市長の日記

市長の日記

[1]   2   3   4   5   >>   [最後]
2019年11月13日(水)

国交省へ要望活動、SKYサミット

 12日は、9時半に霞が関・国土交通省に集合し、「神奈川の市街地整備に関する要望」活動を行いました。令和2年度における神奈川県内の市街地整備関連事業に対する国としての予算措置を求める内容で、川崎、横浜、横須賀、平塚、厚木などで進む各整備事業と共に、小田原市関連では来年度から本格的に事業がスタートする城山1丁目のマンション建て替え事業(新幹線ビルを含む一画、「優良建築物等整備事業」を適用)が含まれています。
 神奈川県の県土整備局・上前局長をはじめとする県幹部職員、県内の各政令市を含む複数市の都市部長などの皆さんと共に、赤羽大臣以下国交省幹部あてに要望書を提出。直接お目にかかり時間を取ってお話をさせて頂くことができたのは、都市局審議官の内田さんと、都市局技術審議官の徳永さん、住宅局審議官の小林さん、市街地整備課長の渡邉さん。要望活動では、県内首長を代表して私から要望の趣旨をお伝えすると共に、特に小田原での案件の内容などについて説明を行いました。
 随分前ですが、内田さんは小田原市の都市部長として数年間出向頂いていた期間があり、小田原のまちづくり案件を知悉しておられ、本省に戻られてからも様々にご指導・ご助力を頂いて来ました。平成30年度に「地方再生コンパクトシティ・モデル都市」の認定を受け、市民ホールやお城通り再開発、漁港の駅TOTOCO小田原、皆春荘および旧松本剛吉邸の公有化など、総額で80億円を超える事業費に対し国費として既に30億円以上の支援を頂いていることへのお礼と報告を差し上げ、今後続いていく諸事業の状況もお知らせし、引き続きの支援をお願い致しました。徳永さんからも、建設などの整備事業が終わった後が大切であり、その部分には国としての財政支援は難しいが、しっかりと事業を育てて頂きたいとの激励を頂き、意を強くしたところです。

続きを読む...

2019/11/13 13:30 | 未分類

2019年11月12日(火)

木青連、OWPほか

 9日、報徳サミット筑西市大会から小田原に戻ったその足で、報徳会館へ。日本木材青壮年団体連合会(略称:木青連)関東地区協議会による第83回地区会員神奈川大会に合流しました。名称の通り、各地で木材産業に従事する青壮年の皆さんの集まりで、持ち回りの大会が今年は小田原で開かれたものです。小田原で活躍する林青会が受け入れ団体となり、大会の成功に向け準備をしてきました。
 当日は、林野庁長官の本郷氏もフル参加。世界的にも注目を集めている家具メーカー「㈱ワイス・ワイス」社長の佐藤氏、小田原でも活躍されているNPO法人チルドリン代表の蒲生氏らの基調講演や3氏によるパネルディスカッション、終了後は100名を超える参加者での懇親会と続きました。私からは、小田原における森林・林業・木材産業のここ10年間の歩みに触れつつ、その動きを引っ張ってくれた林青会の皆さんの活躍を讃え、今後への期待を込めて祝辞を述べました。懇談会では本郷長官や佐藤氏らとじっくり懇談。長官には、市に林野庁職員を4代にわたり派遣頂くなど緊密な関係を育てて頂いたことに感謝をお伝えし、佐藤氏からは「小田原は希望であり、小田原だからこそできることがある」との期待の言葉を頂くなど、貴重な交流のひと時ともなりました。

続きを読む...

2019/11/12 11:24 | 未分類

2019年11月11日(月)

全国報徳サミット筑西市大会ほか

 先週はずっと、爽やかな秋晴れが続きました。週末ごとに雨や台風のあった9月から10月と打って変わり、週末に組まれた諸行事はどこも賑やかな笑顔にあふれていました。
 7日は2件の受賞報告がありました。まず、昴書道会の安藤穂弦さんが第58回伊勢神宮奉納書道展にて最高位の文部科学大臣賞を受賞されたこと。1万点を超える出品の中からの受賞は、たいへんな名誉で、同席された大島会長もたいへん喜んでおられました。出品されたのは中国にかつて存在した国「北魏」の石盤に刻まれた「造像記」にある言葉を臨書した作品であり、独特の筆遣いを習得されたご苦労なども含め、今後への抱負を聞かせて頂きました。

続きを読む...

2019/11/11 13:33 | 未分類

2019年11月08日(金)

西部協、ホール開館記念事業、未来の森

 5日、県西地域2市8町及び県で構成する「神奈川県西部広域行政協議会(略称:西部協)」の首長研修会が開催されました。この日の講師としてお招きしたのは、7月にお訪ねした山形県置賜地域より、飯豊町の後藤町長、そして置賜広域行政事務組合の八幡事務局長。山形県南部に拡がる置賜地域では、3市5町(米沢市、長井市、南陽市、高畠町、川西町、白鷹町、飯豊町、小国町)が連携し、各種事業を共同にて行っているほか、地域内の経済循環を意識した取り組みが長年続けられてきました。また飯豊町では人口7000人ほどの小規模自治体ながら、美しい景観や豊かな農村資源などを活かした持続可能な地域づくりが意欲的に行われているなど、わが県西地域にも大いに学ぶべき点があることから、ご講演を頂くとともに意見交換をさせて頂いたものです。
 後藤町長、八幡事務局長、ならびに随行で来られた課長さんらと、数か月ぶりに再会。改めてじっくりとお話を伺うことで、置賜地域、さらには飯豊町の取り組みに感心するとともに、広域圏同士のお付き合いをさせて頂きたいとの思いを強くしました。

続きを読む...

2019/11/08 12:05 | 未分類

2019年11月07日(木)

たちばなファミリーフェスティバル、パーリーズ 10 周年

 ここ数日、晩秋の清々しい空模様が続いています。朝方の冷え込みがだいぶ進み、私の部屋も今週からヒーターのスイッチを入れるようになりました。すでにインフルエンザの予防接種は済ませましたが、寒暖の差が激しい季節、日中の暖かさについ薄着のままで過ごしがちですが、体調管理には気を付けなければと思います。
 3 日、朝一番で小田原アリーナへ。「関東甲信越ブロック インディアカ大会 in かながわ」の開会式に参加しました。 8 年前にも小田原で開催され、持ち回りで久しぶりに小田原へ。メインアリーナには、新潟県を含む1都 7 県から、ざっと拝見したところ 1500 人ほどの選手が集結。各地の予選を勝ち抜いてきただけに、いかにも強そうな壮年世代の男女が勢揃い、といった感じでした。私からは、開催地市長として、歓迎の辞と共に、北条氏や二宮金次郎など歴史的につながりの深い関東の皆さんが小田原に集うことの意義などに触れつつ、健闘されるよう激励させて頂きました。

続きを読む...

2019/11/07 10:53 | 未分類

2019年11月06日(水)

友愛幼稚園50周年、早雲公シンポ

 3連休初日の2日。最初は、銀座通りの飛鳥画廊へ。昴書道会の書展「寿ぐ(ことほぐ)を書く」を鑑賞させて頂きました。時代は令和となり、即位礼正殿の儀が行われる祝賀ムードの中、「寿」の文字が入った作品を展示された企画で、大島会長にご案内頂きました。会場いっぱいに、様々な形で表現された「寿」は、それぞれに味があり、たいへん見応えがありました。

続きを読む...

2019/11/06 10:48 | 未分類

2019年11月05日(火)

上府中の新米、道路整備促進大会 ほか

 2 日の決勝戦をもって、ラグビー W 杯日本大会が幕を閉じました。大会としての大成功もさることながら、ラグビーがこの国に遺したものの大きさを感じています。広報小田原 11 月号の至誠にも書いたところですが、 W 杯で顕在化したエネルギーを、ラグビーを含む更なるスポーツ振興や、小田原のまちづくり・人づくりに繋げていきたいものです。
 先週 1 日は、まず「相模湾の環境保全と水産振興」シンポジウムに。相模湾水産振興事業団・水産海洋学会・小田原市の共催で、毎年この時期に生涯学習センターけやきにて開かれます。今年は、地球規模での気候変動などの影響も考えられる「黒潮大蛇行」が相模湾の漁業環境に及ぼす影響などについて、専門家の研究成果の発表と、相模湾内で漁業に携わる皆さんによる事例報告などが行われました。小田原魚市場が毎日ブログで更新している定置網の水揚げ内容を見ていると、魚種や水揚げ高は毎年刻々と変化していると感じます。公務の都合で発表内容等を聞くことができず残念だったのですが、水産業を通じた地域経済活性化に直結する重要なテーマであり、配布資料にしっかり目を通しておきたいと思っています。

続きを読む...

2019/11/05 12:22 | 未分類

2019年11月01日(金)

河南省訪日団、調べる学習コンクール ほか

 今日から 11 月。ようやく、この時期らしい安定した天候が続きそうです。
 心配なのは、台風で甚大な被害を受けた東日本各地の被災地の復興作業。今朝の新聞でも、被災地が広範囲に多数存在することもあってボランティア活動が行き渡っていない状況が報道されていました。
 そして、首里城の焼失。昨年行われた神奈川県民の南方戦線にまつわる慰霊祭で沖縄を訪ねた際、早朝に首里城を訪れ、まだ新しい正殿などを見学させて頂きました。見事に復原された建物、その鮮やかな彩色と装飾、そして北館や南館に展示されていた貴重な歴史資料の数々・・・。まことに無念というほかなく、沖縄の皆さんの心を思うと、かけるべき言葉が見当たりません。
 そんな中、 31 日は職員に辞令交付。建設部の小池さんを、過日の九州北部の集中豪雨で広範囲の浸水や土砂災害などの被害を受け復旧作業の只中にある佐賀県多久市へ派遣しました。ふるさとの先人に学ぶ嚶鳴協議会の仲間である多久市・横尾市長より、災害時における相互応援に関する協定に基づき応援要請があったもので、業務が多忙を極める建設部ではありましたが、「貴重な経験にもなるから」と、部内で何とかやりくりをしてくれました。年度末の 3 月いっぱいまで、現地で頑張ってほしいと激励しました。
 31 日の朝一番で、中国・河南省の人民対外友好協会訪日代表団の皆さんが、市役所を表敬訪問されました。松山市で開かれた「日中韓国際友好都市交流会議」に出席するための来日で、同省と親交が深まっている小田原にも足を延ばして頂いたものです。代表団の中には、 2 年前にお世話になった安陽市のほか、平頂山市、南陽市、済源市の皆さん、そして前回訪中時に通訳として帯同して頂いた孟さんなどもおられ、ごく短い時間でしたが再会を喜ぶとともに、今後の更なる交流への期待を共有させて頂きました。

続きを読む...

2019/11/01 12:15 | 未分類

2019年10月31日(木)

鞆の浦の鯛網、コミュニティケア

 30日、前日に引き続き、全国漁港漁場大会のプログラムの一環であるエクスカーションに参加。会場は、瀬戸内海における水運の要衝である「潮待ちの港」として、また朝鮮通信使との交易など歴史の舞台として、そして魅力的な景勝の地としても有名な「鞆の浦」。ここで今も受け継がれている漁法である「鯛網」を視察しました。
 先導船、曳航役となる錨船と、長大な網を積み込んだ2隻の船が、先ずは鞆の浦の沖合にある弁天島あたりで円を描いて航行、豊漁を祈願。その後、大漁祈願の幟をはためかせながら沖へ進み、漁場を決めて網を降ろしながら交錯、大きな円を描くように網が張られます。木遣りの掛け声と共にそれを少しずつ絞り、最後はその2隻で挟み込んだスペースに魚を追い込み、水揚げを行うという漁法。
 様々な漁獲手法が進化した今日では、実際に漁師さんたちがこの漁法で日々の水揚げを得ているわけでは無く、現在は観光資源として毎年の5月頃に実施され、継承されています。この日は大会に合わせて特別に披露されたもので、大会参加者数百名が、鯛網の船団を見守る2隻のフェリーに分乗、その一部始終を見学させてもらいました。最後は網しめを行なった船の甲板に乗り移り、網に入った大きな鯛などの魚たちを確認。波の穏やかな瀬戸内海ならではの漁の風景を堪能させて頂きました。

続きを読む...

2019/10/31 12:26 | 未分類

2019年10月30日(水)

全国漁港漁場大会

 29日、朝一番で羽田空港に向かい、広島空港を経て福山市に。今年で70回の節目を迎えた全国漁港漁場大会が、福山市のふくやま芸術文化ホールにて開催されました。私は神奈川県水産振興促進協会の副会長として、会長である小田原漁協の高橋組合長をはじめとする県内の複数の漁業協同組合の皆さんとともに、大会に参加したものです。
 広い会場には、1500人ほどの漁港漁場関係者が全国から参加しており、例年のことながらたいへんな賑わい。全国漁港漁場協会の橋本会長の挨拶から始まり、農水省副大臣らの祝辞、国に対する各種要望の議案審議、全国各地の取り組み事例紹介と続き、水産振興や各漁港施設の強靭化などを盛り込んだ決議文を採択して閉幕。2時間みっちりの大会でした。事例発表では、糸島市でのカキ養殖による活性化、大船渡の魚市場におけるICT化など、参考になる取り組みを学ぶことができました。
 続いて行われたレセプションでは、水産庁次長の保科さん、福山市長、北茨城市長など、水産分野でお世話になっている皆さん、並びに各地で水産振興に取り組む首長の皆さんと懇談。
 今日は、鞆の浦(とものうら)での鯛網視察、その後は一行と離れて福山市内の先進的な介護施設を見学する予定です。
 

続きを読む...

2019/10/30 10:51 | 未分類

[1]   2   3   4   5   >>   [最後]

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) Odawara City, All Rights Reserved.