小田原市

市長の日記

市長の日記

[1]   2   3   4   5   >>   [最後]
2017年05月23日(火)

傘焼きまつり ほか

 連日、夏のような陽射しが続いています。21日は二十四節気の「小満」、自然界にいのちが満ち満ちていく時候とされているとおり、木々も草花も農作物も一気に成長している感じがします。昨日の小田原近海の定置網にはアジが大量に入ったようですし、6月3日からの小田原城あじさい花菖蒲まつりを控え、小田原城東堀の花菖蒲も順調に育っています。

 現在、清閑亭では、足柄刺繍の第一人者である上田菊明さんの作品展が開かれています。20日の自然エネルギー映画の上映企画の合間にお訪ねし、お元気そうな上田さんに久しぶりにお目にかかるとともに、名作の数々を改めて拝見。なかでも、今回新作として公開された、向日葵をモチーフにした作品は、鮮やかな青い花びらをもつ向日葵のデザインがとても斬新で、上田さんの青年のような精神が感じられ、とても印象的でした。5月28日まで開催されています。

続きを読む...

2017/05/23 10:57 | 未分類

2017年05月22日(月)

エネルギーの一日

 この週末は、小田原でも最高気温が28℃くらいまで上昇し、夏の陽気となりました。足柄平野では既に上流域から田植えが始まっており、昨日訪ねた大井町あたりではだいぶ苗が植えられていました。行楽のお客さんも多く、わんぱくらんどでは首都圏各方面からの家族連れで大賑わい。バラの見頃を迎えたフラワーガーデンも大盛況で、駐車場には行列ができるほど(ローズフェスタは6月3日まで)。

 そんな中、20日はまる一日、再生可能エネルギー関連の行事となりました。
 午前中は、「小田原メガソーラー市民発電所 ソーラー2」のお披露目式。久野の辻村山林の頂上部には、すでに平成26年10月に稼働した大規模太陽光発電施設「ソーラー1」(出力984kw)がありますが、その隣に、出力748kwのソーラー2が稼働に入りました。緑の向こうに相模湾を見下ろすロケーションで、ほぼ南向き斜面という絶好の日照条件。ソーラー2は、数多くの市民(市内外)の皆さんからの寄付がその建設費に充てられており、この日も多数出席されていた皆さん全員で銘板の除幕式も行われました。
 二つのメガソーラーを合わせると、年間発電量は一般家庭約550軒分に相当します。これらが、市民の皆さんの力による「市民発電所」として構想され整備されてきたのは、本当に素晴らしいこと。この事業を手掛ける「ほうとくエネルギー㈱」の蓑宮武夫さんをはじめとする関係者の皆さんのご尽力に心より感謝するとともに、この動きがまた新たなステージへと繋がっていくことを期待します。

続きを読む...

2017/05/22 10:07 | 未分類

2017年05月19日(金)

命と暮らしを守る道づくり全国大会

 19日、東京・平河町の砂防会館にて、全国各地の自治体などが加盟する「道路整備促進期成同盟会全国協議会」(略称:道全協)の第38回総会、ならびに「命と暮らしを守る道づくり全国大会」が開催されました。全国各地から都道府県ごとの団旗を掲げた大勢の参加者で砂防会館のホールはギッシリ満席となった中、震災に強い道路網の整備、道路老朽化に対する財政措置の充実、通学路の安全や自転車走行空間の確保、無電柱化の推進など、複数の要望項目が決議されました。
  大会終了後は役員市町の首長が3班に分かれ、首相官邸、国土交通相や財務相、政府与党などに直接要望活動を行いました。私も各地からの首長さんら8名と共に、衆参の国土交通委員長を訪問、道路整備の充実を要請しました。
 

続きを読む...

2017/05/19 17:15 | 未分類

2017年05月18日(木)

特例市 総会

  16日は東京へ。全国施行時特例市市長会の総会など各種会合などに参加しました。
  人口20万人以上を要件とし、一般市よりも多くの権限などを持つ特例市の制度は、第30次地方制度調査会答申を受けた地方自治法改正を経て、中核市制度に統合されました。これに伴い、特例市から中核市への移行が始まっており、現時点で36ある施行時特例市のうち、来年4月には市長会の役員市でもある明石市と鳥取市を含む5市が、翌31年度当初には4市、32年度には3市と、向こう3年間で12市が移行を予定しています。
  そのような移行期にある中、この日は役員会、中核市に関する研究会、総会、総務省への提言活動が続けて行われました。
  中核市に関する研究会では、この4月に保健所事務のみ神奈川県から移管を受けた茅ヶ崎市の事例が報告され、中核市移行時の最大のボリュームとなる保健所事務移管にまつわる課題を共有。
総会では、議事に先立って、首都大学東京の伊藤教授より「地方分権改革の取組について」と題した基調講演が行われ、特に広域連携の可能性などについて直近の状況をお話しいただきました。また、新たな役員市体制として、会長:茅ヶ崎市、副会長:一宮市・四日市市、監事:鳥取市・小田原市、連携特命担当:明石市、を承認。

続きを読む...

2017/05/18 11:37 | 未分類

2017年05月17日(水)

寺子屋スクールで講義

  14日、「小田原寺子屋スクール」にて講義をさせて頂きました。
  このスクールは、小田原出身で元・JR東海副社長の石塚正孝さんら、小田原を愛し、社会で長年活躍され豊富な経験をもつ有志の皆さんが中心となって、8年前から開かれている、子どもたちを主たる対象とした寺子屋。毎月1回、板橋にある本應寺(ほんのうじ)を会場に、様々な世界で活躍する人物を招き、子どもたちや、テーマに関心のある人たちに、講義が行われています。
  毎回、午前中に2時限の講義が組まれており、第1時限は朝日新聞で長年にわたり「天声人語」のコラムニストを務めておられた栗田亘さんに漢文や物語の解説を通じた先人の訓えを学び、第2時限では各界からのゲストが「私の仕事・生き方・皆さんへの期待」などを語る構成となっています。これまでにも、新聞記者、金メダリスト、宇宙研究学者、作家、女優、アナウンサー、画家、実業家など、実に様々な人たちが講義をされてきました。昨年は黒岩知事も登壇、今年は私にも講義の出番を頂いたものです。

続きを読む...

2017/05/17 08:57 | 未分類

2017年05月16日(火)

あじ・地魚まつり、クリーンさかわ他

   GWから一週間となったこの週末も、各地では様々な行事がありました。

  12日、横浜へ行く前に立ち寄らせていただいたのは、大磯の旧吉田茂邸の庭園で開かれている、おおいそ野外アート展。ご出身が新潟・十日町地方ということで、一昨年「越後・妻有トリエンナーレ」を訪ねる際にもお世話になった大磯町元職員の高橋忠則さんにご案内いただき、昨年に引き続いての訪問となりました。庭園内のそこかしこに、地元だけでなく各地から参加した作家の皆さんの作品が、それぞれの場所になじむ形で配置されており、何人かの作家さんとは制作への想いなどを直接伺うことができました。併せて、竣工後訪ねたことのなかった旧吉田邸も見学。あまりに新しすぎて実感が湧きにくかったのですが、それでも戦後日本の舵取りを文字通り世界的な視野で担っていた吉田茂が過ごしたであろう空間や設え、庭園のつくりなどは、とても興味深いものがありました。いずれにしても、会場内は中高年のご婦人方で大盛況。アート展は21日までやっているそうです。

続きを読む...

2017/05/16 11:45 | 未分類

2017年05月15日(月)

都市緑化フェア

 12日は、横浜で開催されている「第33回全国都市緑化よこはまフェア」を視察しました。
 この「都市緑化フェア」とは、「花や緑を守り、楽しみながら知識を深め、緑がもたらす快適で豊かな暮らしがある街づくりを進めるための普及啓発事業」として、国土交通省の提唱のもと昭和58年から毎年各地で開催されています。今回のよこはまフェアでは、山下公園、港の見える丘公園といった大きな公園や、日本大通り、グランモールといった広い歩道など、複数のエリアに、サクラ、チューリップ、バラ、各種ワイルドフラワーなどがふんだんに植栽され、3月25日から6月4日までの長期間、横浜市民のみならず来訪者を楽しませています。
 小田原では、一昨年に「緑の基本計画」を全面改訂、緑の質と量を大幅に高めることを目指しており、加えて駅周辺の商店街における「花と緑のまちづくり」や、一般家庭のオープンガーデン化に取り組むなどしてきました。そんな中、今回の横浜でのフェアから着想やヒントを得たいとの思いで、足を運んでみたものです。

続きを読む...

2017/05/15 10:37 | 未分類

2017年05月12日(金)

終日、横浜

  11日は、終日横浜での公務となりました。
  午前中は、今年度より新たに設置される(仮称)神奈川県大規模氾濫減災協議会に出席。ここ数年発生が増えている、台風や集中豪雨による内水面氾濫への対応を強化すべく、県内の主要河川沿岸の自治体が協力し、県や横浜地方気象台とも緊密に連携して、より効果的な対策を講じていくことを目的とする協議会。県内をいくつかのブロックに分け、それぞれにソフト・ハード両面の対策をとりまとめ実施に移していくことになります。

続きを読む...

2017/05/12 10:09 | 未分類

2017年05月11日(木)

夏の気配

  昨日は久しぶりの雨となり、黄砂やPM2.5などの浮遊物もキレイに流されたのか、今日は朝から素晴らしい快晴。今日は53回目の誕生日ということもあり、朝のウォーキングは少し足を延ばして、海岸まで歩いてみました。我が家から御幸の浜まで徒歩20分。いつものコースに15分を加えれば海までのコースになることがわかりましたので、天気の良い日などは海の気を受けに行ってみようと思います。それにしても、連休までは「新緑」という表現でよかった木々の緑は、すでに濃い緑へと移ろっており、緑したたる街並みはすでに夏の気配があります。
  我が家の庭先のエンドウたちは、今が最盛期。今朝もザルいっぱいに採れました。我が家では、鞘を楽しむというよりは、その中で膨らんでいる豆が好きで、できるだけ太らせてから収穫します。何も調味料を付けず、茹でたてを頂くときの甘さ・瑞々しさは、絶妙です。初夏の味。

  一昨日・昨日と、主に庁内での各種ミーティングが続きました。GWの余韻が職員にも市民の皆さんにもなんとなく漂っている中、気持ちを切り替えて諸課題に向き合っています。今月下旬の市議会5月臨時会、6月1日から始まる6月定例会なども控えているほか、南足柄市との2市協議も大事な局面を迎えつつあり、様々な課題解決の進捗に向け、気を引き締めて取り組みます。

続きを読む...

2017/05/11 10:11 | 未分類

2017年05月10日(水)

北條五代祭り、賑やかに

  3日、小田原市で最大のイベントである「北條五代祭り」が、盛大に開催されました。
  最高気温が22~23℃ほど、風がそよぎ、晴天ながら薄く雲がかかる、イベントとパレードを行うには絶好のコンディション。加えて、53回目を数える今回は、北条早雲公に小田原ふるさと大使の合田雅吏さん、そして北条氏政公に「真田丸」で氏政役を演じた高嶋政伸さんを迎えることができ、事前の話題性も十分。昨年5月1日の天守閣リニューアル以来続く来城客増加もあって、過去最高だった昨年よりもはるかに多い人たちが、この祭りに足を運んでくださいました(主催者発表は25万人)。

続きを読む...

2017/05/10 13:32 | 未分類

[1]   2   3   4   5   >>   [最後]

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.