新・北条五代記

鴨宮付近の新幹線工事風景

鴨宮付近の新幹線工事風景

新幹線の工事は、昭和34年(1959年)4月に新丹那トンネルの起工によって開始されたのである。昭和37年(1962年)6月には、鴨宮・大磯間12キロの試運転が開始され、近代科学の粋を集めて試作されたアイボリーと青のツートンカラーの特急電車がこの沿線で見られ、鴨宮基地は一躍時代の脚光を浴びたのである。
そして、昭和39年(1964年)10月1日、東海道新幹線はいよいよ開業日を迎え、こだま1号車は、小田原駅開業日、丹那トンネル開通に次いで三度目の市民こぞっての喜びのうちに小田原駅に停車したのである。

識別子 ODA20120160
年代 1961(昭和36)年
地域 川東南部地域
撮影場所 小田原市鴨宮
カテゴリ 産業・観光
都市・交通
関連キーワード 鴨宮新幹線試運転区間鉄道電車

この情報に関するお問い合わせ先

企画部:広報広聴課

電話番号:0465-33-1261
FAX番号:0465-32-4640


小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) Odawara City, All Rights Reserved.