小田原市

市長の日記

市長の日記

[1]   2   3   >>   
2017年01月31日(火)

ケアタウン シンポジウム

  1月も今日で終わります。週末から昨日にかけては、桜が咲くかと思われるような陽気でした。先週あたりの寒さで開花ペースが鈍るかと思った梅は、この陽気と、一昨日の夜に降った雨で、また花が開いたことでしょう。早咲き種はすでに満開状態、下曽我ではすでに散り始めている木もあるとのこと。今週土曜日に開園式を迎える梅まつりでは、全体として早くも見ごろの状態となりそうです。

  28日、おだわら総合医療福祉会館にて、「ケアタウンおだわらシンポジウム」が開催されました。「いのちを大切にする小田原」を市政の筆頭命題に掲げる小田原市として、サポートが必要な高齢者・障がい者・子育て世帯などを地域の中でお互い様の気持ちをもって支え合い、安心して暮らすことのできる地域社会として「ケアタウン」を創っていくことを目指し、数年来にわたって取り組みを進めてきました。
  現在、26の自治会連合会エリアのうち20地区で、その地域の課題に応じたケアタウンづくりが取り組まれており、新年度も新たに4地域が活動を開始する見通しとなっていて、ケアタウンは市内全域に着実に広がりつつあります。一方、活動の内容は地域の課題や主体性によって様々であり、またその担い手は地域コミュニティの諸活動の担い手と重複しているなど、今後小田原市としてより本格的に進めていく上で、目標(目指すべきケアタウン像)の明確化や、地域の中での役割分担や担い手確保が課題となっています。
  今回は、そのような時期を捉え、改めてケアタウンへの歩みを振り返るとともに、今日の日本の地域社会が直面している地域福祉上の課題の確認と、市内各地で進んでいる事例の報告、そして各種関係団体の代表者らによるシンポジウムを企画しました。広域に渡り地域福祉にかかわる事業を行っている、よこはま地域福祉研究センターの佐塚 玲子さんに基調講演とシンポジウムのコーディネートをお願いし、豊富な活動実績から示唆に富むお話を伺いました。事例報告では、東富水地区でのケアタウン活動から生まれ現在市内6地区に広がっている「生活応援隊」の久野における取り組みと、障がいのある人たちへのサポート活動に取り組んでいる山王網一色地区や「ささえ愛・あみん」の事例などの発表。地道ながら、着実に活動が進んでいることを、とても心強く聴かせて頂きました。
  今後は、地域コミュニティ活動の重要な一環として、ケアタウンの活動を位置づけ、これまで以上に地域を挙げて取り組んでいくことが必要になるでしょう。地域の中に潜在している、支えが必要な人たちの存在と、それに手を差し伸べたいと思っている人たちの存在が、よい形で出会っていけるよう、それぞれの地域の取り組みが育っていくことを期待し、また行政としてもしっかり支えていきたいと思います。

2017/01/31 13:56 | 未分類

2017年01月30日(月)

パン&カマス

  27日、市内在住の料理研究家である竹内絢香さんによる、小田原のカマスを使った新メニューのご披露がありました。
  竹内さんは昨年3月末に、ご主人の転勤の関係で東京から小田原へ越してこられたばかり。子育てをされながら、料理研究の中でも最近は特にパン教室の先生を養成する講座を開かれており、パン作りのエキスパートでもあります。昨年11月の広報小田原にもご登場頂き、地域に根を張って、小田原の豊かな素材を生かした活動に取り組んでおられる様子を紹介させていただいたところです。
  経済部水産海浜課では、小田原の魚のブランド化と商品開発への取り組みの一環として、カマスを使った新たなメニュー開発を進めていますが、今回はこの作業に竹内さんにも応援を頂き、パンとカマスを組み合わせたメニューが考えられないか、試作をお願いしていました。この日は、そのお披露目ということで、私も試食をさせて頂いたものです。
 竹内さんが最近取り組んでいる、低温長時間発酵で焼き上げられた、各種のおいしいパンに、様々に調理されたカマスがアレンジされ、見た目も食欲をそそる彩りが施され、すでにブレイク中の「かます棒」とは異なる、おしゃれでヘルシーなメニューに仕上がっていました。その名も、「かますチョビ+バターのパニーニ」「シチリア風オープンサンド」「かます棒とタルタルソースの揚げ玉ねぎパニーニ」「かますとじゃがいものコロッケサンド」「フライドかますパニーニ」。むろん、どれもたいへん美味しく頂きました!竹内さんも、「カマスはとても調理がしやすいので、いろいろな活かし方がありそう」とのことでした。
 今後、今回考案していただいたメニューをどのように一般向けに食べてもらえるか、取り扱う事業者や販売などの方法も含め、関係各分野の皆さんと相談していくことになります。多くの方に食べていただきたいと思います。

続きを読む...

2017/01/30 13:51 | 未分類

2017年01月27日(金)

地域文化を語る会

  27日午前、市内で様々な文化芸術活動を行っている諸団体から構成される「小田原市文化連盟」(以下、略称である「市文連」)の皆さんと、地域文化について語る懇談の場が設けられました。
  市文連は、演劇・音楽・邦楽・展示・文芸の分野で活動する24の団体で構成されており、各団体の活動を通じた文化振興はもとより、共同での市民文化祭開催や無尽蔵プロジェクトでの活躍など本市全体の文化振興や担い手育成にも大きな力を発揮していただいています。各団体の皆さんとはそれぞれの活動の場でお目にかかりますが、年に一度、市文連として市長としっかり向き合い、文化活動団体が直面する課題の共有や、今後の文化振興に向けた意見交換を行っているものです。
  今回は、大きく二つのテーマについて意見交換を行いました。ひとつは、各団体の活動状況と小田原の活性化について。もうひとつは、市民ホールについて。
ひとつめのテーマでは、8つの団体の代表者から、各団体が直面する担い手不足・世代交代・幅広い情報発信・手軽な参加の場作りなど、いくつもの課題が披瀝され、それぞれ今後の打開策について、団体ができること、行政が支援すべきことなどを共有。共通しているのは、それぞれの歴史的経過の中で限られた関係者や愛好家の人たちのなかで閉じがちだった活動を、外に開き、特に若い世代にも伝えていくことの必要性。このあたり、行政としても次代を担う人づくりに取り組むべきと考えており、連携していくべきテーマです。
  市民ホールについては、新たにできる施設をおそらく最も利用される市文連の皆さんであり、具体的にどのような施設の仕様を願っておられるのか、機能や規模、クオリティ、使い勝手など、多岐にわたりご意見を頂きました。現在、新たなホールの仕様について要求水準書案を作成中ですが、限られた財源の中でどこまで整備できるか、諸団体のご意見も踏まえながら取り組んでいくことをお伝えしました。ご要望は多岐にわたってあるものの、皆さんは新しい市民ホールの完成を待ち望んでおられ、事業の推進に向けて前向きなご意見や励ましをいただけたこと、とても有難く受け止めました。

2017/01/27 17:23 | 未分類

2017年01月26日(木)

旭丘高校から力士誕生

  25日、学校法人新名学園旭丘高等学校の水野理事長からお手紙が届き、同校3年、相撲部の主将である矢野雄一郎さんが名門・伊勢ヶ濱部屋に昨年11月入門、角界入りを果たし、伊勢ヶ濱親方(第63代横綱旭富士)より「桜富士」の四股名を授けられたとのことです。早速に新年早々の大相撲1月場所にて、西の序の口二十枚目からスタートをきって、今場所では5勝2敗で勝ち越しを収められたそうです。

続きを読む...

2017/01/26 11:49 | 未分類

2017年01月25日(水)

2市協議、各論へ

  24日、「小田原市・南足柄市 『中心市のあり方』に関する任意協議会」の第3回会議が小田原市役所にて開催されました。この秋までに協議会で議論を行っていく3つのテーマのうち、実質的な中心テーマである「合併検討」について、その議論の前提となる「合併方式」及び「時期」について、長時間にわたり意見交換が行われました。
  特に合併方式については、一般的に「新設」と「編入」がありますが、それらを両方とも仔細に検討していくことは限られた時間の中で厳しいこと、両市の人口規模や都市機能の集積度、「新設」とした場合に両市とも法人格を一度失うなど行政機能の停滞が懸念されること、合併のデメリットとして指摘されている「編入される側の住民参画や行政機能の弱まり」にしっかり配慮した協議が望まれることなどの理由から、会長である私と副会長である南足柄市長より、今回の協議については小田原市に南足柄市域を編入するという方式を前提として、合併のシミュレーションを行うことを提案。様々なご意見を各委員から頂きましたが、全体としてその方式で協議を進めることで合意がなされました。
  その中で、南足柄市の委員さんから、「合併によって、南足柄市、特にその縁辺部などに行政サービスが行き届くのか、各地域の思いがしっかりと行政に反映されるのか、住民参画はできるのか」などについての懸念があることから、いわゆる都市内分権について特別に協議する小委員会設置の提案があり、これについてはその場で全体に諮り、次回に正式に協議の俎上に載せて設置する方向となりました。大事な点です。
  協議会には、首都大学の大杉教授、明治大学の牛山教授にも委員として参画頂いています。特に南足柄市の委員から「『編入』だと、南足柄が小田原に取り込まれてしまう、という市民感情がある」との意見なども出された議論の行方を見守っていた両委員からは、「『編入』という言葉からは、あたかも『小が大に取り込まれる』といったイメージを持つかもしれないが、あくまで方式のことである。今回の協議の様子を見ていると、3000を超える全事務事業について、個別に対等の立場で突合せを行っていることからも、実質的には通常の『新設』による合併検討よりもさらに進んだ対等の協議になっている」とのご意見を頂きました。
  次回以降、いよいよ協議は各論に入っていきます。3000を超える事務事業のすべてを協議会で議論することは難しいので、その重要度によって仕分けを行ったうえで、特に重要なものについては副市長以下の幹事会で協議した結果を協議会に上げ、議論していく形をとります。すでに、両市の職員らが個別事業の突合せ(サービス水準の比較検討、行財政改革の視点からの適正なあり方の検討)を精力的に行っており、それらを4回目以降の協議で順次議題として取り扱っていきます。

2017/01/25 11:15 | 未分類

2017年01月23日(月)

賀詞交歓シーズン、折り返し

  この週末も、小田原は好天に恵まれました。22日は一日強い風が吹いており、雪煙にくるまれたかのような富士山が青い空に際立っていました。

続きを読む...

2017/01/23 11:15 | 未分類

2017年01月20日(金)

廃棄物と環境を考える協議会

  19日、茨城県の北茨城市へ。同市で開催された「廃棄物と環境を考える協議会」に参加しました。この協議会は、北茨城市にある最終処分場に各種の廃棄物や焼却灰などを受け入れて貰っている関東一円の市町村や広域組合などから構成されており、廃棄物の減量に関する研究や、国の廃棄物政策に対する提言や政策要求に共同して取り組んでいます。北茨城市の 豊田市長が会長を務め、発足から5年が経過しています。小田原市も同会の特別委員会の委員を仰せつかっています。
  北茨城市の受け入れ量は、最も多かった時期で年間4万トンを超えており、各地での減量が進んでいることもあって直近では2万トン台まで減って来てはいます。それでも、関東一円の200近い自治体の最終処分を長年受け入れて頂いていることで、各自治体がどれほど助かっていることでしょう。
  小田原市は年間のゴミの量が約71,000トン、うち燃せるゴミが約52,000トン、その焼却灰が約7,000トン。本来は自区内処理が原則なのですが、小田原の久野にある最終処分場はすでに受け入れ容量に余裕がなく、焼却灰のほぼ全量を市外5箇所の処分場に受け入れて頂いており、中でも年間約2,000トンをお願いしている北茨城市は、最大の受け入れ先となっています。
  実は、東日本大震災後に本市でも放射線物質により汚染されたため、最終処分の焼却灰は数値的に問題は無かったものの、それまで焼却灰を受け入れてくれていた自治体から受け入れを断られました。たいへん困ったのですが、自ら甚大な被災地であったにも拘らず、北茨城市は受け入れを継続・拡大して頂いた経緯があり、たいへん感謝しているところです。その後、より強固な関係へと育てるべく、災害時相互応援協定も締結させて頂きました。
  私自身の北茨城市への訪問は今回が2回目となります。改めて、豊田市長をはじめ同市の皆さんに感謝の気持ちをお伝えすると共に、同市にお願いする焼却灰の量を少しでも減らせるよう、協議会を通じての研究や行動により一層取り組んで行こうと、思いを新たにしました。
  また、今回の訪問では、前回訪ねることのできなかった、岡倉天心ゆかりの六角堂や美術館、童謡詩人の野口雨情の生家や記念館にも足を運ぶことができました。文化面でも、北茨城市とは交流を深めていきたいと思います。

続きを読む...

2017/01/20 19:47 | 未分類

2017年01月19日(木)

宅建協会青年部から提言

  18日午前、神奈川県宅建協会小田原支部の皆さんとの意見交換会に臨みました。宅建協会の皆さんには、不動産分野のエキスパートとして市の都市政策やまちづくりに幅広くお力添えを頂いていますが、一昨年の冬に同支部の青年部の皆さんから本市のまちづくりに関し多岐にわたる建設的なご提言を頂いたことを受け、その中でも本市にとって特に重要度の高い市営住宅につき、担当する市職員らと混成チームを組んでいただき、検討が重ねられて来ました。このたび、いわば中間報告的に取りまとめが行われ、それを踏まえての意見交換となったものです。
  市内19箇所に点在する市営住宅は、建築から半世紀を経ての老朽化、入居世帯の高齢化、入居率の低下、高層階の入居希望の減少など、様々な課題があります。小田原市は人口に対する管理戸数の割合が県内で最も高く、一方で空き家の増加が進む中、市の住宅政策として市営住宅をどのように位置付けるかといった大きな視点での議論が必要な局面でもあります。
  細かな報告内容の紹介は別の機会に譲りますが、このような重要政策分野において、地域で不動産や建設の事業に携わる若手経営者の皆さんから、具体的な提言とその実現に向けたご協力を頂けることはとてもありがたく心強いことです。
  折しも、市では市営住宅の今後に向けた計画である「小田原市住宅ストック計画」を今年度末までに取りまとめる予定であり、今回頂いた各種提言なども含め、しっかり取り組んでいくつもりです。

続きを読む...

2017/01/19 16:42 | 未分類

2017年01月18日(水)

初山視察

 17日、朝から箱根へ。箱根町にある山林を管理している箱根町外2カ市組合の、年初の恒例行事である「初山視察」に、組合長として参加しました。
 山林の場所は、明神ヶ岳の西麓、宮城野集落を囲むように展開する人工林および自然林。この山林を一望できる早雲山駅近くの、かつての強羅スケートリンクの入り口付近から、参加した組合役員や議員の皆さんと共に、現地の状況を目視にて確認しました。
 このあたりまで来ると、道路わきの斜面にはかなりの積雪が融けずに残っていますが、先週来の寒気も弱まり、空はよく晴れて眺望は良好。管理する山林の地境になっている谷筋などもクッキリと見えました。
 移動の車中で、小田原市として山林の健全な管理と木材の活用に向け、様々な取り組みを行っていることなどを報告し、今年一年の施業の安全などを図るよう、お互いに確認をさせて頂きました。

  午後は、福祉健康部の生活支援課職員らによる、不適切なジャンパー着用にまつわる情報確認などに追われました。事態を重く受け止め、夕刻より担当の部長らによる記者会見を実施。それに先立って、市長としての報道機関向けのコメントを発表しました。
  「このジャンパーは、当時窓口で職員が切りつけられる傷害事件やケースワーカーの不足など厳しい職務環境の中、生活支援業務にしっかり取り組もうとの強い思いから任意で作ったものであると訊いているが、市民のいのちや暮らしを守るべき市職員として、理由はどうあれ配慮を欠いた不適切な表現であり、市民の皆様に申し訳なく、お詫び申し上げます。すでに担当職員らに厳重注意を行い、使用は全面禁止としました。今後も市民の皆様に誤解を与えることのないよう、指導を徹底してまいります。」
 生活支援業務は市としても力を入れてきており、職員も熱心に取り組んでいただけに、こういう形で注目されるに至ったことはまことに残念でなりません。市長としての、市民の皆さんへのお詫びや、今後の具体的な対応については、追って市HPや広報などでお伝えしてまいります。

2017/01/18 17:26 | 未分類

2017年01月17日(火)

駅伝、市民ミュージカル

 1月17日。阪神淡路大震災から22年が経ちました。あの日の朝、当時勤めていた職場で現地上空からの中継映像を見て、立ち尽くしたことを覚えています。西宮の友人からの支援要請を受け、2tトラックに支援物資を載せて現地入りし、2回にわたって延べ20日間ほど、救援活動をさせて頂きました。そこでの様々な経験は、私にとって、今の仕事に繋がる原点でもあります。
 

続きを読む...

2017/01/17 11:35 | 未分類

[1]   2   3   >>   

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.