市長の日記

市長の日記

[1]   2   3   4   >>   
2018年09月28日(金)

文化活動の力

  今朝は久しぶりの、澄み渡る快晴。我が家からは相模湾の向こうから昇る日の出が鮮やかでした。足柄平野では、稲刈りを控えた黄金色の田んぼを前景に、富士山もクッキリと見えていることでしょう。一方、30日から1日にかけて通過するとみられる台風24号の影響が心配されます。市としても本日対策を協議し、台風に備える予定です。刈り取り前の稲が倒れてしまわねば良いのですが・・・。
  振替休日となった24日も、各所で様々な市民行事が行われました。
  HaRuNeでは、今年の海外姉妹都市青年交流事業に参加した学生たちによる、「チュラビスタ・小田原DAY!!」と称した、交流事業報告会が行われました。8月上旬から中旬にかけての、姉妹都市であるアメリカ・チュラビスタ市から4人を小田原に迎えての交流、引き続き舞台をチュラビスタに移し小田原から3名が渡米しての交流。1か月間の様子がスライドで報告されたのち、事前に研究テーマを抱いて参加した山田さん、大塚さん、瀬戸さんから、この1か月間での学びや体験についてそれぞれのコメントがありました。メッセージ映像でご参加頂いたチュラビスタ市のサラス市長もお元気そう。次年度に向け、交流事業のより一層の充実が期待されます。
  小田原アリーナでは、小田原市民文化祭参加プログラムである「マーチングフェスタ2018」が開かれており、途中から観覧させて頂きました。ここ最近、中学や高校などでマーチングはたいへん盛んに行われており、小田原でも幾つもの学校で熱心に取り組まれ、部員の数も増えています。この日は、小田原市内の中学・高校を中心に11のチームが参加、高いレベルでのマーチングが披露されていました。メインアリーナの観客席は、保護者の皆さんと思われる大勢の観客で埋め尽くされ、惜しみない拍手が送られていました。

続きを読む...

2018/09/28 13:56 | 未分類

2018年09月27日(木)

もあ展、邸園文化賞

  3連休の中日となった23日は、晴れ間がのぞき暑すぎず寒くもない、お彼岸らしい穏やかな天候。朝一番で東富水地区の健民祭を訪ねた後、各所を廻りました。
  耐震を含めた改修工事がこの夏に終了した白秋童謡館では、無尽蔵プロジェクトで発足した「ものづくり・デザイン・アート」の取り組みに参加している工芸作家や芸術家の皆さんによる「もあ展」が開かれていました。「もあ」とは、「ものづくり」と「アート」の頭文字を繋げた呼称。伝統技術に裏付けられた緻密な組み立てや厳格な工程を伴う工芸の世界と、囚われのない自由な発想や表現手法で生み出されるアートの世界が、毎年の「もあ展」の活動を通じて相互に融合・触発を重ね、毎年とても興味深い作品が生まれています。今年は、「白秋童謡100年」を記念し、「童謡」をテーマとした作品が多数つくられました。個性的な各作品は、伝統的な和風建築の白秋童謡館の様々な空間に居場所を得て、とても魅力的でした。
  「もあ」の活動を支えて頂いている、箱根物産連合会の露木清勝さん、若手の寄木細工作家グループである「雑木囃子(ぞうきばやし)」の露木清高さん、小田原鋳物を支えている柏木照之さんにご案内頂き、それぞれの作品の成り立ちや、作者の思いなどについて解説してもらいました。この活動に参加している作家さんたちの進境ぶりや、異なるジャンル間での交流が進むことで拓かれていく世界観や表現手法への感慨を訊きながら、この活動の意義を改めて感じました。「もあ展」は10月8日まで、白秋童謡館にて開かれています。多くの皆さんに観て頂きたいです。

続きを読む...

2018/09/27 10:25 | 未分類

2018年09月26日(水)

湘南ゴールドソフト、えっさホイ・甲冑隊20年

  15日から17日の3連休は敬老行事が集中。私と両副市長、教育長らで分担し、ご案内いただいた数十か所へお祝いを述べに伺いました。市の人口が現在19万1千人台、うち65歳以上の「高齢者」は5万3千人を超えてきており、来年あたりには人口比率にして30%に達しそうです。地域の中に増えていく高齢者が健康で元気であれば、子どもたちの見守り、お互いの支え合い、防犯や災害時の助け合いなど、地域にとっては大きな力になる、ぜひこれからもお元気でお過ごし下さいと、各会場でお話をさせて頂きました。
  そうした中、15日にはいくつかの大事なイベントも。

続きを読む...

2018/09/26 15:04 | 未分類

2018年09月25日(火)

ドイツ訪問団、ワラビーズ

  お彼岸が過ぎ、中秋の名月も見事な姿を見せ、季節はぐっと秋らしくなってきました。昨日は久しぶりに裏山コースの2時間ウォーキングに出かけましたが、土手を彩るヒガンバナの群落、「まろい金の玉」を実らせているカラタチの木々、今年は例年に比べて多いドングリ、行く先々でトンボがキラキラと光りながら飛び交う光景など、いくつもの「秋」がありました。
  小田原市議会9月定例会では、21日までに各上程議案や予算案の審査、5日間にわたる20名の議員からの一般質問が終了。酷暑を受けて来年の夏までに整備を目指す、総額22億円の空調設備設置のための補正予算も含め、全議案を全員賛成で可決頂きました。一般質問では防災関連の質疑が大変多く、今後取り組むべき様々な課題が共有されました。議会では、21日より平成29年度決算特別委員会が始まっており、詳細な審査を経て10月5日に最終日を迎えることとなります。
  この間は基本的に議会対応の日々でしたが、途中に挟まった2回の3連休での諸行事を含め、なかなか忙しい2週間でした。日記に少しずつその様子を記していこうと思います。

続きを読む...

2018/09/25 10:20 | 未分類

2018年09月12日(水)

国交省へ要望など

  朝夕、だいぶ涼しくなってきました。我が家では先週末にゴーヤのグリーンカーテンを外し、日差しが入るようになりましたが、曇りや雨がちな天候が続いていることもあって、日中も特に暑さを感じずに済んでいます。
  10日、朝一番で過日開催された「小田原パリ祭」実行委員会の鎌田佳代子さんをはじめ企画を担われた皆さんが来室され、「市民ホール整備基金」にご寄付いただきました。今年で6回目だった小田原パリ祭、シャンソンの分野で活躍される歌い手の皆さんには、古い市民会館でご苦労をかけてきましたが「もうだいぶ慣れたからだいじょうぶですよ」とおっしゃって頂きました。3年後にオープンする新しい市民ホールでの上演を目指し、引き続き賑やかに開催していただけるとのこと、来年も楽しみです。
  同じ日、小田原市内の3つの水源地を視察。近年各地で発生している河川氾濫などを踏まえ、酒匂川や狩川に近いところに位置する主要水源地の施設を守るための取り組みについて、現場を踏まえながら確認をしました。視察したのは、富水の小田原養護学校に隣接する第1水源地、酒匂川と狩川の合流部に近い第2水源地、富士見大橋の西側に位置する中曽根補助水源地。これらの水源地で汲み上げられた地下水は、第2水源地で塩素処理が行われた後に小峰配水池にポンプで送水、主に酒匂川の西側に供給されます。両河川の氾濫時の浸水想定を踏まえ、次年度以降に施設の水密性を高める改修や、施設自体の嵩上げを検討して行きます。

続きを読む...

2018/09/12 17:08 | 未分類

2018年09月11日(火)

松原神社の神輿庫修景

 暑い一日となった9日も、各地での催しに楽しく参加させて頂きました。
 朝一番で、橘北地区の健民祭へ。つい先日に小田原市総合防災訓練が行われた下中小学校のグラウンドでは、朝9時過ぎに私が到着したときには、既に参加者の賑わいで盛り上がっていました。例年、この地区は参加するチーム(地区)の数が多く、日頃から地域コミュニティを支えている皆さんが大勢参加します。樽ころがし、綱引予選と、地区対抗の競技種目をしばらく拝見していましたが、地域の結束の強さを感じるものでした。この1ヵ月の間に、防災訓練、「みんなの花火」、健民祭、そして来週の敬老行事と続く橘北地区。関係役員の皆さんのご苦労は大と思われますが、地域の絆を維持・強化する、大事なシーズン、元気に乗り切って頂きたいと思います。

続きを読む...

2018/09/11 13:58 | 未分類

2018年09月10日(月)

小田原映画祭オープニング ほか

 8日は終日、市内での諸行事で様々な交流が盛りだくさんとなりました。
 午前中、「いこいの森」にて行われた「きまつり」の各会場へ。小田原の森について学ぶことのできる施設として、キャンプ場、バンガロー、木工施設、学習ホール、野外炊事施設などが点在し、森林組合の貯木場や「おだわら木材流通センター」なども隣接する立地を活かし、様々な体験ができるようにブースやミニショップ、体験コーナーが配置されていました。小田原の木材加工に関わる皆さんのワークショップや販売、木の楽器「カホン」の製作体験、有機野菜やアロマ、体にやさしいカフェ、さらには森の中や木材加工のプロセスを訪ね歩く森林体験ツアーなどが展開。夜にはムササビハイクや昆虫観察など、森ならではの企画もありました。「森」「木」にまつわる、いわゆる川上から川下までの事業領域を持ち、活発にコミュニケーションが行われている小田原ならではの企画です。

続きを読む...

2018/09/10 14:55 | 未分類

2018年09月07日(金)

和留沢の皆さん

  北海道を襲った震度7の大地震。犠牲になられた方々のご冥福をお祈りするとともに、被災され不安な状態で過ごしておられる皆さんにお見舞い申し上げます。
  今回の地震では、激しい横揺れによる大規模な土砂崩れや地盤の歪み、それによる建物被害などもさることながら、北海道全域での停電という、いわば社会システムの被災の深刻さが際立っています。北海道の電源は火力発電が中心で賄われていますが、全道をひとつに繋いだ系統で供給しているために、主力のダウンで全体が止まるという事態。広域での電力供給システムがはらむ課題が、今回も明白になりました。分散型の電力供給システム、さらにはエネルギーの地産地消への取り組みを、国家的に進めていかねばなりません。
  それにしても、改めて「電気」が私たちの日常生活や都市の営みにとって、いかに死活にかかわるインフラであるかというのを、痛感させられます。電気の無い暮らしや社会システムに戻ることはないとしても、災害列島では今回のような事態が起こりうる以上、一人ひとりとして、更には地域として、それを受け止める覚悟や備えというものをしておかねばならないでしょう。小田原では「いのちを守り育てる地域自給圏」を目指しています。特に、「いのち」を直接的に支える水・食料・エネルギーなどは、可能な限り地域で自給する。そのためにも、健やかな自然環境や、農地など第一次産業の基盤は、しっかり守っていく。ここ最近の災害報道に接するたび、そうした思いを新たにしています。

続きを読む...

2018/09/07 16:15 | 未分類

2018年09月06日(木)

市議会 9 月定例会始まる

 台風 21 号が全国各地に遺した被害の状況が、次々に報道されました。かつては大地震の想定が中心だった災害対策は、東日本大震災で「津波」が、一連の豪雨災害により「内水面氾濫」や「土砂災害」が、今年の台風群により「高波」「高潮」対策が、そして今回は改めて「風」が、その脅威の対象に加わってきています。吹き飛ばされる建築物、ひっくり返された多数の自動車、繋がってなぎ倒され道路を塞いでしまった電柱群などの被害を見るにつけ、私たちの経験や想定を軽々と越える自然の猛威による災害への対応には、まちをとにかく頑強・堅固にするだけでなく、しなやかに受け止め、立て直しが容易にできるような、まちや暮らしの在り方も大切ではないかと思えてきます。
 台風21号への対応もままならぬ中、今度は北海道で大地震が発生。北海道全域での停電、交通マヒなど、暮らしや地域経済への影響が長引くことが心配されます。

続きを読む...

2018/09/06 10:42 | 未分類

2018年09月05日(水)

未来の横綱・大関

  台風21号は、関西方面に大きな傷跡を残して北へと向かっていきました。被害の全容はまだ明らかになっていませんが、各地での局地的な被害に加え、関西空港の閉鎖と利用客の孤立、東海道新幹線の不通など、広域でもしばらく影響が残るでしょう。小田原では、4日の朝方と今朝未明にまとまった雨が降り、大雨警報も発令されていましたが、今のところ特段の被害報告は入っていません。
  3日、スポーツ関係で2件の訪問を頂きました。
  ひとつは、神奈川県サッカー協会からの、少年用サッカーゴールの寄贈。芝生の整備が行われた城山陸上競技場に、新たに少年用アルミサッカーゴール一式をご寄付頂きました。県サッカー協会坂本会長を代理し、小田原サッカー協会の会長である井原義雄市議から目録を頂き、小田原市からは感謝状をお渡ししました。市内で利用可能なサッカー場は酒匂川スポーツ広場など限られている中、城山陸上競技場で少年サッカーの大会などを開催することにより、今後の少年サッカーの振興に大いに寄与することになるでしょう。

続きを読む...

2018/09/05 11:59 | 未分類

[1]   2   3   4   >>   

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) Odawara City, All Rights Reserved.