2050年までの二酸化炭素排出量 実質ゼロに向けて

小田原市は、脱炭素社会を見据えた取組を通じて、2050年までのCO₂排出量実質ゼロを目指します。
小田原市が株式会社REXEV、湘南電力株式会社と連携して取り組む、「EVを活用した地域エネルギーマネジメントモデル事業」は、脱炭素型の地域交通モデルの構築を通じた具体的なアプローチの一つです。
2050年の脱炭素社会構築に向けて
市長は令和元年11月22日の定例記者会見において、こうした脱炭素社会を見据えた取組を通じて、2050年までのCO₂排出量実質ゼロを目指すことを表明しました。

小田原市では引き続き、官民連携による脱炭素イノベーションの創出を通じて、脱炭素社会の構築に向け取り組んでいきます。

最終更新日:2019年12月05日


この情報に関するお問い合わせ先

環境部:エネルギー政策推進課

電話番号:0465-33-1424


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) Odawara City, All Rights Reserved.