表の生徒の立派な日本語での挨拶、私と市議会の加藤議長から一人ひとりにプレゼントを渡すうちに、笑顔が見られるように。7月に先行してノーザンビーチ市を訪れた日本の中高生の自宅にホームステイし、10月6日の離日まで、小田原を含めた日本の文化を学びつつ、貴重な交流を深める予定です。
  ノーザンビーチ市の新しい市長が、訪問団が到着した日に現地で選出されたとのこと。40代の若い男性市長のようです。早速に就任を祝うメッセージを送り、併せてこの事業が発展的に継続されていくよう、要請をしていきたいと思います。

続きを読む...

2017/09/29 11:48 | 未分類

2017年09月27日(水)

9月定例会前半終了

  お彼岸が明け、日中は残暑を感じるものの、朝のウォーキングではずいぶん日が短くなり、Tシャツでは少しひんやりするようになりました。あちこちで、キンモクセイの香りが漂っています。郊外の農地では、稲刈りが半分くらいは済んだようで、足柄平野全体が秋らしくなってきました。
  4日から始まった市議会9月定例会は日程通り審議が進み、提出議案などはすべて可決。19日から25日まで行われた一般質問では、合併関係や公共施設の質問が多少重複しましたが、多岐にわたる分野に質問は分散。そのなかでも、「プログラミング教育」「情報リテラシー」など、ICTの急速な進化を踏まえた人材育成の課題についての議論が印象に残りました。
 この間並行して、中心市のあり方に関する任意協議会の結果を踏まえた説明会やシンポジウムを開催しています。各会場では参加人数が少ないものの、とにかく丁寧に説明することに心がけています。説明会は、27日のマロニエ、28日のこゆるぎ、そして10月8日の保健センターと続きます。

続きを読む...

2017/09/27 14:41 | 未分類

2017年09月14日(木)

秋へ

 カラ梅雨で暑かった7月、雨が続いた7月下旬からお盆、残暑のない晩夏と続き、秋の訪れがずいぶん早いと思っていたら、13日は久しぶりの晴天で残暑の気配。それでも、木陰に入れば涼しい風が吹き、やはり例年より早い秋の訪れを感じます。台風18号が通り過ぎれば、すぐお彼岸。本格的な秋がやってきます。
 我が家の庭先も、先週末までにはゴーヤやアサガオの蔓を撤収。明るい日差しが入るようになると、「ああ夏が終わったなあ」となるのが恒例。空いたプランターに菜の花などを蒔く準備を、時間を見つけてしなくては、と思っています。
 4日から始まっている市議会9月定例会は、先週から今週にかけて各常任委員会が開催され、審議が一通り済んでいます。来週19日から25日にかけて行われる一般質問に向け、今日から答弁の準備に入ります。その後、直ちに決算特別委員会が始まり、10月3日の総括質疑を経て6日に採決し、長丁場の9月議会は閉幕となります。
 その間、合併に関する説明会の複数回開催、市民ホール事業提案の第1次選考会といった重要案件への対応に加え、今週末に集中する敬老行事、各週末の健民祭、小田原映画祭やえっさホイおどり、市民文化祭などの各種市民イベント、小田原文化財団による「江之浦測候所」オープニングなど、様々なスケジュールが入ってきます。
 忙しくも賑やかな、秋のシーズンです。(市議会9月定例会対応のため、日記更新はしばらく休みます。)

2017/09/14 10:43 | 未分類

2017年09月13日(水)

彫刻家・横田七郎さんの作品

  11日、小田原が誇る彫刻家・横田七郎さんの作品を拝見するべく、市内中里にある横田家のアトリエを訪ねました。
  横田七郎さんの作品は、尊徳記念館に立つ二宮金次郎像や、市役所2階ロビーに設置されている歴代名誉市民の胸像などをはじめ、市内の各所で見ることができますが、それ以外にも小動物や魚、躍動感あふれる人物像、インドやシルクロードからの影響が色濃い仏像、またそうしたモチーフの素描や木版画など、700点ほどの作品を遺しておられます。
  正確なデッサンをもとにした写実的な、かつ対象の特徴を的確に捉え表現する彫りの技術は、横田さんの若いころから高く評価されています。私も折々の作品展には足を運び拝見してきましたが、作品の質感とリアルさ、そしてデザインの力に、いつも強く惹きつけられてきました。

続きを読む...

2017/09/13 10:57 | 未分類

2017年09月12日(火)

合併説明会スタート

 長野から戻っての先週末も、諸行事が重なりました。

続きを読む...

2017/09/12 16:43 | 未分類

[先頭]  <<    3   4   [5]   6   7   >>   [最後]

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.